FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

御詫び

夏ごろに『レ・ミゼラブル』のキャスト投票をさせていただき、皆さまから貴重なご意見等をお寄せいただいたのですが、残念ながら今年の観劇は断念することに致しました。

10月は仕事に追われていたせいもありなかなか予定が定まらず、気づいたときには行きたいと思った公演はほぼ完売状態でした。

来年も再演してくれるといいんだけど、、、。ちなみに、行こうと思っていたのは、投票結果や皆さまのご意見を参考に別所さんのジャン・バルジャン&笹本さんのエポニーヌの日です。来年再演があり、このお二方が続投されるようであれば、今度は早めにチケットを購入しておこうと思います。

キャスト投票にご協力いただいた方々には、本当に申し訳ございません でも次回再演時には必ず観にいくつもりですので、決して皆さまのご協力を無にするようなことはございませんのでご容赦くださいませ。

ところで、別所さんのジャン・バルジャンが観たいと思ったのには実はもうひとつ理由がありまして、9月に友人から、一緒に行こうと思っていた人が急に行けなくなったから代わりにどう?と誘われ、急遽『コースト・オブ・ユートピア』(演出:蜷川さん/於:シアターコクーン)の第二部だけ観にいってきたのです。そのとき別所さんを拝見して(舞台では初見)なかなか素敵だったので、もっと他の舞台でも観てみたいと思ったのです。今から思えば、そのときすぐにレミゼのチケットを取っておけばよかった。後悔先に立たずとはまさにこのこと、、、。

舞台のほうは、一部を観てなかったのと、前半は哲学的でちょっとわかりにくかったのですが、後半は男女関係のもつれやら友情やら家族愛が中心になっていくので自然と話に引き込まれていきました。役者さんでは別所さん以外に、水野美紀さんと松尾敏伸さんがとても印象的でした。できれば三部とも観たかったけど、通しだとA席でも¥24,000(S席は¥29,000)だったのでまず無理(^^; 二部だけでも観られてラッキーだったと思うことにします。

そんなことよりレミゼ。来年、どうか再演ありますように、、、。

the coast of utopia
(↑)レミゼを観にいけないので、代わりに(!?)コースト・オブ・ユートピアの写真。

スポンサーサイト
翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード