ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の夜の夢 Lunaチーム

お久しぶりです。
気づけば4月もあと明日1日。
仕事に追われ、すっかり更新が滞ってしまいました。
その間、見にきていただいたかた申し訳ありませんでした。

感想UPするのが遅くなりましたが
先週、夏の夜の夢 Lunaチーム観てきました~♪♪♪

仕事に追われ、かなりへろへろな状態で観にいってきたのですが
いやぁ、やっぱよかった。
夏夜サイコー、岳大さんヘレナ&大ちゃんハーミア最強!(笑)

初演からのお馴染みのキャストはもちろんのこと
新キャストが新鮮でとてもよかったです。

まずはヒポリタ(マツシンくん)。初演の舟見くんもすごく綺麗で原作にはない、倉田さんオリジナルのヒポリタをとっても魅力的に演じてくれましたが、今回、ヒポリタとハーミアがWキャストということで、大ちゃんやマツシンくんがヒポリタを演ることで、新たに見えてきたものがあったと言っていましたが、観る側も、新たな発見がたくさんありました。とくにヒポリタの心情が、ハーミアと対照させることで、すごくよく見えた気がします。

初めのほうでハーミアが 「かせをはめられ望まぬ相手と……云々」 と言うあたりは、それを聞いているヒポリタはどんな気持ちなんだろうとか、舞台上でふたりが意味ありげに顔を見合わせるシーンなんかは、今回のWキャストでうーんと効果があった気がする。

新生ディミートリアス(ちゅうくん)。体当たりの演技で、とってもすがすがしく観ていて気持ちよかった~。

初演から引き続きのヘレナ&ハーミア。でっかかった~(笑) たしか初演のとき、こっちのチームは後方席でしか観てなくて(それでもじゅうぶんでっかくて迫力あったけど)今回、比較的前方席で観られたので、さらにでっかくアクロバティックで迫力あった~ とにかく、2年ぶりにあの最強コンビに会えてとってもうれしかった!にっこり

そして、なんと言ってもフィロストレイト!おがっち、よかったよ~~~~~!!!
はっきり言って、なんかもう保護者気分です。そんなもん要らんと言われてしまいそうですが^^; フィロストレイトはけっして出番は多くはないんだけど、妖精の世界の話で虚構性たっぷり、個性豊かな登場人物のなかにあって唯一地に足がついているというか、フツーというかで、初演のちゅうくんのフィロストレイトも大好きだったんだけど、今回は、ちゅうくんの若々しくてさわやかな好青年といったフィロストレイトに、温かみが加わった感じ。シーシアスとヒポリタが話しているとき、横でふたりをじっと見ながら話を聞いている雰囲気とか、二幕でアテナイ青年演劇団(?!)を温かいまなざしで見守ってる姿とか、くーっ、フィロストレイト、いいやつだ~! なんて心のなかでひとり盛り上がってました。いやぁ、おがっちの今後がほんとに楽しみです。マージナルでは意外と大役抜擢なんてあり得るかも、なんて予感を伺わせる好演でした。そして、ひそかに、おがっちユーリ&高根さんオスカーの共演を夢見つつ、ときおり勝手に妄想してにやにやしております  高根さんオスカー、そろそろちょっと厳しくなってきたか、なんて気もしないではないですが、笠原さんだって足掛け7年(?)はされてたんですから、まだまだいけるはず?!

ほかのキャストのこととか、まだまだ書きたいことはいっぱいあるのですが、時間的&スペース的な問題もあるので、泣く泣くこのへんで切り上げたいと思います。

あ、そうそう。最後に、意外に 「おっ!」 と思ったのがイジーアスの前田さん。ライサンダーやディミートリアスとの掛け合いには、おおいに笑わせていただきました。

いちおうDianaチームも観劇予定なのですが、冒頭に書きましたようにとにかく仕事に追われておりまして(GWも休み返上でずっと仕事です(泣))、しばらくのあいだブログをお休みさせていただきます。次回更新は5月中旬予定。Dianaチーム感想や、今回書きそびれたことなどをUPさせていただきたいと思いますので、もしよろしければそのころまたのぞきに来ていただけるとうれしいです。


  ―― ここはどこでもないどこか
      いつでもないいつか
      地にも妖精 水にも妖精
      木にも妖精が住むところ ――


それではみなさまよい夢&GWを~♪

スポンサーサイト

おがっち BD

劇団 Studio Life フレッシュ(未来の Jr.9)
緒方和也さま、お誕生日 おめでとうございま~す

フィロストレイト初日舞台は如何でしたか~?
本日の記念すべきBD公演もがんばてくださいね~

これから日々進化していく舞台、フィロストレイト・・・
来週の観劇日を今から心待ちにしております!

だからぜ~ったい怪我とかしないでくださいね。
先輩たちに囲まれて気を遣いつつ、いろいろと大変かもしれませんが
おがっちが心から舞台を楽しめるよう、
そしてもちろん舞台の成功も、心から祈っております。にっこり


ブログランキングに参加してます! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

夏の夜の夢 開幕!

いよいよ始まります♪♪♪
でも、わたしの観劇は来週までおあずけ。
でもでも、サンモールでもうやってると思うと、やっぱりわくわくドキドキする。
早~く来い来い、My 初日~♪
・・・などと唄いながら、待つことにしよーっと。

テンプレート、前のに戻してみた。
なんとなく、自分のなかでは夏夜のイメージなので。
でもって、星なんぞを降らしてみた・・・

あ、そうそう。
25日(金) NHK教育で 『恋する妊婦』 やりますね。
→ pm10:30~ 劇場への招待
リアルタイムではたぶん観られないから録画しなきゃ。

さて、これからもうひとふんばり仕事です。
身体のこと考えると、昼型に戻したほうがいいんだけど
追いつめられるとどうしても夜型になる。
やっぱ夜のが集中できるんだな。

ところで、夏夜開幕まで “カウントダウン” しておりましたが
ちなみにコレ、手動ではなくプラグインです。
たしか 「カウントダウン」 で検索してきたら出てきた。
もっと凝ったバージョンもありましたが、これがいちばんシンプルでした。
もしもご興味のあるかたがいらっしゃいましたら、ご参考まで。

そんなことより、夏夜!
東京公演後は→名古屋→大阪→そして6月21日の北海道大千秋楽まで
くれぐれもお怪我のないよう、みなさんがんばってくださ~い


ブログランキングに参加してます! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

皐月の舞台

夏の夜の夢』 東京公演開幕まであと5日!
こちらはこちらで待ちきれないのですが、そのあとも観たい芝居が目白押し。その上さらに今日、eプラスから 扉座 『お伽の棺』 のプレオーダーのお知らせが届いて、いまや頭のなかが半分パニック状態。

もともと芝居を観るきっかけになったのは扉座の 『新羅生門』(1993年)だったのですが、その翌年に観た 『お伽の棺』 で完全にノックアウト。とにかく衝撃的だった。以来、観劇街道まっしぐら。(『お伽の棺』 に関する過去記事はこちら。>> http://honyakugeki.blog113.fc2.com/blog-entry-30.html

それだけわたしにとって影響大だった芝居が再演されるという。『お伽の棺』 は云わば扉座版 『鶴の恩返し』 で、今回は韓国で開催される演劇祭に招聘され再演に至り、その凱旋公演。(だから、もうちょっと先だろうとのんびり構えていた・・・秋頃かなぁなんてね。ところがなんと来月とは! そら焦るわな) ということで、主役 “たず役=鶴” は現地のオーディションで選ばれた韓国人女性が演じる。このキム・ナムヒさんという女性、横内さんのブログによるとかなりエキセントリックなかたのよう。ますます興味をそそられる。

   『お伽の棺』 公演詳細はこちら。>> 扉座公式サイト
   横内さん公式ブログはこちら。>> 横内謙介Diary
    (4月9日付の日記で、キム・ナムヒさんのことを書かれています)

というわけで、五月は観たい舞台がいっぱい・・・

   阿佐ヶ谷スパイダース 『失われた時間を求めて
   扉座 『お伽の棺
   歌舞伎座 『團菊祭五月大歌舞伎
   Tsuchipuro 『おとこたちのそこそこのこととここのこと』 


でも、その前に夏夜。東京公演開幕まで、あと5日!
そして、納期まであと1ヵ月 ・・・大丈夫か、あたし。汗;


ブログランキングに参加してます! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

Studio Life 公式HP

最近充実してるのがとってもうれしい にっこり

カリフォルニア~の歌詞が公開されてるし(~4/16迄)
(原曲リストはこちら。>> カリフォルニア物語 劇中曲

TAMAGOYAKI のキャストが発表されたし
(昔の写真も掲載されてるのがとってもうれしい~)

そ・し・て――

チケット情報局についに、おがっち 登場!!!

先輩陣に囲まれて、ほとんどしゃべれんかったけど
(たぶん終わりらへん、ほんの2、3分くらい・・・)
それでも、うれしい~

おがっち、文学座の研究所にも行っていたらしい。
どおりで演技がしっかりしてると思った。(←ファンの欲目?!)

夏夜開幕まで、あと1週間――
劇団員の皆さん、がんばってくださいね!

Studio Life 公式HP はこちら。>> http://www.studio-life.com/


ブログランキングに参加してます! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

双葉のレッスン

うっほほ~い! (←かなりこわれています^^;)

たいへん失礼いたしました。つい取り乱してしまいました。

深山さんファンのかた、朗報ですっ!!!
6月の客演情報、わかりました!

そろそろ劇団HPで発表されるかなぁと待っていたのですが、先日送られてきた会報に同封されていた外部出演情報にも記載がなく、どうなってんだろうとムズムズしていたのですが、やっとわかった!

最近、甲津さんとの共演が多かったので、ひそかに今度の客演は流山児★事務所さんとこの公演ではなかろうかと読んでいたのですが、その読みがズバリ当たりました~

深山さん、下記の舞台にご出演です!


   『双葉のレッスン』
  6月11日(水)~17日(火) 下北沢 ザ・スズナリ
  ※公演詳細は、流山児★事務所 official website へ。




でも、その前に、夏夜 ですね~ 開幕まであと8日♪
深山さんのスナウトが観られないのは残念ですが――半ズボン姿の深山さん、そして、壁役も好きだったんだなぁ~ 「役者10年やってまぁ~す。壁やってまぁ~す」(←これが大好きだった )――船戸さんと牧島くんの新生スナウトに期待したいと思います。そしてもちろん、新フィロストレイトと新ディミートリアスにも!


桜 ブログランキングに参加してます! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

じょうわんにとうきんけん

少しあいてしまいました。その間、せっかくのぞきに来ていただいたのに、からぶりに終わられたかた、申し訳ありませんでした。

実は2ヵ月ほど前から左腕のつけ根あたりに痛みを覚えるようになり、ま、寝違えか、知らない間にひねったかで、普段の生活にとくに支障があるわけでもなし、時間が経てば治るだろうと放っておいたのですが、いくら経てどもいっこうによくならず、心なしか以前より痛みが増してきているような気もして、着替えたり、朝起きたりしたとき、これがけっこう痛い。

近ごろTV やなんかで 『本当はこわい~』 といった類の様々な病気関連の番組が多く、はたまた仕事でいろいろな疾患の症例を読んだりしているので、もしやなにか厄介な病気ではなかろうかと少々気になりだし、ついに病院へ行くことに。

ありがたいことに、もともと健康体でとくに大病を患ったり骨折したりという経験もなく、健康診断と歯医者以外、これまでほとんど病院というものにお世話になった記憶がありません。なもんで、上京して4年以上になりますが、健康診断以外で病院へ行くのはこれが初めて。どの病院に行けばいいのか、そもそもどこに病院があるかも知らず、結局、以前健康診断でお世話になった病院へ行ってきました。

いったいなにをされるのだろうとか、怖い先生だったらどうしようとか、注射待ちの小学生になったような気分でおそるおそる診察室に足を踏み入れたわけですが、幸い優しそうな先生で、腕を上下左右に動かしたり、押したり引っ張ったりされた後、レントゲンを2枚撮ってもらいました。その結果――

  先生  「ニトウキンケンの炎症ですね」
  わたし 「にとー・・きん・・・???」
  先生  「はい、(上腕)二頭筋腱です」

というわけで “(上腕)二頭筋腱” の炎症と診断されました。わりとよくみられる疾患だそうで、これといってすぐに効き目のある治療法はないらしく、そういう意味ではなかなか厄介らしい。しばらく湿布か塗り薬で様子をみて、だめなら飲み薬、それでもだめなら注射、それでも効かない場合は別の要因が考えられるので再検査になるとのこと。で、湿布を貼るようになってそろそろ1週間経つわけですが、んー、あんまり変わらん。ていうか、前より痛くなってきたような・・・。うーっ、でも注射はヤだなぁ~

先生曰く、“ン十肩” の症状も出ているかも、でも万歳ができるからちがうかもしれない。ただその可能性も完全には否定できない、とのこと。

やれやれ、しばらくのあいだ、この二頭筋腱炎とやらとつきあっていくことになりそうです。

久々の更新だというのに、芝居とも翻訳ともまったく関係のない話題で失礼いたしました。


桜 ブログランキングに参加してます! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ
翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。