FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

おがっち発見!

昨日、なにげなく検索してたら、フレッシュの緒方和也くんを発見しました~!
http://diary8.cgiboy.com/0/kanashiki/index.cgi?y=2004&m=12

でも、これだといまいちはっきりわからなかったので、さらに見てみると…
http://diary8.cgiboy.com/0/kanashiki/index.cgi?y=2004&m=10

これで確信しました~! かなり若いときか、新人のころの写真て感じがしますが、地元九州って書いてあるし、絶対これ、おがっちですよね~♪

STRAYDOG (ストレイドッグ) の 『悲しき天使』 というお芝居で、2004年末か2005年初めに上演されたみたいなんだけど、どんな感じだったのかなぁ。。。 観てみたかったなぁ。。。

*緒方和也くん(愛称、おがっち): 2007年、劇団 Studio Life 入団の新人劇団員くんです。よろしくですっ


ところで話はがらりと変わるのですが、わたしはよく 「凹む」 という言葉を使います。(もうお気づきのかたもいらっしゃるかと思いますが…^^;) 前回の記事でもかなり連発してました。では何故に 「落ち込む」 ではなくて 「凹む」 なのか? これはたんに 「凹む」 という言葉が好きなんですねぇ。ていうか厳密に言うと 「凹」 っていう漢字が好き。これ漢字っていうか、記号じゃん!?て感じですよねぇ~

以前、自動車部品メーカーで働いていたときに同僚から 「凹んだ~」 というメールが届きまして…。で、そのときその同僚から 「へこむ」 で変換すると 「凹む」 って出るんやで~と聞かされ、凹んでいた理由そっちのけで、このことでやけに盛り上がったのを覚えています。以来、ついついこの言葉を使ってしまう…。「へこむ」 と打って 「凹む」 に変換されるのがみょうに快感…。ハハッ、ばかだ、わたし…。というわけで、これからちょくちょくこの言葉(凹む)が登場するかと思いますが、どうか大目に見てやってくださいませ^^;

さて、しょうもないことをぐだぐだと書いてしまいましたが、前回の記事で最後にご紹介した言葉が誰のものかの正解は… ふふっ、せっかく考えてくださっているかたもいらっしゃるようなので、発表は次回にまわしたいと思いま~す♪ コメント欄にも書かせていただきましたが、ヒントは 「写真集」 ですよ~


ブログランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード