ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Troubadour

お待たせいたしました~ 11月18日の記事 の最後の言葉の主を発表します♪

答えは、高根研一さん* でした~ パチパチパチ~

写真集 『Troubadour (トゥルバドール)』 の後半で劇団員の方々の個々の写真が掲載されているのですが、そこに書かれている言葉です。くじけそうになるとこの高根さんの言葉をよく思い出して、「やりたいっていう気持ちを持ち続けることが大事」 と自分を励ましております。ちなみに同写真集によると、高根さんの一番好きな本は 『imidas』 だそうです(爆)

ところでこの写真集のタイトル 「Troubadour (トゥルバドール)」 ってどういう意味なんだろうと思っていたら、吟遊詩人の名前だったのですね。。。 写真集の表紙の裏に書いてありました。

   中世の南フランスで
   様々な物語や伝承を
   詩と歌と演劇にのせて
   語り伝えた吟遊詩人

なんかロマンチック。。。

* 高根研一さん: 1998年、Studio Life 入団。来年2/16~2/24、舞台 『執事ホテル』 に出演。

  *  *  *  *  *

お知らせ

今日もこれから仕事にとりかかるわけなのですが、締切りまでとうとう2週間を切り、かなり厳しい状況になってきております^^; つきましてはしばらく仕事に集中しようかと思いまして、ブログをお休みさせていただくことにしました。次回更新は12月5日を予定しております。もしよろしければ、その頃またのぞきにきていただけると嬉しいです。

皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。


ブログランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

おがっち発見!

昨日、なにげなく検索してたら、フレッシュの緒方和也くんを発見しました~!
http://diary8.cgiboy.com/0/kanashiki/index.cgi?y=2004&m=12

でも、これだといまいちはっきりわからなかったので、さらに見てみると…
http://diary8.cgiboy.com/0/kanashiki/index.cgi?y=2004&m=10

これで確信しました~! かなり若いときか、新人のころの写真て感じがしますが、地元九州って書いてあるし、絶対これ、おがっちですよね~♪

STRAYDOG (ストレイドッグ) の 『悲しき天使』 というお芝居で、2004年末か2005年初めに上演されたみたいなんだけど、どんな感じだったのかなぁ。。。 観てみたかったなぁ。。。

*緒方和也くん(愛称、おがっち): 2007年、劇団 Studio Life 入団の新人劇団員くんです。よろしくですっ


ところで話はがらりと変わるのですが、わたしはよく 「凹む」 という言葉を使います。(もうお気づきのかたもいらっしゃるかと思いますが…^^;) 前回の記事でもかなり連発してました。では何故に 「落ち込む」 ではなくて 「凹む」 なのか? これはたんに 「凹む」 という言葉が好きなんですねぇ。ていうか厳密に言うと 「凹」 っていう漢字が好き。これ漢字っていうか、記号じゃん!?て感じですよねぇ~

以前、自動車部品メーカーで働いていたときに同僚から 「凹んだ~」 というメールが届きまして…。で、そのときその同僚から 「へこむ」 で変換すると 「凹む」 って出るんやで~と聞かされ、凹んでいた理由そっちのけで、このことでやけに盛り上がったのを覚えています。以来、ついついこの言葉を使ってしまう…。「へこむ」 と打って 「凹む」 に変換されるのがみょうに快感…。ハハッ、ばかだ、わたし…。というわけで、これからちょくちょくこの言葉(凹む)が登場するかと思いますが、どうか大目に見てやってくださいませ^^;

さて、しょうもないことをぐだぐだと書いてしまいましたが、前回の記事で最後にご紹介した言葉が誰のものかの正解は… ふふっ、せっかく考えてくださっているかたもいらっしゃるようなので、発表は次回にまわしたいと思いま~す♪ コメント欄にも書かせていただきましたが、ヒントは 「写真集」 ですよ~


ブログランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

直接講義

昨日、久しぶりに翻訳学校へ行ってきた。そして、凹んだ。。。 ま、ある程度は覚悟してたけど。。。 でも、やっぱこたえる。。。 結論から申しますと、まだトライアルを受けるレベルではないと言われた
*トライアルというのは翻訳試験のようなもので、役者にとってのオーディションみたいなもの。

昨年末たまたまロマンス小説のトライアルに受かって、今年からちょこっとずつだけどお仕事させてもらって、ちょっとイイ気になってたんでしょうなぁ~(反省) できればゆくゆくはもうちょっとかための本が訳してみたいなぁと思ってて、講義のあとずばり先生に訊いてみた…

   「トライアル受けてもいいレベルですか?」

ま、今から考えるとなんともオコガマシイというか自信過剰というか‥ 顔から火が出る思いなんですが。。。

以前は通学コースに通っていたのですが、経済的や時間的な理由で春先から通信に切り替えて、昨日の直接講義は今回の講座の締めくくりの講義だったのです。最初の2時間が、先月提出した最後の課題の解説、そしてあとの1時間は茶話会。で、終わってから今の自分の力がどれくらいなのか、もっと客観的に知りたくて、思い切って先生に訊いてみたのですが… 結果(トライアルを受けるのは)もう少し待ったほうがいいと言われました。。。 もう少し力をつけてからにしなさいと。 ハァ~

でも、凹んでてもしょうがないわけで。。。 茶話会のときに先生がおっしゃったのは 「なにか特別な勉強をするというよりは、とにかくたくさんの原書を読んでたくさん訳すことが大事」 ということ。先生は高校では多少英語が得意だったけど大学は英文科出たわけでもなく、結婚してから翻訳の通信、それから通学講座に通われたとのこと。特別なにかやったというわけではないけれど、翻訳学校時代から少しずつまわしてもらえるようになったリーディングや下訳をこなしながら、相当な量の原書を読み訳されてきたそうです。それに比べたらわたしなんてやっぱまだまだだもんなぁ~。凹んでる時間があったら 「読め、訳せ」 ってことだわね。

実は昨日は、今訳してるロマンス小説で先日提出したプロローグと第一章のフィードバックが返ってきまして、これまた赤入れ(実際は黒鉛筆だけど)がびっしり。だから、ダブルパンチだったわけです汗; でね、いつもなら凹むと現実逃避するためにすぐ寝るわけですが、昨夜はがんばった。すぐにフィードバックに目を通して、訳文を推敲した! ていうか、それが当然。それに締切りが迫ってて止むを得ずってこともあるけど。。。

とにかく凹んでるひまはなーいっ! 今日から再び奮起して、初心に帰ってがんばるゾーっ

そこで、わたしが好きな言葉、というかいつも励みにしている言葉をご紹介させていただきます。

  *  *  *  *  *

「…40歳過ぎても芝居を続けていられるのは、役者人口の数パーセントだと思うんですよ。その数パーセントに入るには技量はもちろんですが、芝居をやりたいっていう気持ちを持ち続けることが必要だと思うんです…(後略)」

  *  *  *  *  *

さて、誰の言葉でしょーか? ふふふっ


ブログランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

桃威くん発見!

お仕事のためFCイベント欠席だったフレッシュの谷屋桃威くん、意外なところで発見しました!→ ツチブログ

本人のブログに長野県に来ていると書かれてはいたけど、まさか Tsuchipro の土屋さんと一緒だったとは。現在、長野県上田市では来夏公開予定の映画 『最後の早慶戦』 のロケが行われているそうで、スタッフ及び役者として参加されている土屋さんのブログで日々ロケ日記が更新されています。それから上田市では映画のエキストラも募集しているらしく、先日の土屋さんブログ情報によるとエキストラが不足してるらしい。。。 もしそちら方面でご興味のあるかたは是非。詳細はこちら。→ 「最後の早慶戦」 エキストラ

ところであの乙女な桃威くん、野球できるのかな~?

話はかわって、今夜(深夜)NHK BS2で、2005年10月に青山円形劇場で上演された 『胎内』 が放送されます。かなり重い芝居ですが(鐘下ワールドに近いものがある…)なかなか面白い作品です。個人的には長塚圭史さんのファンなので、それがいちばんの見所  番組冒頭ではたぶん圭史さんのインタビューもあるんじゃないかなぁ。。。 うふふっ

『胎内』
11月17日(土)午前0:05 ~ 2:16 (16日深夜)
NHK BS2 「ミッドナイトステージ館」

作: 三好十郎
演出: 鈴木勝秀
出演: 伊達 暁、奥菜 恵、長塚圭史

・番組詳細はこちら。→ BSオンライン

  * * * * *

FCイベントの余韻に浸っていたら、気づけはもう金曜日! 締切り(12/4)まで3週間をきってしまった この1週間、格段にペースダウンしてたもんな~ そろそろ気合を入れて頑張らないと最後えらいことになるゾ。。。 そして、明日は久しぶりに翻訳学校へ行く日。春先から受講してきた通信講座の最後の締めが直接講義で、それが明日あるんだけど、なんだか小学生のころの夏休みの登校日みたいな気分でちょっとわくわくする。でもきっとまた添削されて真っ赤になった訳文が返ってきて凹むんだろうな汗; 真っ赤に訂正された訳文にも、もうだいぶ慣れてきたからだいたい予測はつくけど、いつまでたってもやっぱあれ凹むよなぁ。。。 あぁ、一人前の訳者までの道のりはまだまだ長い。。。


ブログランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

The Grand Life レポ 完結篇

今日は前置き抜きで、早速、本題に入りたいと思いま~す♪

『Daisy Pulls It Off』 トーク コーナー

メンバー:
倉本さん、藤原さん、マッキー、深山さん、ヨシキさん、笠原さん
林さん、曽世さん

最初に、MC曽世さんから倉本さんへ、昨日ご紹介した舞台裏シリーズのタイトル 『Border』 について質問がありました。

MC曽世さん 「どうして Border というタイトルにされたのですか?」

倉本さん 「…役者というのは嬉しい(楽しい?)という気持ちだけわかっていてもダメだと思うんだよね。悲しいという気持ちもわかってないと。悲しいという気持ちがわかってないと、嬉しいという気持ちはわからない。それと同じで、金持ちだけの気持ちをわかっていてもダメ。貧乏の気持ちもわかってないと。…(中略)…ぼくの場合、仕事でも役者とスタッフという両方をやらせてもらっていて、なにをやってるんですか?と訊かれたら、芝居やってます、って答えるのがいちばんイイと思うんだよね。どっちかに偏るんじゃなくて、常にそのあいだ、境界(ボーダー)にいたいという思いがあるんだ…」

あれからかなり日にちが経っているので、実際の言葉と多少相違があるかもしれませんが、おっしゃった内容はだいたいこんな感じだったと思います。あんなふうに倉本さんが真面目に、とつとつと語られる姿を初めて見て、あぁ、やっぱりこの人も芝居が好きなんだなぁと改めて思いました。倉本さん、なんだかとってもかっこよかったです

このあとは、各々の役者が当時の思い出話を語ってくださいました。まずは、初代シビル・バーリントン役の笠原さん…

続きを読む »

The Grand Life レポ その五

大ちゃんや、フレッシュの神野くん、石井くんのblogでイベントの写真がUPされてましたね~ そうなんです、今回の衣装、ジュニア以上の劇団員の方々は燕尾服でした。大ちゃんは白燕尾ですが、たしか他の方々はみんな黒(か黒っぽい色)だったと思います(他に白の人いたかな…?) で、襟元は蝶ネクタイ。MCのお二人はシルバーグレイのタキシードで、みなさん、ビシッときまってました。

いっぽうフレッシュくんたちの衣装は、あれ、どっかで見たことある、と思っていたら、2年前の京王プラザホテルでの20周年記念イベントで先輩劇団員の方々が着ておられた衣装だったんですね~ 昔のclub LIFE の会報(2006年1月号 vol.29)を引っ張り出してきて確認してみました。いやぁ、それにしても Jr.7 たちのなんたる初々しいことか! マツシンくん、めっちゃ可愛いんですけど~ 中をちらっと見ると…「ベストカップル」に選ばれた 『白夜行』 の子供亮司(奥田くん)&子供雪穂(マツシン)の写真が~♪ マツシンくん、ほんと可愛い~ 今じゃ、ジュリエットやったり本公演で主役はったりしてるんだもんね。いやぁ、まったく、すごい成長ぶりです。

話がちょっとそれましたが…それにしても神野くんと石井くんのblogにUPされていた写真、サイコー 個人的には、おがっち(イチオシ)と堀川くん(ニオシ)がお気に入りなのですが、みんなイイ顔してます(誰が撮ったんだろう?) なかでもリーダーの神野くん。どうしちゃったの? 彼もわたしと同じように、完全に浮かれちゃってるみたいです(爆)

さて、前置きが長くなりましたが、イベントレポ続きです。「借り物決闘」 「孤児のミューズたち~思い出の写真~」 の次は、先に報告させていただいたロミジュリ企画 「恋のからまわり」 「WHITE」 へと続きます。「恋のからまわり」 「WHITE」 の過去記事はこちらをご参照くださいませ。→ The Grand Life レポ

「WHITE」 コーナーで少し補足させていただきますと、冨士くん、政宗くん、フレッシュ5人組+高根フレッシュが無事カレンダーガールのダンスを終えた後、MC林さんとの一問一答形式による、フレッシュくんたちの自己紹介がありました。

続きを読む »

The Grand Life レポ その四

今回のFCイベント、残念ながら来られなかった劇団員のかたが数名いらっしゃいました。楢原さん、前田さんは急遽欠席、フレッシュの谷屋くんはお仕事で欠席。及ちゃん、佐野さん、ジーコ(小林くん)、姜くんも欠席でしたが、かの4名はビデオメッセージが紹介されました。(楢原さんと前田さんは急だったので、ビデオメッセージも用意できなかったとのこと)

及ちゃんはイー魔女の楽屋から、佐野さんとジーコくんはどちらかのアパート?(か、それらしきどこかの一室)で互いの胸に猪木チョップをくらわしながらのメッセージ、姜くんはどこかの建物(劇場?)の前から:

姜くん 「…今日はそちらに行けなくて残念ですが、これからも日進月歩でがんばりますので、よろしくお願いします…(中略)…」 (最後に某韓流スターの物まねで) 「あなたのことが、しゅきだから~!」

MC林さん 「(姜くんの) “日進月歩” の使い方、なんか違和感を覚えるんだけど…」

*日進月歩:日に月に間断なく急速に進歩すること。→ やっぱり、使い方ちょっと間違ってたみたいだね、姜くん

  * * * * *

『孤児のミューズたち』 思い出の写真コーナー

メンバー:
大ちゃん、倉本徹さん、楢原さん(写真のみ)、林さん、オノケン、飛さん

各々が昔の思い出の写真を持ち寄り、当時のエピソードを語ってくださいました。

続きを読む »

The Grand Life レポ その三

実は昨日の深夜とんでもない失敗をやらかしてしまい、午前2時ごろからPC前でひとり慌てふためいておりました。自分だけのことならしょうがないとあきらめもつくのですが他人様を巻き込むことだったので、とにかくもう焦ってしまい、ただただ狼狽するばかり。FCイベント以降、すっかり舞い上がってしまい少々浮れすぎていたのでしょう。きっとこれは神様からの戒めかなにかなんだと思います。真摯に受け止め、自分の失敗を心から反省したいと思います。(たしかに昨日の記事を見直すと完全に浮かれています。。。) でも寛大な関係者の方々から温かいお許しの言葉をいただくことができ、今はほっとしている次第です。でも油断は禁物です。これからも気を引き締めていきたいと思います。

それでは本日は自戒の意味も込めまして、できるだけ平常心を保ちつつイベントレポの続きを記させていただきたいと思います。

  *  *  *  *  *

『決闘』 コーナー : 借り物決闘 (競走)

メンバー:
青木くん、セッキー、吉田くん、マツシン、アラケン、大沼くん、ミカシュン、仲原ちゅうくん

ルール:
紙に書かれた品物(お題)を制限時間内に客席から借りてくる。

続きを読む »

執事ホテル 動画メッセージ

うわ~~~っ、きゃーーーーーっ!

今、ようやく執事ホテルの先行予約申し込んできたのですが
そしたら、な、なんと、動画メッセージがっ!

オノケン、ミカシュン、そ、そ、そして、高根さんっ!

昨日から完全にのぼせ上がっているわたしは
危うく卒倒しそうになりましたよ~

The Grand Life レポ そのニ

たぶん近日中には劇団HPにUPされて通販で購入できるようになると思うのですが、ひとあし先にグッズ販売のお知らせを兼ねて、昨日の物販の模様をご報告♪


ACTOR’S STAGE PHOTO
劇団員写真4枚セット (ポストカードサイズ) 各セット 800円

お目当ての高根氏は、ネイト 2枚、ミロン 1枚、ティボルト 1枚で、もちろん即購入。それから先日カミングアウトしましたが、実はわたくしピロくん…ていうかトリクシーのファンでもありまして、早速、深山氏の写真をチェック。そしたらあるではありませぬか、最新のトリクシー写真 加えて、ちびリオン、クリストファー、サムソン(ロミジュリのキャピュレット家剣士)。ちょっと迷ったけど、ちびリオンとクリストファーの写真がなかなかのナイスショットだったので、結局……買っちゃいました♪


Studio Life オリジナル ポストカード 5枚セット 800円
ロミジュリ、銀キス、トーマ、夏夜、アドルフの5作品。それぞれのチラシやDMハガキと同じデザイン。


2008年撮りおろしカレンダー
A2 ポスターサイズ 2,500円 / A5 卓上サイズ 1,500円
こちらは申込み用紙とお知らせのみ。セットで期間内(12月19日までに)予約すると、もれなくポストカード12枚セット (カレンダーに使用されていない未公開ショット)がついてくるらしい。
*12月上旬発行予定の club LIFE 会報と一緒に案内が送られてくるそうです。

基本的には、舞台上の役者さんが好きなので、できれば写真も素顔のものより、前回のカレンダーような舞台写真のほうがよかったなぁ~と思っていたのですが、開演前にロビーや舞台で流れていた撮影の様子の映像を見たら、これがなかなかかっこいい♪ ま、大ちゃんがかっこいいのは言うまでもなくだけど、高根さんがね、すごくステキなんです うーっ、かっこイイ~~~ やっぱりどんな高根さんも素敵だわ

>> 続く

blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

続きを読む »

The Grand Life レポ

ドキドキワクワクしながら会場に向かうと、まず建物の入口の前でフレッシュの原田くんが案内ボードを持って立っていてくれました。もぎりは、フレッシュの三角くん…じゃなくて緒方くんと石井くん。なんだかみんな WHITE をやってから劇団員としての自覚が強まったのか、とっても堂々としているように見えました
(神野くんと堀川くんは会場にいたのですが、谷屋くんは仕事がある?とかで欠席でした

MCは、林さんと曽世さん。

 「心の恋人、林勇輔です」
 「お口の恋人、曽世海司です」

と、それぞれが自己紹介されたあと、客席からひとりずつ劇団員が登場。
Jr.1 から順に、Jr.2、Jr.3 …と続き、最後はシニアの面々。甲斐さんはタンゴダンサーさながらバラ?の花を一輪くわえてご登場。ラストは、笠原さん。客席にちょっとしたどよめきが起こり大きな拍手。いやぁ、笠原さん見るのいつ以来なんだろう? とにかく久しぶりで、感動した~ 舞台に上がって 「永遠の恋人、笠原浩夫です」 と自己紹介されると再び大きな拍手が沸き起こりました。

イベントは、今年上演されたそれぞれの公演を振り返りながら様々な出し物?が披露されました。どれもこれも楽しい企画でずーっと笑いっぱなしだったのですが、なかでも 『恋のから騒ぎ』 をパクった 『恋のからまわり』 という 『ロミジュリ』 企画は最高でした♪ 「悲恋」 「純愛」 の物語ということで、ロミジュリ出演者のなかから選ばれた 恋のハンター たちが、持ち時間1分で各々のラブストーリーを語るというもの。

で、選ばれし恋のハンターは、下井様、船戸様、山崎きん様、甲斐様、高根様、篠田様、奥田様。(たぶん、これで全員。ぬけてたらゴメンナサイ)

下井様は、高校時代?スキューバーをやっていたときに好きだった6歳年上の女性とのエピソードを、船戸様は、どっかで聞いたことのあるような歌を声高々と歌い上げ、山崎きん様は、マイクの前に立つなりいきなりひと言 「○×△○×△」 と意味不明の言葉を叫ばれ、それから広島での浪人時代、予備校に通うちんちん電車のなかでよく見かけたデザイン学校の女生徒さんのお話を…

>> 続く


blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

続きを読む »

The Grand Life 速報

FCイベント、行ってきました~~~~~!!!
久々にあれだけ劇団員のかたが揃っているところを見られて
とっても嬉しかった~~~にっこり
イベントのほうも楽しい企画が盛りだくさんでした
内容のほうはおいおい記させていただくとして
まずは地方にいらっしゃるライファーのみな様へ朗報ですっ!!!

来年、ついに 地方公演 やるそうです!

  * * * * *
Studio Life 2008年公演予定

・2月28(?)日~3月9日 カリフォルニア物語
 *プロデュース公演なので、そんなにたくさんライフの役者さんは出なさそう…

・4月~6月 夏の夜の夢 再演
  4月下旬~5月上旬 東京(サンモール?)
  5月中旬 名古屋、6月中旬? 札幌
 *名古屋と札幌のあいだに大坂・福岡を予定

・7月 若手公演 TAMAGOYAKI (恵比寿エコー?)
・8月下旬~9月上旬 紀伊国屋ホール (新作)
・11月下旬~12月上旬 銀河劇場 (新作)

  * * * * *

あいにく細かい日にちまでは記憶できなかったのですが、ざっとこんな感じだったと思います! イベントの内容は後ほど…


blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

クリスマス ストーリー

今朝、編集社のかたから電話があり 「今のが終わったら、クリスマスストーリーを一本お願いできますか?」 と打診された。

クリスマス??? 来月じゃん!

…と思っていたら、来年のクリスマス用で来秋刊行予定のものだって。それなら納得。どうやらいくつかの作品を集めた短編集らしく、そのうちの一本を、ということだった。ページ数、約80頁。納期は1月末。原書は明日着で送ってくれるとのこと。今度はどんなストーリーかな~? それにしても今年のクリスマスもまだだというのに、もう来年のクリスマス用とは、出版社のかたたち大変だなぁ…

さて、明日はいよいよ FCイベントの日。blogを通じてお知り合いになったライファーさんのおかげで、無事参加できることになりました。本当にありがたいことです。その心優しいライファーさんから昨日連絡があり、待ち合わせ場所&時間を教えていただきました。遅れないように余裕をもって向かいたいと思います

…というわけで、今日一日、もうひとふんばり仕事がんばるゾーっ!


おまけ第二弾
先日のクリスマスツリーに続いて、雪だるまが登場しました~♪
(またしても、ちょっとピンボケ(^^;)

雪だるま


blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

Team Medical Dragon そのニ

昨日、新しく覚えた言葉:

・バーディーバー (-D-)
Rh+ でも Rh- でもない血液型。Rh- よりもさらに稀。
日本人20万人に1人。

・無輸血手術
英語では、surgery without blood transfusion


…ね、結構、勉強になるでしょう!?(笑)
詳しくは 『医龍2』 公式HP へ。


blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

Team Medical Dragon

今夜は、『医龍2』 がありますね~
先週、見逃したので今夜は絶対見なければ!

実を言うと連ドラは毎週見るのが面倒なので、一回で完結する火サス(もう終わったけど)とか土曜ワイドのほうが好きなのです。とはいえ、気になる役者さんや面白そうな内容のがあったりするとついつい見てしまう…。最近では、『ハケンの品格』 や 『花ざかりの君たちへ』 にハマってました。今は、大河ドラマ 『風林火山』 と、『医龍2』 です。

『医龍』 を見るきっかけは、昨年製薬会社で働いていたのですが、医療や医薬関係の(翻訳の)勉強を専門的にやったことがなかったので、少しでも仕事に役に立てばという非常に安易な考えからでした。ちなみに、『E.R.』 なんかも見てました。あ、もちろん、参考書とかも買ってちゃんと勉強してましたよ。でもですね、ドラマも意外とバカにできないのですよ。たしかにドラマですから100%信じきってしまうのは危険ですが、それでもどんな医療器具がどんなふうに使われているかとか、お医者さんや看護師さんがどんな会話をされているかを見たり聞いたりするのはとても参考になります。それになんと言っても、参考書を読んだりするのより面白い。でも繰り返し言いますが、ちゃんと勉強もしてましたよ。ドラマはあくまでも参考ですからっ

で、きっかけはそういうわけだったのですが、結局、ドラマ自体にハマってしまって、今クール 『医龍2』 は初回から見ております。そしたら、『花ざかり~』 に出ていた 山本裕典くん が出てくるは(2話、3話)、扉座の 高橋一生くん は出てくるはで、TVの前で思わずおぉ~っ と叫んでしまった(笑)

それに、関山藍果さんが歌うあの挿入歌がイイですね~♪ Studio Life の舞台でよく使われる Libera の少年たちを彷彿とさせるあの透き通った歌声が、心にすーっと染み込んでいくような気がします。


Aesthetic




Longing for you day and in dream
I'm hoping you are here and leading my way
You steers my road anytime I need
If you walk away, I will follow you

Trying my life
With your sacred gifts you gave to me
I won’t vain and succeed it as your precious soul
Holding your hand
And I'm walking through the all of the world
Carrying your wish like the Venus in the dim sky


blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

しゃばけ

畠中恵さん著 『しゃばけ』 がついにドラマ化されます!
体が弱い若旦那一太郎と妖(あやかし)が事件解決に乗り出す時代ミステリー。(わたしは勝手に、癒し系時代ミステリーと呼んでいますが



昨年、派遣で働いていたときの同僚が、第一弾 『しゃばけ』 を貸してくれて、即ハマりました。今年6月に第六弾 『ちんぷんかんぷん』 が刊行されましたが、わたしは文庫派なので今のところ第三弾 『ねこのばば』 止まりです。でも、今月28日にはいよいよ第四弾 『おまけのこ』 文庫版が刊行されるので、今から楽しみにしています^^

原作の印象は、宮部みゆきさんの 『本所深川ふしぎ草紙』 に似てるかなぁという感じ。でも、『しゃばけ』 のほうは子供が主人公なので、よりファンタジックな色が濃く、しかも病弱な主人公というあたりが、なんとも母性本能をくすぐられる(笑)

今回ドラマ化されるのは、第一弾 『しゃばけ』 と 第二弾 『ぬしさまへ』
個人的にはアニメで見たかったような気もしますが、妖役で 谷原章介さん早乙女太一くん が出演されるということでドラマのほうも楽しみになってきました!

放映日時
11月24日(土) フジTV 夜9時~11時10分


原作紹介
・第一弾 しゃばけ (単行本・文庫本)
・第二弾 ぬしさまへ (単行本・文庫本)
・第三弾 ねこのばば (単行本・文庫本)
・第四弾 おまけのこ (単行本のみ、文庫本は今月28日刊行予定)
・第五弾 うそうそ (単行本のみ)
・第六弾 ちんぷんかんぷん (単行本のみ)

・番外編 みぃつけた (ビジュアル・ストーリーブック)
柴田ゆうさんのイラスト入りで絵本タッチになっています。できれば先に、第一弾 「しゃばけ」 を読まれてからのほうが、より楽しめると思いま~す♪


関連サイト
フジTV しゃばけ → http://www.fujitv.co.jp/shabake/index.html
新潮社 しゃばけ倶楽部 → http://www.shinchosha.co.jp/shabake/


blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

執事ホテル 先行販売スタート!

カリニカ プロデュース 『執事ホテル』ファンクラブ限定先行販売 が今日から始まりました。(~11日(日) 23:59 まで) この期間に購入すると、FC限定特典写真が付いてくるらしい。

ライファーになって初の高根さんの外部公演、観に行くのは決まっているけど、なにぶん来年の2月のことなので予定が立たない。来月のことですらわからないというのに^^; しかもこの時期、セッキーの外部 LEMON LIVE vol.3 『Oh! クラウディア』 や、『カリフォルニア物語』 もあるんだよな…。(いったい、このわたしにどうしろと!?) でも、どうせなら特典の写真、欲しいしな~ というわけで、ただでさえ優柔不断なわたしは、またしてもぎりぎりまで悩むことになりそうです。

ところで、青木くんのblogによると17日のライブに、急遽、サポートギターで富士くんが参加することになったらしい。(青木くんは同郷なので、ついつい気になる…) ライブは今回が8回目とか。一回聴きに行ってみたいと思いつつ、まだ行ったことがないんだな…。今回、富士くんが参加ということで行ってみたい気もするけど、たぶん行けそうにないし、また次の機会を楽しみに待つとするか…。


おまけ
駅前のスーパー前に、クリスマスツリーがお目見えしました♪
(ピンボケですが、気にしない気にしない^^;)
ツリー


blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

Studio File

「TVぴあ」 で連載中の スタジオライフ 劇団員のミニコラムのタイトル
Studio File というらしい。今日、初めて知った。5月から始まったこの連載、これまでどんな人が登場したのかちょっと気になったのでまとめてみました。

  file 1. 曽世さん
  file 2. アラケン
  file 3. 吉田くん
  file 4. 芳樹さん
  file 5. マツシン
  file 6. 山さきさん
  file 7. 甲斐さん
  file 8. セッキー
  file 9. 船戸さん
  file 10. 姜くん
  file 11. 林さん

そして、次号(11/14発売) file 12は、ついに 深山さん のご登場で~す♪
実はわたくし隠れピロくんファンです。ていうか、トリクシーが好き それからミルキーウェイも。次号が楽しみだ~♪ (念のためライファー以外のかたのために補足させていただきますと、トリクシーというのは “Daisy Pulls It Off” というお芝居のなかの主役デイジーの親友。ミルキーウェイは、同劇団員同期の深山さんと楢原さんがFCイベントなどで組まれる漫才コンビ。ちなみに今年は新宿歌舞伎町シネシティ広場で開催された「スターコンテスト」に出場されました! 惜しくも優勝は逃されましたが、FCイベント以外で初の一般客の前での漫才、緊張されていたようですが、とても面白かったで~す)

気が早いですが、ピロくんの次は誰でしょうね~? Jr.7 だと大沼くんやミカシュンがまだだよな~。それとも Jr.1&ミルキーウェイつながりで楢原さん? それとも、そろそろオノケンとか大ちゃんあたりが出てくるのかな…。

おそらく高根さんではないだろう…。来年、『執事ホテル』 の前くらいに宣伝兼ねてご登場かな~。ていうか、高根さんもいつかは登場してくれますよね、ねっ!?


話は変わって朗報ですっ!
『女ねずみ小僧』 (今月、明治座で上演中) がお正月BSで放映されるらしい!

2008年1月2日(水) NHK BS2 午後0:15~
  新春 お茶の間招待席 「女ねずみ小僧 ~目明かしの女房~」
  詳細はこちら。→ NHK BSオンライン

そりゃあ、生で観られるにこしたことはないけど、今回は劇場へ行けそうにないのでTVで放映されるのは実に実に有難い。うれしいなぁ~ 楽しみだなぁ~ にっこり


『女ねずみ小僧』 にこだわる理由 → 劇作の横内謙介氏の作品が好きだから。


blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

3000Hits!

自分で踏んだみたい、3000Hits!
いつも見に来てくださるかた、初めてアクセスしてくださったかた、
本当にありがとうございま~すにっこり

「0003000」 って、なんかスゴク並びがよくて、嬉しくなって思わず更新してしまいました~

SHOCK

今、人生未曾有の財政危機に瀕しております。ていうのはちょっと大袈裟ですが、ふところが冷え冷えとしているのは事実でして^^;。これも当然といえば当然で、今年から在宅で仕事をするようになり収入が激減したにもかかわらず、観劇ペースは…多少落としてはいるものの、収入の減り方に見合っていない。いわゆる自業自得というやつです汗;

でもここへ来て笑ってもいられなくなり、とうとう本格的に観劇をセーブしなければならない事態がやって来ました。なんと、11月は観劇の予定が一本も入っていない…。カリギュラ は既に完売だけど、もし行けそうだったら明治座の 女ねずみ小僧 (横内謙介さん脚本)や、ウーマン・イン・ホワイト なんかも観にいきたいな~なんて思っていたけど、どうやら無理そう

そして、KinKi 光一くん主演の SHOCK 来年公演の申込締め切が明日なのだけれど、これも諦めの方向…ていうか諦める。もう決断した。

『SHOCK』 はヒガシが出演した初演は見逃したものの、以降~今年まで6年連続観てきたのですが、その記録もこれにて途絶えることに。でも、毎年 「これが最後になるかも」 などと噂されながらずっと続いてるし、この間、雑誌かなんかで光一くんが 「やれるまで続ける」 みたいなことを言っていたのを読んだので、再来年に期待して来年は断念することにします

思い起こせば今年の1月、生田斗真くんも出てたんだよな~。懐かしいなぁ。。。 『SHOCK』 に関しては賛否両論あるようで、わたしの知人のひとり(彼女もジャニーズファン)は、一回だけ観て、誰がなんと言おうと駄作、みたいなことを言っていてそれ以降は観に行っていないようなのですが、わたしは、誰がなんと言おうと好きなんだなぁ

そういうわけで今月はTVの演劇番組や過去に録りだめした芝居のビデオ、DVDなどで乗り切りたいと思います。そして今かかえている仕事を納品したあかつきには、来年(の観劇)に備えて本格的な財政の建て直しに取り掛かるのだ

blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

傾城反魂香

今日は文化の日。早いもので11月に入って、もう3日も経ってしまったのですね。先月は WHITE で盛り上がりすぎて、一本、観劇記を書きそびれてしまったので、今さらですが書き留めておきたいと思います。


三越歌舞伎三越歌舞伎
傾城反魂香 (けいせいはんごんこう)

作: 近松門左衛門
補綴・演出: 石川耕士
脚本・演出: 市川猿之助 

出演:
浮世又平    市川右近
女房おとく    市川笑三郎
狩野雅楽之助 市川段治郎
土佐将監     市川寿猿
土佐修理之助 市川弘太郎
銀杏の前    市川春猿
不破入道道犬  市川猿弥
狩野四郎二郎元信 市川笑也


序幕  近江国高嶋館の場・館外竹薮の場
二幕目 土佐将監閑居の場


感想は 「続きを読む」 からどうぞ。


Blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

続きを読む »

ALWAYS 三丁目の夕日

無事、派遣のおしごと終了いたしました~
たった2週間の勤務でしたが、ほんとに皆さんよい方ばかりで、帰り際、ご挨拶させていただきならが、なんとも胸にじんとくるものがありました。不慣れでいろいろご迷惑をお掛けしたにもかかわらず、本当に皆さん優しくしてくださいました。感謝感謝です。それと、わたしにとっては新しい業界で、いろいろと学ぶことも多く、とても勉強になりました。皆さま、本当にありがとうございました!!!

で、帰宅してから何気なく金曜ロードショーを見始めたのですが、いつのまにやらどっぷり浸かってしまった。

ALWAYS 三丁目の夕日

ほとんど内容を知らずになんとなーく見始めたのですが、いやぁ、ほんとに良かった~。またまた涙涙でした。とくに子役がいい! 淳之介くんや一平くん、なんてイイ演技をするんだ、彼らは。サンタクロースから万年筆をもらって、喜ぶ淳之介くんを見て、思いっきり号泣した。堀北真希ちゃんもかわいかった~。「花ざかり~」もよかったけど、今回の青森弁の女の子役もすごくあってた。

なにがどうっていう訳ではないんだけど、古き良き昭和、人間が人間らしく生きていた頃、今のわたしたちが失ってしまったものを思い出させてくれて、優しい気持ちになれる、ほんとうに温かくて素敵な映画でした。

続・三丁目の夕日 が明日から(日付がかわったから今日から)公開されるらしく、早速映画館をチェックしたら近所の映画館でもやるらしい。
落ち着いたら見に行こーっと。


ALWAYS 三丁目の夕日 ダイジェストはこちら。




ALWAYS 続・三丁目の夕日 のオフィシャルサイトはこちら。
http://www.always3.jp/


blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

くるみ割り人形

今日は くるみ割り人形 のあらすじを訳しました。依頼者の方のお話によると、ちょっとおどろおどろしい内容になっているとのことで、読んでみるとたしかに社会を風刺したようなストーリーになっていた。参考にといただいた資料によると、やはり独裁社会を風刺した内容になっているとのこと。読んだことはないのですが、『本当は恐ろしいグリム童話』 なんかは、こんな感じ? それから社会風刺という点では、ジョージ・オーウェル『動物農場』 とも似ているような気がしました。

実は、くるみ割り人形というお話をきちんと読んだことがないので正確なストーリーを知らないのですが、今日、頼まれたあらすじでは、最後、結婚した少女と王子になったくるみ割り人形が、ドロッセルマイヤー老人にウェディングケーキにされてしまうのです。実際にはこんなふうに書かれていました。

「砂糖菓子に姿を変えられた少女は、このまま王子様と一緒にお菓子の国で永遠に暮らすのでした。ただし、ケーキの周りでうろついている、いつも腹を空かせたねずみたちに食べられてしまわなければ。おしまい」

これって、どうよ!? 本当のくるみ割り人形は、王子になったくるみ割り人形と少女が結婚して、めでたしめでたし、ですよね、きっと?

解説によると、ドロッセルマイヤーが独裁者の象徴として描かれているとのこと。シュタールバウム家のクリスマスパーティーの場面で、ドロッセルマイヤーが 「豚の頭をのせた大皿を高々と持ち上げ、骨まできれいにしゃぶっている」 という既述があるのですが、ここを読んで、『千と千尋の神隠し』 の千尋の両親が豚の姿になったときの場面を思い出して背中がぞくっとした^^;


気をとり直して、くるみ割り人形 からメルヘンチックな 花のワルツ をどうぞ。




さて、あと2日、派遣のおしごと頑張ろ~っと


blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。