ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マージナル 閉幕

昨日、マージナル 大千秋楽 uterusチーム都市編を観てきました☆

1ヶ月前、初日wombチーム砂漠編を観たときにはストーリーについていけず、なんとなく置いていかれた感があったのですが、その後、都市編を観て、さらにuterusチームを観て、原作を読み・・・と、今ではすっかりマージナルの世界にハマってしまっています。

あれから何人かに、“原作読まずに観劇した” と話したら、決まって “チャレンジャーだね” という答えが返ってきた・・・。観方は人それぞれで、原作を先に読んで(あるいはもともと原作のファンで)それがどんなふうに舞台化されたか観てみたいと言う方も多いと思うのですが、わたしは、前にも書いたかもしれませんが、できれば先入観のないできるだけ真っ白な状態で舞台を観たいという思いがあり、いくらチャレンジャーと呼ばれようとも、“原作は観劇後” のパターンはたぶんこれからも変わらないだろうなぁ~

とにかく知れば知るほど壮大なストーリー。頭のなかや胸のなかではいろんな思いが渦巻いていますが千秋楽終わったばかりで、ミカシュンじゃないけど、ちょっと放心状態・・・(千秋楽のカテコでミカシュンがそう言っていた) ただでさえまとめるのが苦手なのに、今はそれに輪をかけてまとまりません・・・ご容赦ください。

いつまでも余韻に浸っていたい気分ですが、実は納期が迫っていて残念ながらそういうわけにもいかず・・・。というわけで、マージナルのことを考えるのは夜お布団に入るまでおあずけにして、これからお仕事モードに切り替えます。

マージナル開幕したころはまだ暑かったのに、この週末でいっきに秋めいてきました。
体調くずさないよう気をつけないと。

劇団員のみなさま、すてきな舞台をありがとうございました!
次回、銀河劇場での公演も楽しみにしております!
長きにわたる公演、ほんとうにお疲れ様でした!

p.s.
千秋楽公演では終演後、芽が出るしおりの代わりにat homeさんのクリアファイル(大ちゃんとマツシンくんが載ってるやつ)が配られていて、ついに、おがっちからもらえた 超幸せ~

スポンサーサイト

ここはグリーン・ウッド

関東では日曜深夜放送でした。オノケンが出てましたね~♪
最近ちょこちょこ Studio Life の面々がTVドラマに出演されていて、でもたいていワンシーンだけとか台詞もあっても二言三言程度で、今回もそれほど期待はしていなかったのですが、オノケンはいっぱい出てました~ それに台詞もいっぱいあった。なんといってもメインキャストのひとり手塚忍くんのお兄さんですから!

グリーン・ウッドは、執事ホテルで高根さんと共演された大口兼悟さんが出演されているので(主役の蓮川一也くんのお兄さんで、保健室の先生役)ときどき見ていたのですが、大口さんの出番が少ないし近ごろは見たり見なかったり・・・。で、今回はオノケンが出演するというので、久しぶりに最初から最後までびっちり見ました! オノケンて、ああやって真面目にやるとやっぱ男前ですよね~ ライフではすっかり三枚目キャラが定着してますが(笑)

ここはグリーン・ウッド、期間限定ではありますがネットでも見られます。今週放送分は来週あたりから配信されるかと思います。地方各局の放送日は公式サイトにて。
>> ここはグリーン・ウッド 動画GyaO
>> ここはグリーン・ウッド公式サイト


話は変わってセッキーの外部出演情報が発表されましたね~
でも公演日が掲載されていなかったので、調べてみました!
それから来年のURASUJIも日程が決まったみたい!

ひよこ Studio Life 関戸博一さん ご出演
Nsquare 5th Produce 『ジパング ファンタジオーソ(仮)』
日程: 2009年1月14日(水)~ 1月18日(日) 
劇場: 吉祥寺シアター
チケット: 全席指定 前売・当日共 ¥4,800/バルコニーシート 前売・当日共 ¥4,000
      ※11月15日(土)前売開始予定

あらすじ:
外国から流れてきた妖怪たちが、息を潜めて暮らす古い洋館へ
ある日、悪霊払いを生業とする男がやってきた。
男は目の前に「本当のモンスター」たちがいるとも知らず、
彼らを捕まえると豪語するのだが、 悠久の時間に飽きていた住人たちは、
男が本当に妖怪を捕まえることができるか賭けをする・・・!
果たして・・・?

同出演者のLuke.C(ルーク)さんのブログ参照させていただきました。
>> http://ameblo.jp/lukec/


ひよこ Studio Life 岩崎大さん ご出演
敦-杏子プロデュース 『URASUJI Ⅲ 寵愛(ちょうあい)
日程: 2009年1月21日(水)~ 2月1日(日) 
劇場: 下北沢 ザ・スズナリ
チケット: 一般前売り(各プレイガイド)11月22日(土)
      先行予約 11月15日(土)~11月18日(火)予定

作・演出:松村 武(カムカムミニキーナ)
出演:深沢敦・杏子/池田有希子・西村直人・岩大・森貞文則・藤田記子他
ゲスト:倉科カナ(Wキャスト)・森那月(Wキャスト)・明星真由美

今後の情報は中村ステージプロダクション公式HPより敦-杏子プロデュースにて。
>> http://www.stage-mura.jp/

マージナル 2

先週 wombチーム都市編、そして昨夜 uterusチーム砂漠編 を観てきました♪

初日、wombチーム砂漠編を観たときにはいまひとつ物語についていけなかったわたしも、都市編を観て砂漠編で謎だった部分が解明され、昨夜別のキャストで改めて砂漠編を観てさらに深みにはまり、観れば観るほどこのマージナルの壮大な世界観に圧倒されております。

そしてこの作品を20年も前に描かれた萩尾先生の頭のなかはいったいどうなってるんだ? はたまたこれを舞台化してしまう倉田さんでやっぱりすごい、と凡人のわたしはただただ驚嘆するばかり。

まず都市編はミカルとメイヤードを中心に展開されると聞いていたので、ある程度予想してはいたものの、砂漠編でお気に入りだった笠原グリンジャと仲原アシジンの出番が予想以上に少なく、ちょっと淋しかった。でもその分、ミカルやメイヤード、エドモスにエメラダがしっかり描かれていたので、砂漠編でなんとなくぽっかり空いていた穴が埋まってすっきりした感じ。

都市編で印象に残っているのは、吉田くんのナースタース。砂漠編ではたしか1回しか出てこなくて、しかも原作を読んでいなかったからカンパニーの人間というのがよくわからなかったんだけれども、都市編を観てこの謎も明らかに。ドリアングレイのときのヘンリー卿の従妹?役もそうだったけど、ナースタースのように気が強くて高慢なところがあって、でもって品のある女性役は吉田くんにぴったり。あの堂々とした演技ぶり、貫禄はお見事でした。メイヤードの死を知らされたときのナースタースには、思わず喉もとにこみあげてくるものがありました。

都市編を観てすぐ思ったのが、あぁ早くもう1回砂漠編が観たい! 笠原グリンジャと仲原アシジンをもう1回がっつり観たいというのもありましたし、都市編でようやく話の流れがつかめたので(遅すぎっ^^;)もう1回、グリンジャ&アシジン&キラを中心に観てみたいと思ったから。というわけで、wombチーム砂漠編、我慢できずに急遽来週のチケットも予約してしまった^^;

でもその前に、昨夜はもともとチケット購入済だったuterus砂漠を観劇。こちらはメインの3人がなんとなく想定内のキャスティングだったので、wombのときのような観る前の新鮮さはなくドキドキ感も少なめだったのですが、いざ始まってみると、いやぁマツシンキラ、流石でした。ただ可愛いとか、そういう見た目だけではなく、まさに夢の子供だった。うまく説明できないのがもどがしいですが、あの透明感とか、せつなさ感とか、グリンジャとアシジンにひしとしがみつくシーンは思わず胸がキュンとなりました。トーマの心臓のエーリクや数々の女性役をされてきた経験が、きっと活かされているのでしょうね。それにしても可愛かった

大ちゃんアシジンは、もう“まんま”(笑) 月の子のアートやOZのムトー同様、コミックのヒーロー役に大ちゃんはぴったりです。月の子のアートを思い出しふと思ったのですが、姜くんアシジンも観てみたいなと。そういえば、このあいだたまたまシバトラ見てたら姜くんが出ていて、人を何人も殺した少年役で、どすのきいた声でしゃべってて、花ざかりのオスカー寮長と全然違ったから、最初は 「えっ、姜くん!?」 と半信半疑だったのですが、よく見たらやっぱり姜くんだった。話を戻して、もし叶うならいつか笠原グリンジャ&姜くんアシジン&マツシンキラも観てみたいです。

まだuterus都市は残っていますが、3パターン観て思ったのは、やっぱり原作読んでないとちょっとわかり難いのでは?ということ。読んでない人は少なくとも両編観ないと片方だけではわからないんじゃないかしら?と、いらぬお世話かもしれませんがちょっと心配してしまいました。

逆に言うと観れば観るほど物語の世界観の壮大さがだんだんわかってきて、やみつきになるかも。砂漠編観たら都市編観たくなるし、都市編観たらまた砂漠編が観たくなる・・・。個人的には、エンディングは砂漠編のほうが好きかな。だからもしかすると、都市編→砂漠編で観たほうがおもしろかったかも。“もしかすると”の話をしてもしかたないですけれどね。

涙もろいわたしはライフの舞台ではしょっちゅう泣かされているのですが、今回は、じわっと目に涙が浮かぶことはあっても、まだそれほどハンカチが濡れてないです。泣くというより、今回は瞳孔が開きっ放しという感じ(笑) 知らぬ間に食いつくように舞台を観ています。それだけ惹きつけられるストーリーということなのでしょうね。

終演後のしおり配りは、先週も今週もやっぱり神野くんと原田くんだった。ほかのメンバーのときもあるらしいので、よほどわたしはこのふたりと縁があるらしい・・・。でも昨夜は終演後物販にジャック(科学者)の衣裳のおがっちがいて、思わずワッペンと猫キラポストカードを購入。ワッペンは科学者の衣裳の袖に付いているのと同じものだったので、記念に買っちゃいました にっこり

 08-09-19_猫キラ

それから昨夜の開演前の場内アナウンス、誰の声だろう?と思っていたら、笠原さんだった~! もうびっくり。聞き慣れない声だなぁと思ったんだけど、あれはきっと笠原さんだったはず。

8月末から始まったマージナルも残りあと1週間ちょっと。
劇団の皆さま、千秋楽までがんばってください!

ラストゲーム 最後の早慶戦

マージナル はついに都市編も開幕し、今日からは砂漠編・都市編交互に上演されるわけですが、わたしはちょっとマージナルをお休みして、先日久しぶりに映画を観てきました。

 ラストゲーム

観たのは、演劇ユニット Tsuchipro主宰 土屋士さん が野球指導として参加された
ラストゲーム 最後の早慶戦

土屋さんのブログでロケ日記を拝見したり、テレビCMを見たりして、観る前からかなり盛り上がってはいたのですが、映画が始まってすぐ

  「野球(ベースボール)、生きてわが家(ホーム)に還るスポーツ。」

この一文がスクリーンいっぱいに映し出され、なんて意味の深い言葉だろうとのっけからいきなりぐっときました。

そして、「戦争は俺にまかせて、お前は野球をしろ」 と弟に言い残し戦地へ向かう兄、息子を戦地に送り出さなければならない母親(富司純子さん)、戦地に行く前になんとかして試合をさせてやりたいと願う早稲田野球部顧問(柄本明さん)と慶応義塾塾長(石坂浩二さん)、「戦争へ行くのがこわい」「死ぬのがこわい」と思わず正直な気持ちを仲間に吐露する若者・・・

途中からハンカチが手放せませんでした。

ラスト、試合が終わり、両校の野球部員たちが握手を交わしながら「戦場で会おう」と言っているのが、もうなんとも悲しくてたまらなかった・・・

この映画は実話がもとになっていて、最後の早慶戦が行われたのが1943年10月16日。10月25日には徴兵検査が始まり、12月1日には陸軍入営と、グラウンドで握手を交わしている学生たちのその後のことを考えると、ただただ悔しいのと悲しいのとで胸がいっぱいになりました。

二度と戦争を繰り返さないために、今の自分になにができるのかわからないけれど、まずはこういう作品を観て自分なりにいろいろ考えて、そして人に「映画よかったよ」と伝えて、こういう作品をひとりでも多くの人に観てもらうことから始めてみようかなと思います。


関連サイト
>> 映画 「ラストゲーム 最後の早慶戦」 公式サイト
>> 土屋さんのブログ 「ツチブログ」 ※ロケ日記が掲載されています。

関連お薦め映画の過去記事
>> 北辰斜めにさすところ
>> 出口のない海

at home スペシャルコラム

第2弾がUPされていた にっこり  

ムフフッ

>>at home web
※画面右 「新着情報」 より 「アットホーム協賛!劇団Studio Lifeとコラボ企画!」 へ
 Let's Go♪

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。