ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星花園

今月の初め、華流アイドルグループF4の初来日コンサートに行きました~♪
妹の付き添いとかいいながら、けっこう本気で楽しんできちゃいました^^

ライブ自体がたぶん5年ぶりくらい(横浜アリーナのKinKi剛くんのソロコン以来)だったのですが、いやぁライブはやっぱイイですね^^

お芝居とはまた違って、一緒に歌ったり踊ったりしていろんなものを発散できます(笑)

武道館は初めてで、席はスタンド2階だったのですが、大阪城ホールや横浜アリーナのような会場を想像していたので、思いのほか舞台が近く思えました。傾斜もかなりついていたので前の人の頭も気にならなかったし、(F4が)リフトに乗って上がってきてくれたりするのでよく見えました。(熱烈なファンの方には不満だったかもしれませんが・・・)

席の良し悪しもあるけれど、なにしろライブ自体が久しぶりのわたしにとっては、あの会場の雰囲気を味わうだけでじゅうぶん興奮いたしました。

それと今まで日本人アーティスト(主にはジャニーズ系ですが^^;)のライブしか行ったことがなかったので、外国人アーティスト、しかも台湾人アイドルというのは、とにかく新鮮でした。

当然ながら歌もトークもほとんど中国語だったのですが、なぜか観客は理解していて(恐るべしF4ファン!)笑うとこは笑い、盛り上がり、歌も会場じゅう大合唱♪という、今から思えば不思議な空間だったなぁ。。。

我が妹も(F4の歌を)カラオケでは何回か歌っているそうですが、あそこまで思いっきり歌ったのは初めてで気持ちよかったぁ~と申しておりました。

わたしはというと、妹が持参したDVDやCDなんかでライブ前夜にちょこっと予習した程度でほぼ付焼刃状態。それでも曲自体がとてもなじみやすくて、当日はいかにも昔から知っているかのように、大勢のF4ファンの方々と一緒に盛り上がってました。

F4は日本でいうところのSMAPのような存在らしいのですが、たしかにメンバー4人、それぞれが個性的で、みんなカッコよかった~^^

ヴァネスはアメリカ暮らしが長かったとかで、中国語よりも英語のほうがぺらぺら。ケンも英語ができるそうで、ふたりともMCは英語で話してくれました。で、思い出したんですけど、そういえばわたし、アジア系で英語ぺらぺらな人に弱いんですよね~ 今回もご多分にもれずときめいちゃいました。

ジェリーとヴィックはソロで日本語の歌もうたってくれました。ジェリーが平井堅の瞳をとじて、ヴィックが尾崎のI Love You
いやぁ、両方とも泣きそうになった。。。 
MCでもときどき日本語で話してくれたんですけど、よく考えたら、わたし、外国人の方が日本語を一生懸命話す姿にも弱いんですよね~

というわけで4人みんなにときめいちゃいました(笑)

で、今さらながら流星花園見ています♪
近所のレンタル屋へ行ったら、シリーズⅠが全部貸出ちゅうだったので、いきなりシリーズⅡから。DVD2枚分(第6話まで)いっきに見ちゃいました~

これまた歌がよいのですよね~ コンサートでも歌ってくれたので、曲を聴くたびにあのときの会場の雰囲気がよみがえってきます。

流星花園Ⅱ
♪オープニングテーマ >> Can’t Lose You
言うまでもなく中国語の歌詞はぜんぜんわからないので、ベイビーベイビー~♪のところだけ、ここぞとばかり熱唱しております(笑)

♪エンディングテーマ >> Season of Fireworks
このしっとりした感じが、とてもステキ~♪


そして、10月25日にはヴィック主演の映画が公開されました!
来週か再来週あたり観にいくつもりなのダ

ヴィック主演映画 >> 『僕は君のために蝶になる』 公式サイト


妹と会うのは去年のお正月以来で、約1年9ヶ月ぶり。久しぶりにいろんな話ができて嬉しかった~ それにしてもまさかお互いこの歳になって台湾人アイドルのライブへ一緒に行くことになるとは(笑) でも次回は妹の付き添いとしてではなく、わたしも一ファンとして行くことになりそうです。妹には、時間があるときに中国語の歌詞にふりがなふっといて~と頼みました(笑)

F4に関する過去記事はこちら。>> http://honyakugeki.blog113.fc2.com/blog-entry-162.html

スポンサーサイト

鎌倉

08-10-25_10-58.jpg 昨日は鎌倉へ行ってきました~♪
 ここ最近室内にいることが多く
 はたまた都会の喧噪にちょいと疲れ気味だったので
 都外へ脱出して、ぶらーっとのんびりしたかった。。。
 鎌倉って、もっと遠いのかと思っていたら意外と近かった。
 
 朝9時、友人と品川駅で待ち合わせ。
 そこから鎌倉まではJR横須賀線で約1時間で行けました^^

鎌倉といえばやっぱりまずは大仏さまでしょう、ってことで早速大仏さまがいらっしゃる高徳院へ。高徳院までは鎌倉から江ノ電に乗って3つ目の駅長谷駅で下車。そこからてくてく歩くこと、約10分。いらっしゃいましたよ、大仏さま。
わたしたぶん鎌倉の大仏さまを拝むのは初めてなのですよね~ 感動しちゃいました^^
08-10-25_11-11.jpg 08-10-25_10-59.jpg

たまたま先日クイズ番組かなにかで知ったのですけれど、鎌倉の大仏さまも、もともとは大仏殿のなかにいらっしゃったそうで、でもあるとき大仏殿だけ津波で流されちゃったんだそうです。大仏さまの周りを囲むようにして並ぶでっかい切り株のようなものは、大仏殿の柱の跡なんだそうです。

大仏さまのあとは、長谷寺へ。
観音様を拝んだあとは、ちょいと小腹が空いたのでお団子を食べることに。
境内からの湘南の眺望も最高でした~!

長谷寺のあとは、ふたたび江ノ電に乗り、満福寺のある腰越まで。
満福寺は、源義経が兄の頼朝に鎌倉入りを拒否され、ここで逗留し兄に宛てた手紙(腰越状)をしたためた場所として有名。義経ファンとしては、やはり一度は訪れてみたいところ。

満福寺は腰越駅からは徒歩3分ほど。
江ノ電の踏切をわたり階段を上っていくと、猫ちゃんがお出迎えしてくれました^^
08-10-25_12-56.jpg 08-10-25_12-57.jpg 08-10-25_12-57~00 08-10-25_13-41.jpg

続きを読む »

容疑者Xの献身

 容疑者X

今日は部屋の掃除も、と思っていたのですが、久しぶりに仕事から解放されたものだから、すっかりだらけてしまい、結局洗濯をすませたあと、今月の初め頃に録画しておいたガリレオの特番を見ちゃいました。

面白かったです^^

ガリレオはドラマのほうは全然見てなくて、出演者も福山雅治さんと柴咲コウさんくらいしか知らなかったのですよ。特番では若き日の湯川を三浦春馬くんが演じていたのですね~ 最近、春馬くん好きなので、思わずニンマリ。ブラッディ・マンデイもかなりお気に入りです。

話がそれましたが、そんなわけで映画のほうも誰が出演されているか全然知らなくて、いきなり長塚圭史さんが出てこられたときは、びっくりしちゃいました。でもって嬉しかった。長塚さんも好きなもんで^^ あの役の長塚さんは、あまりにも原作のイメージのまんまだったからびっくりした。草薙役は北村一輝さんだったのですね~ なんも知らんと観にいったのばればれです^^;

ここからはネタばれありです。ご注意ください

おおかた原作を読んでいたので、ストーリーはだいたいわかっていたのですが、それでもじゅうぶん楽しめました。観る前は、石神役は原作のイメージからするとちょっとカッコよすぎるのでは?と思ってましたけど、さすがは堤さん。あの悲愴感とか疲れた感じは、まさに石神そのもので、ラストは涙をそそられました。

結末は映画を観るまでとっておこうと、原作はちょうど石神が自首したところで中断していたのですが、まさか、あんなトリックが隠されていたとは

観終わったあとはマクドへ行ってコーヒーをすすりながら、早速原作残り60頁をいっきに読みました。

石神を見ていて、ふと白夜行のリョウジを思い出しました。自分は陰となり、ひたすらユキホのためだけに生きるリョウジと、愛する人のためにつくす石神の姿が重なって見えました。東野さん、実はこういう純愛が好きなのですね・・・

ミステリーは好きだけど、容疑者Xはただの謎解きだけではない、そこに深い人間の業とかも描かれていて、普段は感情、ましてや愛というものとは無縁のように見えるガリレオ先生が、旧友のことを思い苦悩する姿には心を撃たれました。福山さんの湯川、イイですね~ 同じ探偵ものでも、個人的には古畑よりもガリレオのほうが断然好きです^^

引き続き 『探偵ガリレオ』 『予知夢』 も読みたいと思います!

このあいだ本屋に「東野圭吾全文庫目録」なるものが置いてあったのでもらってきまして、これを機に東野さんの未読の本を少しずつ読んでいこうかと思い、先ほど早速Amazonでデビュー作の放課後を注文しました!

これで京極堂シリーズは、またしばらく遠のきそうです^^;

『容疑者Xの献身』 お薦めです!  五つ星!

復活!!!

約3週間ぶりの更新となってしまいました。。。
その間のぞいてくださったかた、申し訳ございません。
今日からまたぼちぼちUPしていきたいと思いますので、よろしくお願いします^^

マージナル千秋楽のあとから最後の追い込みに入り、なんとか月曜日に脱稿・・・ていうか厳密に言うと火曜の午前3時ごろ。でもって昨日今日とハケンのお仕事をこなし
今日ついに、ず~~~~~~~~~~~~っと観たかった
『容疑者Xの献身』を観てきました!!!

もともとはですね、映画というより原作の小説をずっと読みたいと思っていて、ロマンス小説の仕事が終わったら、と思っていたのですが、結局我慢できず読み始めてしまいまして・・・。そしたらこれが面白くって面白くって。で、その頃くらいからTVで映画の予告編が流れ出し堤真一さんが出演されることを知り(堤真一さん、好きなんですよネ~)はたまた、あの予告編がものすごくよくって、どうしても映画も観たくなり、脱稿したら絶対観にいこうと心に決めていたのです。

でもって映画を観にいくと決めたものだから、結末はお楽しみにとっておきたくなって、残り60頁くらいは読まずにずっと我慢しておりまして、火曜水曜はハケンの仕事ちゅう、結末が気になって気になってしかたがなかった・・・。

いやぁ、映画はですね予想以上によかったです! もう一回観たいくらい~

今夜はここ数日の睡眠不足のせいか早くも睡魔がおそってきたので、感想はまた明日改めるとして、とにかくねよかったです・・・ていうか切なかった。ハイ、また泣いちゃいました。詳しくはまた明日。

そうなのです、明日は久々なにも予定のないお休み日。わ~イ♪
お天気はいまいちっぽいからお布団は干せないにせよ、とりあえず片付け、洗濯して心身ともにリフレッシュしたいと思います♪
翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。