FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

直接講義

昨日、久しぶりに翻訳学校へ行ってきた。そして、凹んだ。。。 ま、ある程度は覚悟してたけど。。。 でも、やっぱこたえる。。。 結論から申しますと、まだトライアルを受けるレベルではないと言われた
*トライアルというのは翻訳試験のようなもので、役者にとってのオーディションみたいなもの。

昨年末たまたまロマンス小説のトライアルに受かって、今年からちょこっとずつだけどお仕事させてもらって、ちょっとイイ気になってたんでしょうなぁ~(反省) できればゆくゆくはもうちょっとかための本が訳してみたいなぁと思ってて、講義のあとずばり先生に訊いてみた…

   「トライアル受けてもいいレベルですか?」

ま、今から考えるとなんともオコガマシイというか自信過剰というか‥ 顔から火が出る思いなんですが。。。

以前は通学コースに通っていたのですが、経済的や時間的な理由で春先から通信に切り替えて、昨日の直接講義は今回の講座の締めくくりの講義だったのです。最初の2時間が、先月提出した最後の課題の解説、そしてあとの1時間は茶話会。で、終わってから今の自分の力がどれくらいなのか、もっと客観的に知りたくて、思い切って先生に訊いてみたのですが… 結果(トライアルを受けるのは)もう少し待ったほうがいいと言われました。。。 もう少し力をつけてからにしなさいと。 ハァ~

でも、凹んでてもしょうがないわけで。。。 茶話会のときに先生がおっしゃったのは 「なにか特別な勉強をするというよりは、とにかくたくさんの原書を読んでたくさん訳すことが大事」 ということ。先生は高校では多少英語が得意だったけど大学は英文科出たわけでもなく、結婚してから翻訳の通信、それから通学講座に通われたとのこと。特別なにかやったというわけではないけれど、翻訳学校時代から少しずつまわしてもらえるようになったリーディングや下訳をこなしながら、相当な量の原書を読み訳されてきたそうです。それに比べたらわたしなんてやっぱまだまだだもんなぁ~。凹んでる時間があったら 「読め、訳せ」 ってことだわね。

実は昨日は、今訳してるロマンス小説で先日提出したプロローグと第一章のフィードバックが返ってきまして、これまた赤入れ(実際は黒鉛筆だけど)がびっしり。だから、ダブルパンチだったわけです汗; でね、いつもなら凹むと現実逃避するためにすぐ寝るわけですが、昨夜はがんばった。すぐにフィードバックに目を通して、訳文を推敲した! ていうか、それが当然。それに締切りが迫ってて止むを得ずってこともあるけど。。。

とにかく凹んでるひまはなーいっ! 今日から再び奮起して、初心に帰ってがんばるゾーっ

そこで、わたしが好きな言葉、というかいつも励みにしている言葉をご紹介させていただきます。

  *  *  *  *  *

「…40歳過ぎても芝居を続けていられるのは、役者人口の数パーセントだと思うんですよ。その数パーセントに入るには技量はもちろんですが、芝居をやりたいっていう気持ちを持ち続けることが必要だと思うんです…(後略)」

  *  *  *  *  *

さて、誰の言葉でしょーか? ふふふっ


ブログランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード