ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンブリッジ・スパイ

4月から通い始めたスクールも先月でとりあえず一段落しまして、今は10月から始まる次のクラスに備えて自主学習といったところです。怠けないように気をつけねば。

実は最終テストなるものもあって、そちらはすでに提出済みで来週の個人面談で添削されたものを返していただく予定です。合格・不合格があるわけではなく、いちおう全員進級できるのですが、それでもドキドキです。

それともう1つ。最終テストの一環で、「半年先までの、英語力および日本語力向上の目標、そのための方法と計画を具体的に記せ」というのがありまして、英語力のほうは、NHK「ニュースで英会話」を見て時事用語・表現を強化する、という目標を立て、日本語力のほうは悩んだ末、目標を「アウトプット力をつける」、その方法として「映画や舞台の感想を200~400文字でまとめる(週1回)」としたのです。

それで、どうせならブログでUPしていこうと思い、今週から週一で映画や舞台の感想を書いていくことにしました(挫折しないようにガンバラネバ)。…というわけで、1回目は、映画でも舞台でもないのですが、最近ハマっている英国ドラマについて書こうと思います。

タイトルは「ケンブリッジ・スパイ~英国を裏切った美しき男たち」。イギリスで2003年に放送された作品です。番組サイトやドラマのオープニングで「英国史上最も悪名高き~」とされていますが、ドラマ内ではそれほどスパイ行為そのものが描かれているわけではなく、どちらかというとスパイとしての苦しみや心の葛藤に重点が置かれていて、個人的には「悪名高い」とは感じませんでした。

結果的には母国を裏切る形になってしまたったものの、元はファシズムやナチスに対抗し、貧者や弱者を救うために共産主義に傾倒していったことを考えると、“背信者”とひと言で片づけるには気の毒な気がして。スパイであることを隠すために心から憎むファシズムを支持する態度をとったり、好きな人にウソをついたりしなければならなかった彼らの心情を思うと、むしろ切なくなってしまいました。ドラマなので美化されている部分もあるでしょうが…。9月14日(月)~再放送されますのでご興味のある方はぜひ!

番組HP http://mystery.co.jp/program/cambridge_spy/index_s01.html
スポンサーサイト

The Night Shift

2年ほど前に、アメリカの『ブラザーズ&シスターズ』というドラマに出てくるゲイカップルの1人、スコッティにハマってるという記事を書いたのですが、そのスコッティが、現在アメリカで放送中の『The Night Shift』というドラマに再びゲイカップルの1人として出演されてます^^ 今回の相手役は、『ロズウェル』のブレンダン・フェア。

ずっと見たいと思ってたら、先日ひょっこりYouTubeでダイジェスト版を見つけてしまいました。久々に見るスコッティ、うーっやっぱり好きだわ^^ ちなみに今回の役名はリック。相手役のブレンダンもいいですね~。

ラストのブレンダンのI’m gonna be there for you.にぎゅんぎゅんときめいてしまいました 日本でも放送されるといいのになぁ~。

ちなみにタイトルのNight Shiftは「夜間勤務」という意味です^^


スコッティ♪

今日は久しぶりに1日オフvv 午前中は歯医者さんに行ってきました。実は2週間ほど前に詰めているところがとれてしまいまして…。今日は2回目だったので、それほど緊張しませんでしたが、先週の初診のときは緊張したなぁ~ 何しろ歯医者さんなんて十数年ぶり…。絶対に虫歯ができてるだろうし、当然ながらこっち(東京)に来てからは初なので、初の歯医者さん。怖い先生だったらどうしよう…とかね、幾つになっても歯医者さんは苦手だわ(^^;

そんなわけで行くまではドキドキだったわけですが、ふたを開けてみたら、先生も怖くなく、今後の治療予定も的確に説明してくださって、そして何より虫歯がなかったー!! ほぼ100%覚悟してたので、思わず心のなかでガッツポーズでした(笑)

さて、歯医者さんの話はこれくらいにして、実は今ハマってるもの、というかハマってる人がいます。昨秋にもこのブログに書いたのですが、その時はまだ“気になる人”でした(過去記事はコチラ) そう、海外ドラマ『ブラザーズ&シスターズ』の“スコッティ”です^^ その後放送されたファイナルシーズンを制覇し、ますます好きになったわけですけども、なんと1ヵ月ほど前からシーズン1からの連続放送が始まり、ずっと録画してたのを先週あたりから一挙見しだして、ますます深みにハマっております(笑)

シーズン1と2はゲスト出演なので登場シーンはそれほど多くないのですが、シーズン1の第2、3話あたりの出会いのエピソードもなかなかよかったし、シーズン2の第3話、通しでは第26話(だったと思う。間違ってたらゴメンなさい)で再登場してからは、ほぼ毎回出番があって、スコッティが登場するたび頬が緩みっぱなし(^^;

月曜日に放送された第29話での、ケヴィンの元カレにヤキモチを焼くところはもうサイコーに可愛かった~ “今、一番会いたい人は?”と聞かれたら“スコッティとケヴィン”と答えそうなくらいハマってます(笑)

このスコッティですが、実は実生活でもゲイなのですよね。このドラマのシーズン2あたりの時にカミングアウトされたそうです。フィギュアスケートのジョニー・ウィア(今年1月に同姓婚)といい、スコッティといい、好きになる人はなぜかゲイが多い…。普通の男性より優しそうだからかなぁなどと分析してみる今日この頃。

ところで、前回書きませんでしたが、『天守物語』のラストで桃六が、図書さまや富姫たちに「休め」と声をかけるシーン。公演期間中は本当にドタバタで睡眠時間もあまり取れなかったから、あの倉本さん桃六の「休め」という言葉には、思わずホロリとしてしまいました。貧乏性のせいか、常に仕事を失う不安感があるからか、仕事をもらえるときはついつい詰め込みすぎて、気がつくといつも時間に追われる生活を送ってるような気がします。だからか、あの桃六の「休め」という言葉を聞いて、あぁ休んでもいいんだぁと思ったら、なんだか気持ちがとても楽になりました。

…というわけで、今日は用事を済ませたら、今朝放送された『ブラザーズ&シスターズ』第31話を見ようと思いまーす

One Tree Hill

Image720.jpg

『OZ』 は、無事、兵庫公演も終わられたようで、みなさま、おめでとうございます!
そして、お疲れ様でした!
次回公演『天守物語』まで少し間があるので寂しい気もしますが、その分、嬉しさも倍増するというもの。6月を楽しみに待ちたいと思います。

さて、本日は最近ハマっている…(厳密にいうとハマってるというほどでもないのですが、いわゆるプチ・ブーム)海外ドラマ 『One Tree Hill』 の話です。

作品概要(スーパー!ドラマTV HPより引用)
異母兄弟ルーカスとネイサン、そして兄弟をとりまく三人の女性、ブルック、ペイトン、ヘイリー。
アメリカ・ノースカロライナ州の小さな町を舞台に、彼らを取り巻く濃密な人間模様を描いた全米大ヒット青春ドラマ。


基本的にこの種のドラマにはハマらないのですが(^^;(どちらかというとディテクティブもの、サスペンス、ミステリー好きなので)、今回、たまたま字幕のお仕事で少し関わらせていただいて、ハマってしまいました(←やっぱりハマってる)

いわゆる青春ドラマなのですが、時には結構重たいテーマを扱ってたり、高校生の恋愛だけじゃなく、親子や家族関係の複雑さも描いてたり、それと音楽がかなりGoodです。ご興味のあるかたは、現在、スーパー!ドラマTVでシーズン5を放送中なので、そちらをご覧あれ。

スーパー!ドラマTV

公式トレーラー
※ただし、こちらは吹き替え版。個人的には字幕版が好きなので(吹き替えだと、当然のことながら声優さんの声でかなりイメージが変わってしまうので)、できればスーパー!ドラマTVを見てほしい! でも実をいうと、まだシーズン3までしか見てないから、シーズン5がどういう展開になってるか知らないのですがね(^^;。録画はしてます

というのも、今月の7日にシーズン1のDVDコンプリートBOXが発売されまして、わたくし買っちゃいました(^^; なのでそちらが見終わったら、シーズン5を見ようと思ってます。この間、ちらっと予告編見たけど、なんかみんな成長してたなぁ。というか、とりあえずシーズン3までは高校生なんだけど(シーズン4以降は見てないので不明)、いろんな意味であまりに進んでて高校生とは思えませんっ。そこはご了承ください(^^;。

それと、DVDには未公開シーンに加え、コメンタリーというのも収録されていて、いわゆる音声解説なんだけど、これが結構面白いのですよ。仕事でもらうと大変なんですけどね。何しろ、みんなよくしゃべるから、字幕の枚数(字幕は「枚」でカウントするんです)が多いときは本編の倍近くもあって、わたしがお仕事をいただいてるところは、翻訳料も納期も「尺(時間)」単位なんで、セリフが多い分、損…もとい、大変なわけです。

でも、見る側としては、ドラマの裏話や作品に対する監督の思いなんかが聴けて、ドラマを見る楽しさが倍増して、結構面白いです。

今週末は久しぶりに土日ともにオフなので、じっくりOne Tree Hillを楽しみたいと思いまーす。
もちろん字幕の勉強もしながらね


気になる人。。。

Image661.jpg

最近、趣味と実益を兼ねて、海外ドラマの字幕放送を手当たりしだい見ています。で、気になる人を発見! 昔から英語が好きなわりに海外の役者さんにはあまり興味がなく(もっぱらジャニーズだったので、笑)、かつてハマったといえば 『ツイン・ピークス』 のカイル・マクラクランくらい。ところが久しぶりに気になる外国人俳優さんを発見しました。

その俳優さんとは、先日、AXNでシーズン4の最終話の放送が終了した 『ブラザーズ&シスターズ』 に出演されてるルーク・マクファーレンさん! ドラマの中では、ゲイカップルのひとり、スコッティという役を演じておられるのですが、このスコッティがなかなかいい雰囲気をかもしだしてます。

ドラマはいわゆるアメリカの家族ドラマなんだけど、何かとトラブルが絶えず“渡る世間~”なみに騒々しい、笑(意地悪な姑は出てきませんが)。そんな中にあって、おっとりした性格のスコッティはまさに癒しの存在。

吹き替え版では、「わたし」とか「~なのよ」とか、かなり女言葉が強く使われてますが、個人的には字幕版のほうが好きです。あくまでもわたしの感覚ですが、原語ではそれほど女々しい言葉にはなってないはず。仕草とかもそれほどなよなよしてなくて比較的フツーだし、初めてドラマを見る人はゲイ役とは気づかないかも(現に、わたしがそうでした(^^;)。でも、時折見せる優しさとか、パートナーのケヴィンをいたわる姿とかが、なんともいじらしい~ ちなみに、パートナーのケヴィンもなかなかいい味出してます。

シーズン1から見てたわけではなく、スコッティが気になり出したのも、たぶんシーズン4の後半に入ってからだと思うのですが、11月から始まるファイナルシーズンは何とか全話見届けたいと思います!!

写真(↑)は、記事とはまったく関係ないのですが、先日、派遣先でいただいた ベビーモンシュシュ のロールケーキ。堂島ロール系列らしいです。いやぁ美味しかったぁ~
翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。