ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kingsman: The Secret Service

マシュー・ヴォーン監督作 『キングスマン』を観てきました!

翻訳学校のクラスメートに勧められて観に行ったのですが、“スパイもの”というだけでほとんど前知識なしに鑑賞。前半はコリン・ファースのキレッキレのアクションもあって、かなりシリアスだったのですが、後半からちょっと方向性が変わってきて、これってコメディなの?という展開に。

いちおう、スパイアクション映画ということになっているみたいですが、映画雑誌によってはコメディと紹介しているものも。ブラックなユーモアや目をおおいたくなるバカげた(!?)シーンもありましたが、なかなか笑えました。

本作ではコリン・ファース演じる一流スパイが組織の欠員補充のため、不良少年エグジーをスパイに育てていくのですが、このエグジーを演じているのがタロン・エガートンという新人で本作が映画デビュー。なかなかキュートで今後の活躍に注目です

 『キングスマン』公式HP
スポンサーサイト

Ant-Man

『アントマン』を観てきました!
公開前の記事を読んで、これは絶対に映画館で観たいと思っていたのです!

だって、蟻(アリ)ですよ、アリ。
身長1.5 cmのヒーローって…。

わたしが読んだ記事では「アリの視界が描かれている」ということで、どうしても大画面で観たかったのです。

実際に観た感想はというと、初めのうちは少し単調な感じがして、もしかするとイマイチかなと思っていたのですが、主人公が特殊なスーツを来てアリサイズになるところから、わたしのミニチュア好きの心が騒ぎだし、結果的にはとても楽しめました!

問題のアリの視界は、期待以上とまではいかなかったのですが(たぶん期待度が異常に高すぎた!?)、それでもなかなかの迫力で大満足でした。CGなどの制作過程がとても気になるので、DVDが出たらメイキングをチェックしたいと思います。

幾つかつっこみどころもありましたが、原作はコミックですしね。コメディの要素もふんだんに盛り込まれていますし、あまり細かいところにこだわらず、単純に楽しんだほうが面白いかなと思いました。

そしてパンフレットによると、なんと2018年以降公開予定の『アベンジャーズ』続編にアントマンも登場するらしい。今まであまりマーベル作品は観てこなかったけど、これを機に過去作品を観てみようと思います。

それと本編とは関係ないのですが、主演のポール・ラッドがベン・アフレックに見えたのはわたしだけ!?

『アントマン』公式HP

A Million Ways to Die in the West

普段はあまりコメディーは観ないのですが、『テッド2』を観てセス・マクファーレン監督の他の作品に興味が湧き、『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』を観ました。

テッド同様、バカバカしさやブラックなユーモアが満載ですが、非常に楽しめました。そして、セス・マクファーレン監督の多才ぶりに改めて感服。俳優としての彼を観るのは初めてだったのですが、結構可愛いお顔をされているのですね(笑)。

途中で『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクが出てきた時は思わず感動! しかもデロリアンはマクファーレン監督の自前というからスゴい!

そして、『テッド2』にも出演しているリーアム・ニーソン。『テッド2』の彼も最高ですが、『荒野はつらいよ』でも強面を生かしたハマり役です。でも1ヵ所“これって本人OKなの?”と思うようなシーンがあり、リーアム・ニーソンにあんなことをさせられるのはマクファーレン監督くらいではないかと、バカバカしいシーンなのに思わず感心してしまったり…(どんなシーンかは、ぜひ本編をご覧くださいませ、笑)。
(※↑音声解説を観たところ、このシーンはリーアム本人ではなく代役の俳優さんだったようです)

『テッド2』は賛否両論あるかもしれませんが、あのテッドを観るだけでも一見の価値ありです! もはやCGとは思えないほどのリアルさ。そして、ジョン役のマーク・ウォールバーグの演技も絶品です。『テッド1』のBlu-rayに収録されているメイキングを観ると、いっそう楽しめます。

マクファーレン監督の今後の活躍に注目していきたいと思います!!

『ラストベガス』と英会話。

ラストベガス_IMG_0093

先日、映画『ラストベガス』を観てきました~^^ いやぁ面白かった! 先月『チョコレートドーナツ』を観にいった時に予告をやっていて、あまりの豪華キャストに絶対観たいっ!と思っていたのです。

だって、ロバート・デ・ニーロにモーガン・フリーマン、マイケル・ダグラス、ケヴィン・クラインですよ~
観ないわけにはいきませんっ!!

ざっくり言うと、マイケル・ダグラス扮するビリーが若い恋人と結婚することになり、独身最後のパーティーをやるために、4人の幼馴染みがラスベガスに集結。まあこの後いろいろあるわけですが、この4人がそろってスクリーンに映ってるだけで、とにかく嬉しい~^^ そして当然のことながら、お茶目な仕草から渋い表情まで、深みのある演技にはただただうなるばかり。

正直、ケヴィン・クラインはあまり知らないのだけど、それ以外の3人は、わたしが一番映画をよく観ていた20代のころの作品には常連のキャストでしたからね~ 時の流れを感じつつも、年を感じさせないベテラン俳優のパワーに元気をもらいました!!

ストーリー
ビリー(マイケル・ダグラス)とパディ(ロバート・デ・ニーロ)、アーチー(モーガン・フリーマン)、サム(ケヴィン・クライン)は、人生の後半を迎えた幼なじみの4人組。ある時、唯一独身を貫いてきたビリーが若い恋人と結婚することになり、結婚式が行われるラスベガスで久しぶりに顔を合わせる。どんなに年をとっても、悪ガキ時代からの絆や習性は変わらないまま。お楽しみはもちろん独身最後のバカ騒ぎ“バチェラー・パーティー”。カジノで大勝ちしたかと思えば、ビキニ・コンテストに審査員として参加。さらには、1本1800ドルのボトルまで開けてしまう。まさに人生最高のゴージャスな夜。しかしパディだけは浮かない顔で、ビリーとの間に生じた亀裂に拘っていた。実は2人の間には、58年前から続く決して埋めることのできない溝が横たわっていたのだ。やがて、波乱に富んだ一夜の大騒ぎが幕を開ける!
(Movie Walkerより引用)


公式サイト http://lastvegas.jp/

そして映画の後は、体験レッスンを含め3回目の英会話レッスン。前回のレッスンから約1ヵ月ぶりで、相変わらずわたしの会話力はダメダメでしたが、仕事で出てきたいくつかの疑問点を解決することができ有意義なレッスンとなりました。

このスクールではレッスン時間を自分で指定できて、通常は40分で、わたしもこれまでは40分でやってきたのですが、今回少し時間が足りなかったので、次回は思い切って60分で予約してきました。さてどうなりますことやら。2週間後を楽しみに待ちたいと思います。

『チョコレートドーナツ』と英会話。

sIMG_0085.jpg

先日、久しぶりに映画を観てきました^^ あるブログで紹介されていて、先月公開されてからずっと観たいと思っていたのです。レディースデーということもあったけど、公開から1ヵ月近くも経ってるのに、ほぼ満席でした! とってもすてきな作品で、思わずパンフまで購入してしまった(映画でパンフを買ったの久しぶり!)。内容については、わたしの拙い言葉よりも、HPを見てもらったほうが確かだと思うので、ご興味あるかたはぜひそちらをご覧くださいませ^^

映画『チョコレートドーナツ』公式HP

そして映画の後は、なんとっ、英会話の体験レッスンに行ってきました! 実は派遣の仕事がなくなったら行きたいと思ってたのですよ。姪が語学系の学校に進学したことに刺激を受けたのと、仕事で引っかかったフレーズなどについて聞ける相手がほしかったのが大きな理由。もともとしゃべるのが苦手で、翻訳の勉強を始めてからは、しゃべるほうは、ほぼ完全に諦めていたのですが、ここのところなんとなぁくもやっとしたものがありまして…。

そこで一念発起して強引に予約を入れたものの、レッスンが始まる直前まで緊張するやら憂鬱やらでずっとブルー。でも、たまたま先生がロンドン出身のかたで、しかもとても穏和な感じだったので、少しずつ緊張も解けました。体験レッスンだったので、そのまま帰ることもできたのですが、これで帰るとそれきりになりそうだったので、またしても強引に次の予約(今度は体験ではなく、正式のレッスン)を入れてきました。

レッスンはプライベートで、テキストを使うこともできるのですが、生徒が自分で用意したものを使ってもOKとのことなので、仕事で引っかかったフレーズを書きためて、今度のレッスンで聞いてみようと思います。

久しぶりの英会話だったので、かなり緊張&疲労しましたが、やっぱり好きなんですね。楽しかったです^^ 講師は自由に選べるのですが、何しろ人見知りなので、次回も体験レッスンと同じ講師で予約を入れました。なので今度は、ちょっとは緊張度もマシになるのではないかと…。今からではどの程度上達するかは?ですが、少しずつでも前に進んでいければと思います。

下は、そんな英会話学校の近くのウインドーで見つけた、くまもんの着ぐるみをきたモンチッチ。来週も会えるといいなぁ~(笑)

sIMG_0086.jpg
翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。