ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七月大歌舞伎 夜の部

Image748.jpg

前回、ちらっと書きましたが、実は先々週、母が上京しておりました。約1年ぶり。目的は、この度、歌舞伎デビューを果たされた市川中車さんこと香川照之さんの舞台を観るため。香川さんの出演が決まってから、ずっと観たいと言ってたので。しかも、二代目猿翁(前、猿之助)さんが8年ぶりに舞台復帰、澤瀉屋の面々に加え海老蔵丈も出演。わたし自身もとても楽しみにしておりました^^

中車さんが出演されたのは第1部の『将軍江戸を去る』。徳川幕府、最後の将軍慶喜が江戸を去る場面が描かれていて、ラストの慶喜との別れを惜しんで江戸の人々が集まるシーンはとても感動的でした。幕末というと、徳川家が没落し、新しい時代が始まって万々歳というイメージがあったけど、その裏で最後の将軍が江戸の住民たちに惜しまれつつ去っていったというエピソードがあったことを、今回初めて知りました。歴史って奥が深い…。

中車さんは、江戸を去ろうとしない慶喜を説得しにいく幕臣山岡鉄太郎という役。すでに6月から別の演目で出演されてることもあってか、ちょっと声がつぶれかけてた気がしないでもなかったけど、もともと演技には定評のある役者さん。迫真のあるすばらしい演技で、今後の歌舞伎の舞台が楽しみになりました。

次の『口上』では、新・猿之助、中車、團子(中車さん長男)、團十郎、海老蔵のご登場(敬省略)。ロンドン公演の時、海老蔵丈が新・猿之助(当時、亀治郎)さんにライオンキングを観に行かないかと言われ、本当はそれほど観に行きたくなかったけど、兄さん(=先輩)の誘いを断るわけにも行かず観にいったところ、もう20回以上も観劇してるにもかかわらず子供のように大喜びしてる新・猿之助さんを見て驚いた、という海老蔵丈の話が印象的でした(笑)

三部の『黒塚』は省略させていただいて、ラストの『楼門五三桐(さんもんごさんのきり)』。全体で10分ほどの演目で、前半は真柴久吉(猿翁)の家臣に分する澤瀉屋の面々と、五右衛門役の海老蔵丈が登場されて、猿翁が登場されたので後半の5分ほどなんだけど、登場するなり会場から割れんばかりの拍手。役者復帰は8年ぶりだそうです。いやぁ感動的でした。極めつけは、最後に久吉の後ろにいた黒子が頭巾をとると、なんと中車さん。いっきに涙があふれました。絶縁状態の期間もあったというから、ここまで来る道程はさぞ長かったんだろうなぁとかいろいろ考えてしまってね。

いったん幕が閉まるも、歌舞伎では珍しくカーテンコールで再登場。五右衛門姿の海老蔵丈も登場して、ラスト新・猿翁と固い握手を交わされました。

母があれほど熱望しなければ、ひょっとしたら観に行ってなかったかもなので、観たいと言ってくれた母にも感謝です。写真(↑)は1部『将軍江戸を去る』の後に舞台にかけられた幕。中央の隈取りの絵は、大河で中車さんと共演された福山雅治さん作。福山さんて多才なのは知ってたけど(おまけに男前)、絵も描けちゃうのですね。。。ず、ずるい。。。

(↓)は、母の試作品。上京する新幹線車中で“パーツ”を折り、その夜、わたしの部屋で仕上げました。ちなみに手前のワイシャツみたいなのは、つまようじ入れ。右端は、わたし作v

Image759.jpg

久しぶりに母娘で楽しい時間を過ごさせていただきました^^
スポンサーサイト

江戸の夕映え

Image640.jpg

またまた更新が滞ってしまいました。みなさま、如何お過ごしでしょうか?

わたしは、あれから2、3日風邪を引きずっておりましたが、おかげ様で無事完治しました。でもって風邪が治ったと思ったら早速仕事が入りまして(ありがたや~)、日曜日までそちらに追われており、本日久しぶりにのんびりとした休日を送っております。

そんなことよりッ!

海老蔵丈&麻央さんご夫婦に女の子が誕生したそうで、おめでとうございます!!! 何かと注目を浴びる環境で大変かと思いますが、元気で健やかに育っていかれることを心から願っております。

ところで、仕事に追われてると言いつつ、実は先日歌舞伎観劇に行ってきました(チケットは1ヵ月以上前に確保してるので仕方ないのです)。

公演の詳細はこちら。>> 七月大歌舞伎

一部の「吉例寿曽我(きちれいことぶきそが)」も二部の「春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)」もよかったのですが、今回はラストの「江戸の夕映え」について語らせていただこうと思います。

正直、観る前はそんなにも期待してなかったのですよね(成田屋さん、すみません^^;)。今回、昼の部では「楊貴妃」、夜の部では「江戸の夕映え」をやっていて、あらすじを読んで、どっちでもいいかなぁと思っていたのです。結局、昼の部は「勧進帳」があるせいか発売初日から残席薄で、必然的に夜の部のチケットを購入した次第。

ところが、実際観てみたら、よかったですッ!!!
海神別荘、天守物語に並ぶくらい好きかも

概要(Website歌舞伎美人より引用)

江戸幕府は瓦解し、新政府となった明治元年の夏。直参旗本の本田小六は、許嫁の松平掃部の娘お登勢を残し、幕府軍へ加わり軍艦に乗り込んで函館へ旅立ってしまいます。一方、同じ旗本でも小六の友人である堂前大吉は、柳橋芸者のおりきと夫婦になり町人として暮らし始め、あれから音沙汰のない小六の身を案じているのですが...。

数々の新作歌舞伎を残した大佛次郎の代表作。激動の幕末を生きた市井の人々を主人公に、江戸の人情味や粋を巧みに描きます。今回は、大吉を勤める團十郎の演出で、祖父と父が演じた小六を海老蔵、おりきを福助、掃部を左團次で当月の舞台を締めくくります。


ストーリー的にはありがちな話なんだけど、ゆったりとした時間の流れ、沈黙の妙、ひとつひとつ丁寧に語られる台詞、繊細な演技etc。これぞ“和”という感じの、本当にすてきな舞台でした。

役者さんも皆さん素晴らしかったのですが、何といっても層の厚い女形陣。中でも、おりき役の福助さん、お蝶役の宗之助さんはホント素敵でした

そしてそして気になる役者さんを発見! 海老蔵丈演じる小六の許嫁のお登勢。久しぶりにビビッときた女形さんです。でも、今回筋書き(パンフレットのようなもの)を購入してなかったので、メインのキャスト以外の配役がわからず、芝居中も、ずっと誰が演じてるんだろう?と思いながら観ておりました。ところがしばらくして、あれ、この役者さんひょっとしてアノ人では?と思ったら気になってしかたなく、結局終演後に筋書きを購入しました(笑)

その場で即配役をチェック。当たってました。お登勢役は 中村壱太郎(かずたろう)さんでした!

壱太郎さんといえば、先月母と一緒に行った歌舞伎鑑賞教室で初めて知った役者さん。あの時の静御前もステキだったけど、今回のお登勢も可愛かったぁ~ 可憐さの中に、小六を一途に想い続ける芯の強さも持ち合わせていて、ラストの無言の再会シーンには、思わず胸が熱ーくなりました。

無言の再会シーンといえば、あそこに日本の芝居らしさが凝縮されてる気がしましたね~。現代劇や欧米の作品ならあそこで何か付け足しそうな感じがするんだけど、あの言葉はいらない、佇まいとその場の空気だけですべてを語るという芝居は日本ならではという気がしました。

筋書きによると、本作は大沸次郎が九世海老蔵のために書き下ろした作品とのことで、原作本が出てないかAmazon.comでチェックしてみたのですが、残念ながら出てないみたい…。またぜひぜひ再演していただきたいです!!!

さて、江戸の夕映え原作本は見つけられませんでしたが、来月いよいよ 「歌舞伎座さよなら公演DVD第4巻」 が発売されます! 平成21年7月に上演された玉三郎さんと海老蔵丈の「海神別荘」と「天守物語」が収録されてるDVDです! 残念ながら、わたしは今すぐの購入は無理ですが(かなり値がはるのです…^^;)、何とか年内にはGETしたいと思いまーす。




歌舞伎鑑賞教室 『義経千本桜』

Image631_20110625121922.jpg

先日、母が急きょ別件で上京しまして、翌日、仕事が休みだったので一緒に 歌舞伎鑑賞教室 へ行ってきました。演目は 『義経千本桜』

第一部「歌舞伎のみかた」の解説は、中村壱太郎(かずたろう)さんでした。中村翫雀(かんじゃく)さんのご長男で、坂田藤十郎さんのお孫さん。たぶん、わたしは初めて拝見するんだけど、さすがは歌舞伎役者さん。滑舌もよく話し方もお上手で(しかもなかなかのイケメン、笑)、これからが楽しみな役者さんだなぁと思いました。

ちなみに、後ろの席の女の子(十代後半か二十代前半くらい)が壱太郎さんのファンらしく、隣の席のお友達らとしきりに壱太郎さんの話をしておられました(笑)。

メインのお芝居は第二部なのですが、一部でも解説の前に少しだけさわりを披露してくださいました。そのときの配役が、

  佐藤忠信(実は源九郎狐) 板東巳之助(みのすけ)さん 20歳
  静御前  中村隼人(はやと)さん 17歳

壱太郎さんは21歳と、皆さんお若くてびっくり。と同時に、かつての海老蔵丈や菊之助さんたちのように、若い役者さんたちが育っていかれるのをみて、歌舞伎の未来は明るい!と嬉しくなりました。

第二部のお芝居のほうでは、壱太郎さんが静御前、お父様の翫雀さんが忠信の親子共演。そして、一部で静御前を演じられた中村隼人さんが駿河次郎、忠信を演じられた巳之助さんが亀井六郎と、一部とはまたがらりと変わった役どころで好演されてました。

歌舞伎は一年ぶりでしたが、改めて面白いッ!と思いました。来月の海老蔵丈復帰公演が楽しみだぁ~

帰りは八重洲地下街の甘味処でお茶をしました。手前(↑)がわたしのクリームあんみつ、奥のが母のクリーム白玉ぜんざい。甘党家族なのです(笑)

当初、歌舞伎ではなく『ファントム』にしようかなぁと、ちらと思いましたが、やはり母は歌舞伎のほうが好みだろうと考え直し、歌舞伎鑑賞教室を選択。でもいつか、ライフの舞台にも誘ってみたいと思います

ところで、上京8年目にしてついに扇風機を購入しました! もともとエアコンはあまり好きではなかったし、エアコンより節電になりますからね。これのおかげで昨夜は熟睡できました~

Image632.jpg


歌舞伎座さよなら公演 DVD BOOK

今日は 『八月花形歌舞伎』 の千秋楽ですね。今月はライフのイベントや、M.O.P.のファイナル公演があったので、歌舞伎は泣く泣くがまんしましたが、海老蔵丈の 「四谷怪談」 観たかったなぁ~

ところで先日届いた歌舞伎会の会報にチラシが同封されていたのですが、なんと、松竹DVD倶楽部 から歌舞伎座さよなら公演の DVD BOOK が発売されるらしい!

全8巻で、2009年1月~2010年4月に上演された演目が、各巻2ヵ月分ごと12枚のDVDに収められているとのことで、第1巻(2009年1月・2月公演分)はすでに発売されてるみたい。

ただ各巻26,250円、全巻そろえようと思うと210,000円と、お値段はかなりお高め。全部そろえるのはまず無理だけど、4巻だけはなんとしても欲しいなぁ~

そう、あの 『海神別荘』『天守物語』 が収録されてるんですっ! 第4巻の発売は来年2月だから、今から少しずつ積み立てをすることにします。

各巻の発売予定日など、DVD BOOKの詳細はこちら。 歌舞伎座さよなら公演 DVD BOOK

第1巻はAmazon.comからも購入できます!

   


さて、いよいよ今夜 『トーマの心臓』 のTV放送がありますね! BS hi 夜10時~。録画予約まだのかたはお忘れなく。わたくしは既にセット済み。予約内容も10回くらい確認したから、おそらく録画ミスはないはず。でも念のためリアルタイムでもチェックします。(番組情報 BSプレミアムシアター

今日はこれから海外の戯曲を読もうと思います。先日、翻訳学校の恩師と約1年ぶりに再会しまして、そのとき海外の戯曲を2冊お借りしたのです。1冊は読了済みなんだけど、もう1冊がまだで、「読んだら感想を聞かせて」といわれていたので。どんなお話かな~

それでは皆さま、よい週末を!


五月花形歌舞伎

助六

ついに、念願の 海老蔵丈助六 を観てきました!
カッコよかったし面白かった~!!

今回も三階席だったのですが、花道からいよいよ助六登場という段になると、わたしも含め周りのお客さんのほとんどが(主に女性客)身を乗り出すようにして花道に注目

海老蔵丈の助六はこれまで写真などでは拝見したことありましたが、実物は今回が初めて。先月歌舞伎座のさよなら公演でお父様(團十郎さん)の助六を観て、どこで登場されるかはわかっていたので、その時が近づくにつれどんどん興奮が高まり、花道にその姿が現れたときには周囲の観客と一緒になって思わず歓声をあげてしまいました。

助六は江戸の “伊達男” と称されていますが、舞台に立つ海老蔵丈はまさに平成の伊達男! 兄役の染五郎さんとの息もぴったりで、喧嘩の手ほどきをする場面では大笑いさせていただきました。

大笑いしたといえば、やっぱりあの股くぐりのシーン。さよなら歌舞伎での勘三郎さんの通人里暁(りぎょう?)も面白かったけど、猿弥さんの里暁もサイコーでした。助六に向かって 「水も滴るイイ男」 と言ったあと、「水も滴ると言えば、大きなお風呂にされたそうですねぇ~」 それから 「こんな体型でもくぐれるかしら・・・」 と言いながら、どうにか無事助六の股下をくぐりぬけ、「くぐれましたぁ~ もう少し太っても大丈夫でげすなぁ~」

次に白酒売の染五郎さんを見て 「おや、こちらもイイ男。お兄さん、コーラとジュースとどっちがお好き? あ、そう、ジュースのほうがいい。コーラはいや。こうらはいや、、、こうらいや、、高麗屋」
(※「高麗屋」は染五郎さんの屋号です)

・・・とまあ、こんな具合に客席をおおいに沸かせてくださいました。三月の日生劇場(染模様恩愛御書)も4月の演舞場(四谷怪談忠臣蔵)も観に行けなかったので、猿弥さんだけだったけど久しぶりに澤寫屋の役者さんが観られて嬉しかったです♪

副題が 『三浦屋格子先より水入りまで』 となっていて、“水入り” ってなんだろう?と思っていたら、最後に助六が身を隠すために天水桶(防火用に雨水をためておく大きな桶)に浸かったり、その後はびしょ濡れのままでの立ち回りがあったりと、実に見所たっぷりの舞台で、海老蔵丈の助六を思う存分堪能することができました。ちなみにこの 『水入り』 の段は22年ぶりの上演だそうで、海老蔵丈は今回初挑戦。とっても迫力ありました!

助六以外の演目についても少しだけ記しておきたいと思います。一幕目の 『熊谷陣屋』 は、さよなら公演とはうってかわって、染五郎さんや七之助さんを始めとする若手中心のキャストでした。七之助さんの相模はちょっと若すぎるかなぁと思ったけど、それでも大御所役者さんたちとはまた違った魅力があり、新鮮で見応えありました。とくに染五郎さんは、熊谷陣屋と助六での役にギャップがありすぎて、とても同じ役者さんとは思えんかった~(笑)
うかれ坊主二幕目は松緑さんの 『うかれ坊主』。写真の絵にあるような衣装を身にまとい、コミカルに、かつ愛嬌たっぷりに踊ってくださいました。ただ舞踊を観ていつも思うのは、ひとつひとつの動きの意味がわかればもっと楽しめるのになぁということ。普段はイヤホンガイドをつけるのがあまり好きではなくほとんど借りないのですが、舞踊のときはいろいろと説明してくれるイヤホンガイドが欲しくなります。

『五月花形歌舞伎』 は新橋演舞場にて5/28(金)まで上演されています。

できればお昼の部も観にいきたかったけど、今月は スリーメン もあるので我慢しました。スリーメン、いよいよ来週開幕ですもんね~ Theatre Delivery も追加公演(京都・広島・福岡・熊本)が続々と決まっているようで、ファンとしては喜ばしいことです♪ しかも熊本といえば、おがっちの故郷ではないですかっ! ぜひとも故郷に立派な錦を飾ってきてくださいませ。でもその前にまずは東京公演。楽しみにしておりますっ!!!

2010年5月新橋演舞場2010年5月歌舞伎座 新橋演舞場(左)と歌舞伎座(右)。演舞場の正面には歌舞伎を中心に上演する劇場の印である櫓(やぐら)が、歌舞伎座の周囲には工事現場用の白いボードが建てられていました。

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。