ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日イヴ。



早いものであっという間に、今年も残すところあと1日。

家の仕事を28日に無事納品し、昨日が派遣先の仕事納めで、ホントはその足で帰郷予定だったのですが…

新幹線の時間まであと数時間というところで携帯が…

はい、お仕事の依頼でした。

「お正月ちゅうにお願いしたい仕事があるんですけど…」

一瞬迷ったけど、引き受けました。自分のなかで、新幹線乗った後だったら断ろうって決めてて、電話が鳴ったのは“乗る前”でしたからね…。ほんの数時間ですけど(^^;

でも年越しは故郷で迎えたかったので、急遽今夜の新幹線に変更し、家を出る直前まで仕事してました

年明けは予定より2日早めて3日朝に帰京し、そのあと必死にやって、なんとか5日朝の納期に間に合わすつもり。

考えてみると、今年後半はこんな記事ばっかりだったような気が…

でも仕事がない辛さを知ってるから、仕事をいただけるのはホントに嬉しいし有り難いのですたとえお正月でも

来年も“仕事”の年になりそうですが、できればもう少し余裕をもてればなと思ってます。観劇の感想もUPしていきたいです(^^;

最後までバタバタな更新になりましたが、今年もお付き合いいただきましてありがとうございました

どうぞみなさま、よいお年をお迎えくださいませ

携帯より更新。
来年はスマホデビューなるか…!?


スポンサーサイト

『夏の夜の夢』 大千秋楽

仕事のほうが少し落ち着いたので、今さらですが 『夏の夜の夢』 の感想です。

かめありリリオホール。とてもいい劇場でした^^ 前から10列目ほどの席だったのですが、勾配があって、視界を遮られることなく舞台全体を見渡せて、とっても見やすかったです。でも客席を縦横無尽に行き来する役者さんたちは大変だったかも。とくにパック(笑)

本編のほうの感想は、おそらくほかのかたが既に多数UPされてるのでそちらにゆだねるとして、本編後のイベントについて少し記しておこうと思います。

まずは千秋楽恒例、舞台あいさつ。
大千秋楽では裏方で参加されてた堀川くんも登場し、篠田さんと一緒に韓国語バージョンで自己紹介を披露してくださり(堀川くん→月、篠田さん→ライオン)、会場は大盛り上がり!!

いやぁ~それにしてもお二人ともすごいですね。韓国語はよく分かりませんが(^^; めちゃくちゃ流暢に聞こえました。韓国でも好評だったそうですから、実際流暢だったのだと思います。ロビーには、韓国公演の時、会場の建物の外壁に吊られていた垂れ幕(垂れポスター?)も飾られていて、韓国公演の雰囲気を味わわせていただくことができました。

舞台あいさつの後は、大千秋楽特別イベント。
出演者のかたが客席に下りてきてくださっての劇中歌メドレー♪♪

ラッキーなことに通路側に近い席だったので、役者さんとハイタッチもできました
歳も忘れて、夏夜の世界にどっぷり浸り、心から楽しむことができましたよ~

特にうれしかったのが、やっとおがっちディミーの歌が聴けたこと。今回、本編では最初のワンフレーズほどしか歌ってませんからね~ 紀伊國屋での千秋楽にいたっては、故意かたまたまか青木くんヘレナの登場が早くて、ひと言も歌ってませんから(^^;

ところで、この♪ひとり彷徨う森の中で~♪で始まるディミーの歌の原曲THREE DOG NIGHTのOld Fashioned Love Songを含め、夏夜で使われている全11曲(今回の公演で一部カットされてるのもありますが)のうち8曲の原曲が収録されている優れもののCDがあります。こちら↓。



でも残念ながらEndingに全員で大合唱する♪愛の未来へ♪(All Through The Night by Cyndi Lauper)は入ってないので、もしそちらが聴きたいかたはこちら↓(今公演でカットされたハーミア&ライサンダーのデュエット(Time After Time)も収録されてますよん♪)こちらは試聴もできます♪



2011年ライフの舞台の見納め。本当に楽しい1日になりました。
帰りは亀有駅近くの「もぐや」でラーメンを所望。基本的には“みそ派”なんだけど、ここはしょうゆがお薦めとのことで“しょうゆ”をいただきました。味がしっかりついてて濃厚なんだけど、しつこくなくちょうどよいお味で美味しかった~~~!!

Image668.jpg

さ、これから年末に向けて、もうひと仕事しますっ!
翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。