ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かじゃない大地

 静かじゃない大地

昼夜がじゃっかん逆転している、ふうデス(^^;
体によくないとはわかっていても、昼間は誘惑が多くてどーもいけません。
・・ていうか、たんに意志が弱いだけなんですけど(^^;
会社とかに行ってしまえば働かざるを得ないんだけど、家にいると、つい、ね。

その点夜は、外は暗いしTVの誘惑も少なくて比較的集中しやすいのです。

そんなわけで今日もあまりにもよいお天気なので気もそぞろ。
というわけで、ちょいと休憩です^^

連休中予定外のお出かけがあったと書きましたが、そのひとつがコレ↑。
ひょんなことから役者やってる友人経由で招待券が手に入り、
急遽 G2produce 『静かじゃない大地』 を観てきました♪

久々のG2produce、面白かったです^^
ストーリーについては、G2さんご本人がHPで解説もまじえかなり詳しく紹介してくださっているので、ぜひそちらをご覧くださいませ。>> G2プロデュースHP

ジャニーズファンとしては、元光GENJIのアッくんこと佐藤アツヒロくんを観られたのは嬉しかったけど、なんといってもよかったのは福田転球さん!

転球さんといえば、昔、転球劇場のJACKという芝居をTVで観て以来、その役者やってる友人とわたしとのあいだでは 「転球さん=Beat Itの人」 ということになっています。

JACKというお芝居、たしか文化祭の出し物を決めるという話だったのですが、オープニングの Beat It 広東語バージョンがとにかくサイコーに可笑しくて、そこばっかり巻き戻して(まだVHSだったので)何回も繰り返して観てはお腹を抱えて大笑いしてました。しかもそのJACK、『トーマの心臓』と同じテープに入っていて、そのギャップたるや(笑)ともかくそのテープ、貴重な一本なのでなんとかDVDにダビングして永久保存版にしないと。

でね、そのBeat It広東語バージョン、出演者総勢十数名で歌って踊っておられるのですが、そのなかになんと後藤ひろひとさんや山内圭哉さんもおられるのですよ~ もうサイコー(笑)

これがみなさんけっこうマジで踊っておられて、昔はミュージカルもされていてWest Side Story(ジャック団のひとり)に出演されたこともあるという転球さんのダンスはキレもあってなかなかのもんでした。そしてその真剣にやってるところが、これまた実に可笑しい。こちらのサイトでJACKのあらすじ、出演者を紹介してくださっているので、ご興味のあるかたはどうぞ。>>JACK

あ、いつのまにか静かじゃない大地ではなく、JACKの感想になっていました。
静かじゃない大地も面白かったです^^
途中、ちょっとだけ間延びした感もあったけど、全体的にはストーリーもタイムリーな題材で出演者も豪華だったし、とても満足な舞台でした♪

連休中、これ以外にもう一件予定外のお出かけがあったのですが、そちらはまだ“情報解禁(!?)”になっていないので、解禁されたらご報告させていただきまーす!

さてと、仕事に取り掛かるとするか。


~ お知らせ ~
Tsuchiproの土屋さん、Amebloに移転されたそうです。>> 【ツチブログ -好球筆打-】


スポンサーサイト

『リカ』 DVD

‐もとひろさんのblog で、ついに

『リカ』DVD予告編 をUPしてくださいました~

あれからまだ1ヵ月ちょっとしか経ってないのに、なんだかすでにもう懐かしいんですけどぉ~
DVD発売日が思ってたよりめちゃくちゃ早くて嬉しい~♪♪

このまま舞台の思い出に浸っていたいところですが、
シルバーウィークちゅう、予定外のお出かけで仕事が遅れてしまったので、
その分、今日から3日間、ロマンスに集中します。

幸い、夏ドラがひと段落つき、秋新ドラもスタートする前なので、
TVの誘惑は少なそうで助かります(^^;

あっ、でも今夜はオトメンがあるんだ。
ちょっと前にたまたま見たら結構面白くて、それから見続けてるんですけど、
先週はハナウタカプセル観劇日記つけてて見忘れたので、今夜は見逃さないようにしないと。
でもそれまでに本日のノルマこなさなきゃな。

疲れたらリカDVD予告編見てガンバリマス。

サンクトペテルブルグより西へ 千秋楽

あ~ぁ、終わっちゃったよぉ~
夏から楽しみにしていた2つのお芝居(『リカ』&『サンクトペテルブルグより西へ』)が両方とも終わり、今、ものすごーく空虚感におそわれております。。。

連休なか3日間は引きこもってロマンスに専念するつもりが、結局1.5日お出かけしてしまい、かなり遅れをとってしまったので、今夜中にやれるとこまでやって少しでも進めておこうと思うんだけど、どーもヤル気が湧かない。。。

十二夜のチケットも届いて楽しみは楽しみなんだけど、こちらもどーもまだテンションが上がりきらなくて。。。 リリーズのときみたく、きっと開幕したら盛り上がるんだろうけど、どーも今はまだね。。。

正直、それより今は早く『パンジー・メイズ』が観たいです(^^;

『サンクトペテルブルグ~』に話を戻して――
おがっちが出演していたからということで多少の欲目はあるんだろうけど、それでもハナウタカプセル、なかなかのもんでした。今日、千秋楽を観にいって、初日には気づかなかった部分に気づいたり、疑問だったところが解けたり・・・etcと新たな発見もあり、より楽しむことができました。

初日感想でも書きましたが、この世界観、ワタシ結構好きです。にっこり

来春、第9回公演『洗濯日和』、観にいけたら行こうと思いますvv

それから今回ご出演のハナウタカプセルの面々(高塩誠さん、板倉美智子さん)と、根本蛍汰さん、堀川裕介さんが出演されるインパラプレパラート『ピアノピア』(2009/11/19-23 at 中野・ザ・ポケット) もちょっと気になります。十二夜のあとですが、もし行けたら観にいきたいな。

さて、これでまたちょっとしばらく芝居はおあずけ。
なのでこのあとは 『左目探偵EYE』(10/3土、日テレ21時~)を楽しみにがんばります♪

サンクトペテルブルグより西へ

おがっち出演のハナウタカプセル第8回公演『サンクトペテルブルグより西へ』を観にいってきました~♪
 サンクトペテルグルグより西へ
   ストーリー

  ここは、結婚相談所
  ただし、ゲイ専門の相談所
  今日も、家族になりたい男達が集まる
  男は、家族を拒絶した
  男は、家族に拒絶された
  本来ならば、家族になれない男達と
  本来ならば、家族であった男達の物語

           ~ チラシより引用 ~

会場は、高円寺明石スタジオ。わたしの家からだと新宿まで出て中央線か総武線に乗り換えるんだけど、この中央線・総武線というのが大の苦手。案の定、今日もやっちゃいました(^^; せっかく新宿まで行ったのに逆方向の中央線に乗ってしまい、次の代々木であわてて乗り換え(^^; 上京してもうすぐ6年になるというのに、なさけなや~

明石スタジオへは約7年半前に一度、扉座のサテライト公演(研修生卒業公演)を観にいったことがあるのですが、このときも実は苦い思い出が。。。 当時はまだ実家に住んでいたのですが、この頃、仕事やらなんやらでとにかく多忙を極めていて、そうとう睡眠不足がたまっていたらしく、昼公演のチケットを予約してたのに、目覚めたらすでに正午近く。一瞬なにが起きたかわからず、時計を見つめたままぼーっとしてたのを覚えてます(^^; 新幹線だけでも2時間半はかかるので当然間に合うわけがなく、だめもとで劇団に電話したら、幸い夜公演に振り替えてもらうことができて、なんとか観劇は叶ったのですけれど、ともかくいろいろな意味で思い出深い劇場です。

さて、前置きが長くなりましたが、そろそろ芝居の感想を。今回はおがっち目当てだったので、正直、作品自体にはそれほど期待してなかったのですよ。ところが、よい意味で裏切られました。ちょうどいい具合に笑いのエッセンスがきいていて、切なくてホロリとする素敵な作品でした。にっこり

近頃小劇場というとドタバタコメディか、どことなく哲学っぽくてわかりにくい内容というイメージがあったのですが、とてもわかりやすくて、かといって決して単調なわけではなく、プロットもよく練られていて面白かったです。

ゲイ専門の結婚相談所が舞台で、そこに出入りする人たちの様々な人間模様が描かれているのですが、登場人物は結婚相談所の新人アルバイト以外は全員男性で、それも所長以外はみんなゲイ。役者さんたちも皆さんハイレベルで、演技も安定していて台詞も聞き取りやすかったし、(小劇場系にありがちな)オーバーすぎるリアクションやからまわり的な熱さもなく、終始いい感じで落ち着いて観ることができました。

上演時間は1時間半と比較的短かったのですが、とても充実していて見応えありました。わたしの好きなテイストかも。ハナウタカプセル次回公演も観にいけたら行こうかな。。。

さて、お目当てのおがっちはといいますと、結婚相談所にやって来るゲイのカップルの役でした。でもカップルのなかではいわゆる“男”側なんで、とくに女言葉を使ったりすることもなく身ぶりとかもフツーでした。『エド・はるみ物語』のときみたいなことはなかったです(笑)劇団から完全に離れた舞台でのおがっち(『リカ』のときは、先輩劇団員のかたも一緒でしたからね)、外見的にも内面的にもなんだかとても大きく見えて、おがっちのファンでいることが誇らしく思えました。にっこり

結婚相談所の上階に住む長身でかっぷくのいいベッキーというゲイに迫られているおがっちが、蛇に見込まれた蛙みたいになっていて可笑しかった~ 本気で怖がってるみたいだった(笑) このベッキー、ハナウタカプセルの高塩誠さんというかたが演じてらっしゃるのですが、高塩さんの笑いのセンスと、体格、衣装、役柄とが絶妙にマッチしてました(笑)

そんなベッキーが、登場人物でただ1人の女性である新人アルバイトに向かって言う台詞に

 「あなたは神様に選ばれて女に生まれてきたのよ。わたしたちは選ばれなかった」

というのがあるのですが、なんかジーンときちゃいましたね。

内容的に先月観たRENTをちょっと思い出しました。
それから、全体の雰囲気としては土田英夫さんの『―初恋』に似てるかも。
でも個人的には今回のほうが好きかなぁ。

初日&連休ということもあってか、空席がけっこうあったのが残念でしたね~
素敵な作品なので、これから口コミで客足が増えるように願うばかりです。


<おまけ>
観劇前に腹ごしらえした佐世保バーガー
店内はレトロな雰囲気でなかなかよかったですヨ~ ハンバーガーも美味でした^^


 佐世保バーガー2

祝 ICHIRO選手

 ichiro.jpg

どこのファンか問われれば、いちおう巨人と答えますが、
今ではほとんど野球も見ないし、
正直、イチロー選手のこともあまり詳しく知らない。
でも、さすがにこの記録はすごいと思う。

さっきNHKのスポーツ大陸という番組でイチロー選手の特集をやっていて、
それを見てたら、5年ほど前シアトルへ行った知人から
お土産にイチロー人形もらったのを思い出し、ちょっと遊んで見た。

  「イチロー選手と愉快な仲間たち」

イチロー選手 9年連続200安打 おめでとうございます!!!

上述の特集、9月20日(日) 午後 7時10分~BS1で再放送ありまヨ~

石川五右衛門

 200908 石川五右衛門b

気づけばもう1週間。は、早すぎるぅ~ 時間のたつのが。。。
お盆明け、久々に(ロマンスの)翻訳依頼がありまして、短編なんですけれども、例によって例のごとく時間的精神的に余裕がなくなる。。。 (でもなかなか面白い作品なので、苦しみつつもわりと楽しんでやってます、今のところは^^;)
納期は10月末なんですけれど、今週末からはおがっちの舞台が始まるし、来月には 十二夜 があるし。そんでもって本当は字幕の実践科通信コースを今月からスタートする予定だったんだけど、さすがにちょっときついので来月からにしてもらった。。。
なのでロマンスのほうを今月中になんとかできるだけ進めておいて、来月からは字幕の勉強に専念できるようにしたいのだけれど。。。

ま、それはさておき、観劇記つづき。

先月、海老蔵丈の 『石川五右衛門』 を観てきました。
しつこいですが、チラシかっこよすぎ
>> 新橋演舞場 八月公演チラシ
※カーソルを画像に合わせ、右下に表示されるアイコンをクリックすると拡大して見ることができます。ぜひ、拡大してご覧あれ。

でもこのチラシを派遣先に持っていって垂涎の態で同僚に見せたら、「へぇ~、ふうさんてこういうのが好みなんだぁ~」と冷静な口調で言われてしまったので、ひょっとしたら盛り上がっているのはワタシだけかもしれませんけど(^^;

そんなわけで期待に胸を膨らませ演舞場へ行ってきたわけなんですけれども、序幕から第三幕まではわりとおとなしめな印象を受けました。「動」か「静」でいうと、「静」な感じ。でも、第三幕の終盤(「南禅寺の場」)で、五右衛門と秀吉(團十郎さん)との驚くべき関係 が明らかになり(←ここはいつか再演があることを信じて、あえてふせさせていただきます ストーリーの要でもありますので)、ここから大詰にかけてがぜん面白くなる。

この第三幕での五右衛門と秀吉が対峙する場面は、実に見応えありました。本公演の原作は「金田一少年の事件簿」の原作者でもある漫画家の樹林伸(きばやししん)さんで、五右衛門と秀吉との “驚くべき関係” もフィクションではあるのですが、これがなかなか意外で本作のいちばんの眼目となっています。

筋書きに掲載されていた團十郎さんのインタビュー記事によると「台本を読み、自身が出演する必然性を感じた」とのこと。これ、ものすごく納得。今後再演があったとして、ひょっとしたら秀吉は別の役者さんが演じられることになるかもしれませんが、初演でお父様と共演できたことは海老蔵丈にとってもとても心強かったのではないかと思います。

そして、大詰。大阪城の天守閣で金の鯱(しゃち)を盗む場面からは、海老蔵丈いよいよ本領発揮。持ち味の豪快な演技で観客をわかせてくれました。海老蔵丈は鏡花作品のような「静」の芝居も好きだけど、こういうのを観ると、やっぱり豪快な「動」の演技のほうが海老蔵丈らしくていいかなぁと思います。

その後も有名な「釜茹で」シーンから「宙乗り」まで、瞬きする間も惜しいほど ぐんぐん盛り上がり、観客の拍手喝采のなか大団円を迎えました。

やっぱり海老蔵サイコーだぁ~! にっこり

そんな海老蔵丈、今月は モナコ公演、来月は 九州博多座 と大忙し。

あぁ~海老蔵丈の安部清行、もう一回観たいヨ~
それに、いつか歌舞伎の海外公演も観てみたい~
夢はあきらめなければいつか叶う!←を信じてこれからも明るくたくましく生きていきたいと思いまーす(笑)

ところで、今年11月、12月と来年1月の海老蔵丈の予定が気になるんですけどぉ~
松竹さん、早く教えて~

RENT

今月の観劇予定は、おがっち 客演の ハナウタカプセル 『サンクトペテルブルグより西へ』 だけなので、それを待つあいだ、これまで観た舞台で感想未投稿のものを少しずつUPしていきたいと思いまーす^^

rent.jpgまずは、ブロードウェイミュージカル 『RENT』♪♪♪

たまたま読んだレビューで大絶賛されていて、それで興味がわき観にいくことにしたのですが、それ以外は映画も観たことがなく前情報ほとんどなしでした。

どうやら RENT にはコアなファンのかたがたくさんいらっしゃるようで、会場に着くやいなや、その熱気たるや、初見のわたしには圧倒されるものがありました。

わたしには少々天の邪鬼なところがあり、周囲が盛り上がりすぎていると、妙に冷静になってしまうことがあるのですよ。そんなわけでこのときも早々と席につき、「どれどれ、お手並み拝見」などと、今から思えばなんともおこがましい態度で、盛り上がる観客とセットが並ぶ舞台を眺めておりました(^^;

そして、いよいよ開演。マーク役の アンソニー・ラップ が登場したとたん、会場全体から拍手と歓声が――(登場しただけで)まだなにもしていないのに。さすがは初演のオリジナルキャスト、映画版の主演だけある、とここでもまだ妙に冷静なワタシ^^; 続いて、ロジャー役の アダム・パスカル が登場すると拍手と歓声はさらに大きくなり、オープニング曲、マークの Tune Up がスタート♪

>> Tune Up (YouTube) ←どこかのSchool版ですがなかなかクオリティー高いです♪

そこから畳みかけるように次々と曲が続く。ストーリー知らないし、字幕読まなきゃならないしで正直たいへんでした(汗)しかも音量がすごいの でも会場は大盛り上がりだし、そう感じたのはわたしだけ? ロックのコンサートって行ったことないけど、こんな感じなのかしら? でも、West Side Story のときはそんなふうに感じなかったし、やっぱり大きかったと思うんだけど。。。 もともと声量のある役者さんが歌ってるときなんて、音割れてたし。。。

と、なんとなーく置いてかれたまま1幕目終了(^^; この時点で、これはわたしには合わないかも。この先、もしも再演があったとしても、たぶん行かないだろーなぁというのが率直な感想でした。

2幕目は、Seasons of Love からスタート。作品の代表曲だけあって、さすがにこれにはぐぐっときました。でも、残念ながらここもやはり音量大きすぎ。体の大きなオペラ歌手ばりの女優さんのソロは、完全に音が割れていた マイクなしでも十分いけそうなくらいの声量なのに、もったいないなぁと思いました。

とはいえ、1幕目ではじゃっかん置いてかれた感があったわたしも、2幕目はスローな曲調のものも多く、1幕に比べるとストーリー性も濃くなってきたので、徐々に舞台に引き込まれていきました。エンジェルのお葬式のシーンでは涙が止まらず、ラストの No Day But Today では完全に RENT の世界にハマってました(^^; ちなみに左隣に座っていた男性のかたも、しきりに鼻水すすってらっしゃいました(←風邪じゃないですよ~もちろん感動して!、、、だと思います)。

1幕目の置いてかれた感を補うためと、やっぱり全体的に音量が大きすぎたので、もっとじっくり曲を聴いてみたいという思いから、実家に帰ったとき映画版をレンタルして鑑賞。『West Side Story』『オペラ座の怪人』 も舞台のほうが圧倒的に好きなので(前者にいたっては映画版は最後まで観られず、今ではもっぱらCDで曲を聴くだけ)一抹の不安もありましたが、RENTに関してはまったく心配無用でした。

とにかくオープニングの Seasons of Love がすごくいい! ここでいきなり作品の世界観に引き込まれます。たしかに2回目ということで、ストーリーがよくわかったというのもあるのかもしれませんが、それでもきっと演出がいいのだと思います。けっして舞台版にひけをとっていませんもの。鑑賞し終わってみると、舞台版を観終わったとき以上にRENTにハマり、今ではDVDを買おうかどうか迷っているほど(^^; ちなみに買うとしたら映画版。 

そんなわけで、『West Side Story』 『オペラ座の怪人』に続いてお気に入りのミュージカルに加わった『RENT』ですが、なかでもとくに大好きな3曲がこちら。

Seasons of Love

I should Tell You

No Day But Today

今回が最後のブロードウェイ・ツアーということだけど、いつかまた再演してくれることを切に切に願います!!!


RENT 関連グッズ

   映画 RENT      オリジナル・ブロードウェイキャスト版サントラ
  
   

新作と処女作と。

木・金は派遣のしごとでした。
さすがに5日ぶりの出社はきつかった。。。
でも、流星花園(BSデジタル11にて放送中)とアナザースカイ(昨夜のゲストは向井くん♪)を観たら、いっきに元気になりました~^^

花のプリンセスup
 さて、帰省するたびに増えている母の折り紙作品ですが、
 今回もまた新作ができていたのでご紹介させていただきまーす。

 こちらは先日新幹線のなかから投稿した 『花のプリンセス』 のアップ。
 髪型がなかなか凝ってるでしょ~♪

道化師?
 これは、何か訊くのを忘れてしまいましたが^^;(ピエロ??)
 この “ほおずき”っぽいのの組み合わせが可愛らしくて
 わたしの中ではなかなかのお気に入りデス^^

くす玉とマクラメフクロウ
 これは新作というわけではないのですが、
 もはや母の作品部屋と化している和室の一画に飾られていた
 くす玉とマクラメ(組み紐のようなものの)のフクロウ。

サンタ
 これも新作というよりは、クリスマスにむけての試作品らしいです。
 サンタさん、なかなかよくできてるでしょう~^^

母と一緒に手芸店に行き、わたしも感化されて思わずビーズアクセサリーキットを購入。前から興味はあったのですが、日頃は仕事や観劇に追われて!?つい先延ばしになっていたので、これを機にトライしてみました~
完成品はこちら↓
ビーズアクセサリー
 どうです? カワイイでしょ~vv
 左が『桜』で右が『あじさい』
 ちょっと季節外れですが・・・^^;

 やっぱり自分で作ったものには、愛着がわきますね~
 ビーズアクセサリー、はまりそーデス^^

新幹線車中にて。

 花のプリンセス

すっかりあいだがあいてしまいました。

先週末から実家へ帰っており、ただいま東京へもどる新幹線のなかでございます。

シロにもきちんと挨拶することができました。

気持ちはだいぶ落ち着いていたのですが、なんとなくこれがすむまでは、(ブログを)再開する気分になれず、とうとう月が替わってしまいました。

でもこれで再始動できそうです。

また明日からぼちぼち更新していきますので、どうぞよろしくお願いしますm(__)m


追記:写真は母の新作(折り紙人形)花のプリンセスでーす(^^)
翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。