FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

森は生きている

森は生きている…といっても、北千住でやってるやつではなく、新宿は紀伊国屋サザンシアターで上演中の 劇団仲間 の森生きです♪

友人が仲間で役者をやっていて、義姉役(北千住では 篠田さんがされてる役)で出演してるので、イブイブに観にいってきました ちなみに、夏に聴きにいった朗読 『もっしょい』 に出演していた友人です。

“仲間”さんによる年末年始のサザンシアターでの森生きは毎年恒例で、わたしは友人が初出演した2006年から観始めたのですが、昨年はどうしてもスケジュールが合わず観にいけなかったので今年は2年ぶり。

友人は(矢ノ川さんというんですけど)2006年、2007年はりす役で出演、昨年初めて義姉役に抜擢され、今年も義姉続投。昨年見逃したのでずっと心待ちにしてました。

森生きの義姉といえば、意地悪でイヤなやつというイメージがあり、今回もたしかに腹が立つには立ったんだけど、友人が演じてるからかなんだか憎めませんでした(笑) 終演後、一緒に夕食したとき友人に聞いたところ 「意地悪をしているというのではなく、ただわがままで自分のことしか考えてなくて、それが結果的に意地悪になってしまってる」 という感じにもっていきたいらしい。彼女自身も演じていて、この役が憎めないんだとか。そういわれると、たしかに故意にいじめてるわけではないですよね。吹雪のなか、マツユキ草を摘みに義妹を森に行かせるのも、べつにいじめてるんじゃなくて、たんに金貨をもらうことしか考えてないからああなってしまうわけで、、、(笑)

いやぁそれにしても森は生きている、名作だけあって面白いし、いいお話だわ~ 以前に、無名塾のと、今、篠田さんたちが出演されてるライズ・プロデュースのでは深山さんが出演されたときに観たけど、どれも面白かったもの。久しぶりにまた他のカンパニーさんのも観てみたくなりました。

そして実はこの日、嬉しいサプライズがあったのです! 9月に高円寺で観たおがっちの外部公演 『サンクトペテルブルグより西へ』 に出演されていた根本さんと席が隣同士だったのです。

実は、サンクト~を観に行く前、矢ノ川さんに公演のチラシを見せたところ、同じ「仲間」の劇団員のご友人もこの芝居に出演されることがわかり、なんとそれが根本さんだったのです。

なので開演前、席についたとき 「ひょっとして?」 と思ったのですが、とりあえず1幕目はそのまま観劇。でも幕間、やっぱりそうだワと確信して、2幕目始まる前に思わず話しかけちゃいました(^^;

わたし  「あのぅ~、根本さんですよね…?
根本さん 「えっ!?」
わたし  「9月の高円寺の舞台、拝見しました」
根本さん 「えっ? なんでまた?」
わたし  「緒方くんのファンで…

今から思えばもう少し言いようがあっただろうにと後悔。せめて「スタジオライフのファンなんです」とかなんとか。ま、今さらいってもしようがないけど。

根本さん 「そうなんですか~ パンジー・メイズは行かれましたか?」
わたし  「行きました!(←急に明るくなる(^^;) よかったですよ~」
根本さん 「そうですか~ 僕も行きたかったんですけど、どうしても行けなくて…」

とまあこんな感じで、突然話しかけたにもかかわらず、2幕目始まるまでずっとおしゃべりにつきあってくださいました。なんと根本さん、神野くんと舞芸(舞台芸術学院)の同期なんですって! それから、おがっちは意外といたずら好きらしい。わたしが「(おがっちは)真面目な人かと思ってました」と言うと、「真面目ですけど、面白いですよ~」だって。思いがけないところで、おがっちの裏話が聞けて嬉しかったデス。
はっぴぃさん
そしてなんと今度、根本さんと友人が一緒に舞台をやるのです! “こどもと大人が気軽に楽しめる作品”をコンセプトに、根本さんたちが立ち上げられた企画集団 ヨリミチブランコ による公演 『はっぴぃさん』。ところがトーマの心臓東京大千秋楽ともろ重なっている ただ友人いわく「子供向けの作品で上演時間もそれほど長くはない」とのことなので、なんとかして観に行きたいと思いまーす!

ヨリミチブランコさんのブログ

というわけで、楽しいイブイブとなりました♪ (イブは通信の課題、昨夜は前日の睡眠不足がたたり、派遣先からおとなしく帰宅後、早々と就寝しましたけど(^^;)

今日と明日はクルーズですね~ 諸々の事情により、今回わたしは自粛でございます
お天気もよさそうだし、行かれるかたはどうぞ思い切り楽しんできてくださいませ~

スポンサーサイト
翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード