FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

決闘~フルーレチーム~ 初日

Studio Life 若手公演 『決闘 Dreaming and Duelling』 Fleuret(フルーレ)チーム初日、観劇してきました。

前回の 『孤児のミューズたち』 とはがらりと変わり若手中心のキャストで、内容も高校生のフェンシング部のストーリーとあって、若者らしいすがすがしいお芝居でした。

舞台上のセットはとくになくて、全体的に青を基調にした床と壁に囲まれた、いたってシンプルな空間。キャストは全部で5人。先生役が1人(石飛さん)と、生徒役が4人。芝居はほとんどがその4人の生徒で繰り広げられます。4人とも同期ということもあって息もあっていたし、全体としてもバランスがよかった。久しぶりにガッツリ吉田くんの女役を観たけど、台詞も聞きやすいし、やっぱり上手いなぁと思いました。とくに、今回のルィーズのような、コンプレックスを持っていても、それをこらえて気丈に振る舞う女の子の役は、彼にぴったり。

大沼くんは 『飛行機雲』 に出てから、ずいぶん成長したなぁと思いました。本公演では、まだなかなか大きな役がつかないけど、今日の芝居を観て、堂々とした芝居ができるようになったと感じました。

荒木くんと松本くんは、『ロミジュリ』 の恋人同士の役に続いて、今回は親友の役。さすがに息も合っていて、見ていてほほえましかったです。フェンシングもかなり激しい動きがふんだんに盛り込まれていますが、二人ともなかなかの剣さばきでした。後半は、はっと息をのむようなシーンもしばしば。千秋楽まで怪我のないよう頑張ってほしいです。

とにかく、今回は若手公演ということで、若々しい元気なお芝居なのですが、難点をあげるとすれば、やはりあのライフの芝居特有の、男同士の友情は友情でも、友情以上恋愛未満のような、あのドキドキ感が若干物足りなかった感じが…。それから、主役の二人、ジョエルとエリックはそれぞれ内なる怒りや心の傷をかかえているんだけど、そのあたりの陰りが、もうちょっと出てるといいなと思いました。そのへんは、やっぱり、芳樹さんや曽世さんは先輩だけあって上手いなぁと思う。

男同士の友情以上恋愛未満についても、『トーマの心臓』 の笠原オスカーと及川エーリクや、元祖ベストカップルの 『LILIES』 高根シモン&山本ヴァリエは、やはりベテランだけあって微妙な心理の表現がとても上手くて、何度観ても(ビデオやDVDで)ドキドキさせられてしまいます(もっともLILLESは同性愛モノなので、完璧な恋愛なんですけどね)。でもこの辺はまだまだ若いし、今後の成長に期待したいと思います!

さて、Wキャストのもう1チーム、Sabre(サーブル)チームですが、もちろん主役のセッキーとミカシュンも気になりますが、ライフの舞台は1年ぶりになる青木くんルイーズとJr.8からは唯一参加の仲原スケリーが気になります。どうなるんだろう…? 乞うご期待♪

上演時間:
一幕 19:00-20:00
休憩 20:00-20:15
二幕 20:15-21:15

余談:
今日のモギリは青木くんと中原くん、物販はセッキーとミカシュンでした♪ 物販コーナーで在庫処分なのか、過去のグッズや写真が販売されていたので、LILIESのクリアファイルを購入しちゃいました^^

blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気blogランキングへ
スポンサーサイト



翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード