FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

この夜の終わりの美しい窓

  タイニイアリス

続きまして、深山さんご出演の この夜の終わりの美しい窓

先に観た知人から、深山さんのイイところがいっぱい出てるヨ~との前情報をいただき、ルンルン気分でタイニイアリスへ♪

そうしたら、なんと幕開きしょっぱなから、深山さんがピンでご登場!!
スポットライトに照らし出された、シェイクスピア夏夜のパックを白くした感じの衣装を身にまとい、金髪にこれまた白いレース?飾りをつけた深山さん。きゃーっ、めちゃくちゃお似合いなんですけどぉ~

              

 ~ ストーリー ~
(時代は、主役の “姉” の衣装から察するに中世っぽい感じなんだけど、途中、スパンコールのタイトなミニのワンピースを着た人とか登場するから、いまいち不明)

昔大女優だった母親が、今も当時の栄光が忘れられず、かつて主演した映画 「Kiss me again, Stranger」 のなかで生きて、愛するストレンジャーを待ち続けている(このあたりは、リリーズの伯爵夫人に似てる)。“姉”は母親に振り向いてもらいたくて、売れない役者を雇い、偽のストレンジャー(黒のストレンジャー)に仕立て上げ、彼に母親を裏切らせたあと、母親が悲しんでいるところへ自分が本物のストレンジャー(白のストレンジャー)として登場し、母親の気を引こうとする。だが、しかし、、、。

              

主役の“姉”を宝塚出身の 妃宮麗子(ひみやれいこ)さん、ストレンジャーを四季アクターズスタジオ出身の 縄田晋(なわたしん)さんが演じられたんだけど、とにかくこのお二人の、とくに妃宮さんの声量がすばらしくて(衣装も中世のお姫様のドレスみたいだし)、タイニイアリスのあの小さな空間がまるでミニチュア版宝塚みたいになってました。

深山さんは、空想のなかで生きる母親や、母親の愛情に飢えて苦悶する姉の、心の世界(夢)を操る(たぶん?)妖精みたいな役どころ。当パンによるとタナトスという名前らしい。

深山さんのソロもありましたヨ~♪ 2月のイベントはお昼のみの参加だったので、夜の部のSMAPを聴き逃していましたから、歌声を拝聴するのは今回が初めて。妃宮さんや縄田さんにはもちろんかなわないけど、でもなかなか健闘されてました^^

カーテンコールでは、いきなり深山さんの瞳に光るものが。それを見て、こちらも思わずもらい泣き。久しぶりの観劇ハシゴで疲れ気味で、足やお尻も痛かったのですが、これでいっきにふきとびました。終演後、劇場外まで出てきてくださったので、少しだけお話させていただくことができました そこで涙の理由を伺ってみると、妃宮さんの歌を聴いたら、たまらんよーになってもた、とのこと。こんなに長く(役者を)やってるのにね、と照れくさそうにおっしゃっていたのが印象的でした。深山さんのこういうところが、きっとわたしは好きなんだと思います。

実に贅沢な1日でございました。
明日は(ていうか、もう今日だけど)、がんばって勉強しよーっと。
スポンサーサイト



WEST SIDE STORY

  westsidestory.jpg

リカ初日感想に、たくさんの拍手をいただきありがとうございます^^
感想というか個人の雑感ですが(^^;
こんなことなら、もっときちんとまとめて書くんだった。。。

さて、本日は(リカをちょいとお休みして)豪華ミュージカル二本立て。しかも両方とも千秋楽♪
あぁ、なんて贅沢なんだろ~

まずマチネは、ブロードウェイ・ミュージカル West Side Story

ソワレは 深山さん ご出演の この夜の終わりの美しい窓

かたやキャパ2000席以上のBunkamuraオーチャードホール。かたや100席強の新宿タイニイアリス。
まったく対照的な公演でしたが、それぞれに良さがあり、根底に流れるものは同じなんだなぁと感じた次第です。

まずは、West Side Story から。

このblogでも何度か書きましたが、わたし、とにかく West Side Story が大好きなのです♪ それも絶対舞台版! ずいぶん前にレンタルで映画版を観ましたけれど、たしか途中で観るのをやめたような記憶があります。舞台と比べると、なんかやっぱり物足りなくて。

まず、プロローグ が流れてきた時点で、ざわざわと鳥肌が立ってきます。

最初の台詞、トニーの弟分リフの 「Beat it!」
これが、なぜかわたしのなかではこんな感じという声のイメージがあって、今回それとずれていたので、ちょっと残念だったのですが、でも、そんなイメージとぴったりの声が聴けるほうがまれなのですから仕方ないですよね(^^;

あとはもうお馴染みのナンバーがどんどん続くわけですが、ふと、字幕の存在を忘れていたことに気づく。べつに字幕見なくてもわかるとかそういうのじゃなくて、West Side Story はもう何回も観てるからストーリーが頭のなかに入ってるんですよね。それにこの作品の醍醐味はなんといっても歌と踊りなので、そんなに細かい内容がわからなくてもじゅうぶん楽しめてしまうのです。

とはいえ、今は字幕勉強ちゅうの身。今日は意識して字幕を見るようにしていたのですが、やたらとカタカナが多かったような気がする。

例えば、Tonight という曲がありますが、これは邦題もたしか 「トゥナイト」 なので、字幕も 「トゥナイト」 でもいいと思うのですが、マリアが歌う I Feel Pretty まで 「アイ・フィール・プリティ」 となっていた。んー、これはどうなんだろ?

Tonight (←桜井くんバージョン)
I Feel Pretty

映画やCDのほうはどうなってるのかな? また今度チェックしてみよーっと。

ところで、もうひとつ気になったことがあるのですが、1幕目の終わり方、わたしの記憶では(ていうか、最初に観たのがそうだっただけなのかもしれませんが) Tonightの五重唱 で終わるのですよね。でも、3年前に同じくオーチャードホールで観たときも、今回も、五重唱のあとジェット団とシャーク団との決闘が始まり、トニーがベルナルドを殺して 「マリア!」 と叫んだところで幕なんですよ。てっきり3年前のは演出が違ってたんだと思ってたら、今回もそうだったから、自分の記憶に自信がなくなってきた。。。 でもやっぱり個人的には、あの五重唱でがーっと盛り上がったところで幕、のほうが効果的だと思うんだけどなぁ~ どなたか West Side Story に詳しい方いらっしゃたら教えてくださいませ。

ちなみに Tonight 五重唱 はこちら(↓)

  

感想というよりは、なんだかただウンチクを並べただけみたいになってしまいましたね。失礼致しました。でも、これも West Side Story を愛するがゆえ、お許しくださいませ

深山さんご出演の この夜の終わりの美しい窓 はまた改めて。
翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード