FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北辰斜にさすところ

映画 『北辰斜(ほくしんななめ)にさすところ』 を見てきました。

北辰「北辰斜に」 は、旧制第七高等学校造士館(七高。現、鹿児島大学)の寮歌のタイトルです。「――北辰とは北極星のことで、鹿児島市内からは北天の仰角31.36度に北極星を望むことができる。日々は流れ、時代は変転しても星の位置は変わらない。武骨ながらもロマンティストな薩摩人の心情と誇りを表現した歌詞といえる――(映画パンフレットより)」

映画は、戦前の旧制高校野球部のOBであるおじいちゃんたちの当時の回想シーンと、現在とを織り交ぜながら進んでいきます。旧制高校の個性的で熱い先輩のエピソード、仲間たちとの友情、戦争で失った友のこと…。男っぽくて、とても “熱い” 映画なんだけど、けっしておしつけがましくなくて、むしろ心地好く、心の奥底からなにか温かいものがじわーんと拡がっていく…そんな作品でした。映画のなかで三國連太郎さん演じる当時の野球部のピッチャー、伝説のエースが、孫に当時の思い出を語って聞かせるシーンがあるのですが、見ている側もちょうどそんな風に、おじいちゃんたちの話を聞いている孫になったような気分で映画を見ることができました。

わたしが生まれたときには母方の祖父しかおらず、その祖父も寝たきりだったので、なかなかお年寄りから話を聞くという機会がなかったのですが、この映画を見て、おじいちゃんに話を聞くというのはこんな感じなのかなぁと思いながら見ていました。野球がひとつのモチーフにはなっていますが、とくに野球好きではないかたにも楽しめる映画だと思います。心に染み入るとても素敵な映画でした。
星五つ!

東京は、シネマスクエアとうきゅう(新宿)にて1月25日まで上映中。その後、全国各地でも公開されるようです。詳しくは 『北辰斜にさすところ』 公式HP にて。

映画に野球指導として参加され、また出演もされている土屋士さんのほうで、ご本人からの映画製作体験感想や次回公演準備などの近況報告付きの特別鑑賞券を取り扱っておられるようです。詳しくは、ツチプロ公式サイト へ。


ブログランキングに参加してます! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。