ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やなか。



1年ぶりに谷中(やなか)に行ってきました

去年は、根津駅下車→根津のたいやき→根津神社→ぶらぶら散策
→猫カフェ→ぶらぶら散策→谷中ぎんざ…

というコースだったのですが、今回はその逆回りで

去年、立ち寄ったお店に寄りつつ、新しいお店も開拓しながら
ぶらぶら散策。

やなかは、猫好きには“危険”がいっぱいです(^^;

あちこちに猫グッズのお店があるのです…

欲しいもの全部買ってたら、大変なことになるので
とりあえず、前々から欲しいと思ってた
ブックカバー&お揃いのペンケース、
そのほか細々とした雑貨を数点ゲットしました~

いやぁ、猫好きにはたまらん町ですわ~

写真は、猫町カフェ29(にくきゅう)のいきなり団子セット

久々に猫ちゃんたちとも触れ合えて、楽しい休日となりました

さ、明日から頑張るゾー

スポンサーサイト

夏休みとY。

今日は久しぶりのオフ 朝からのーんびり過ごしてます。

…というわけで、久しぶりに本の話題を。最近あまり読めてないのですが、昨年末から今年にかけて読んだなかから面白かったものを2冊ご紹介しまーす。

1冊目は、佐藤正午さんの『Y』。いわゆるタイムトリップものなのですが、SFとはまた全然違って、ラブストーリーやら友情やら人生とは?みたいなことが描かれていて、いろいろと考えさせられる1冊でした。それとタイムトリップについても、これならあるんじゃないか?と思わせる設定がなかなか面白かった。謎めいたプロローグから始まり、全体的にはミステリーっぽい要素もあって、個人的にはいろんなツボを刺激されてとても楽しめました。フツーのラブストーリーやミステリーに飽きたかたにはお薦めかも。

2冊目は、中村航さんの『夏休み』。前に紹介した『リレキショ』と同じ作家さんです。全体的なテイストは後者と似てるのですが、作品的には『夏休み』のほうが断然好きでしたね~。『リレキショ』もそうですが、中村さんの作品は、日常のささいな出来事がとても丁寧に描写されていて、今の何かとあわただしい世の中にあって、とても心が癒されます^^ あとがきだったかどこか忘れましたが、どなたかが中村さんのことを称して“理系のセンチメンタリスト”とおっしゃってましたが、なるほど、と思わず大きくうなずいてしまいました(笑) 『リレキショ』もそうですが、バイクの細々とした部品のこととか、ずいしょに技術系のエピソードが盛り込まれてるんだけど、全体的にはファンタジックな仕上がりで、ともすると作家が男性だということを忘れそうになるくらい、やさしい文体です。『リレキショ』『夏休み』とあわせて3部作と呼ばれている『ぐるぐるまわるすべり台』も楽しみ。ちなみに、3部作といわれてますが、ストーリーは直接には関連してなくて、それぞれ完結してるので、『夏休み』だけでも十分楽しめます。癒されたいかたは、ぜひ(笑)

前にも書きましたが、最近、読書に参考にしてるのが、東京スウィカ主宰 比佐廉さんのブログ。上記の2冊もRENさんのブログで紹介されてました。




『Y』 ストーリー(Amazon.comより引用)

ある晩かかってきた一本の奇妙な電話。北川健と名乗るその男は、かつて私=秋間文夫の親友だったというが、私には全く覚えがなかった。それから数日後、その男の秘書を通じて、貸金庫に預けられていた一枚のフロッピー・ディスクと、五百万の現金を受け取ることになった私はフロッピーに入っていた、その奇妙な物語を読むうちにやがて、彼の「人生」に引き込まれていってしまう。この物語は本当の話なのだろうか?時間を超えた究極のラブ・ストーリー。





『夏休み』 ストーリー(Amazon.comより引用)

僕とユキ、舞子さんと吉田くん。女同士の絆でつながる2組のカップルは、吉田くんの家出をきっかけに、破局の危機に!?次々と舞い込む女子2人からの手紙や電報。それに導かれて始まった、僕と吉田くんの不思議な旅路。男同士のドライブ、温泉宿、月夜の探検…少しずつ距離が縮まる僕らの行く手には、予想外の出来事が待っていて―。とびきり爽やかで、たまらなくいとおしい、ひと夏の物語。


人間ドックとピッツア。



今日は人生初の人間ドックに行ってきました
とりあえず今日のところは異常なし

ただまた貧血を指摘された…

検診で指摘されるのこれで3回目。
どうやら自然回復は見込めそうにないので
ついに鉄分のサプリ買いました。
それとここのところ食べてなかったブルーンも
今日からまた再開しようと思います


ドックでお食事券もらったので
遅めのランチでピザを食べてきました

この間からずっと食べたかったのです

美味しかった。

ごちそうさまでした。


石焼ビピンバ!?



派遣先の同僚のひとりが、旦那さんの転勤(名古屋)の都合で
今月末で退職するため、
今日は一緒にランチしました

石焼きビビンバ!

石焼きビビンバって、ビビンバだと思ってたけど
お店のメニューにビピビンバって書いてた気が…

ビビンバorビピンバ

さてどっち?

いずれにせよ美味しかったです。
ごちそうさまでした。


ちゅ~りっぷ。



JR東京駅構内キッチンストリートの一角で
チューリップの展示をやってます

癒されました~

(展示は2月10日まで


翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。