ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UniBEARsity

Image727.jpg

ディズニーの新キャラクターでしょうか?

英語もこういう語呂遊び、好きなんですね~
スポンサーサイト

おがっち LIVE。

Image726.jpg

正しくは、冨士くんのライブで、おがっちはゲスト出演ですが、
ファンバカってことでご容赦ください。

…というわけで、行ってきましたーっ!
めちゃくちゃ楽しかったです。
ここ最近でいちばん楽しかった!というくらい楽しかった^^

一部は「スタジオライフの曲を歌で綴る、弾き語りライブ」をコンセプトに、冨士くんが、じゃじゃ馬の“女はコワイ”、夏夜のエンディングでみんなが歌う“ミッサマ~ナイ~♪”等々、懐かしい曲をたくさん披露してくださいました。

なかでもいちばん嬉しかったのが“美・チャンス”(WHITE)。
あれは冨士くんだからこそ歌えたのでしょうね~ だって難しい曲ですもん。
あの曲は本当に大好きなので、ナマ歌で聴けて(しかもギターの弾き語りバージョン)とっても感激しました♪

そして第二部。

ケイシー&ビアンカに扮したおがっちと鈴木くんが登場(衣装はライブのための特別仕様)。
ちょっとした小芝居のあと、ビアンカに捧げる歌ということでおがっち…もといケイシーがスピッツの“空も飛べるはず”をこれまた弾き語りで熱唱♪

間奏では「ビアンカ好きだビアンカ好きだ…♪」の繰り返し(笑)

そのあと、ふたりで“男と女のラブゲーム”をデュエット。

この選曲はおそらく観客の年齢層を意識したものでしょうね(笑)

最後にまだ少し時間があるということで、みんなでもう1曲ということになり、おがっちが中学or高校?のバンド時代に使っていたファイルを裏から持ち出してきて、その中から選曲することに。

おがっちが“乾杯”を提案するも、「でも(お客さんが)女性ばっかりだし、暑苦しいですよね」と自ら却下。結局、再び“空も飛べるはず”を三人で合唱。

実は、一部の“女はコワイ”(…だったと思う)の間奏でストラップが外れ、ギターが落下。どうやらその時チューニングがずれたらしく、最初の“空も飛べるはず”のとき、おがっち音をはずしまくりだったのですよ。でも2回目は、冨士くんのアドバイスもあり、キーを少し下げてのスタートで、ばっちりリベンジを果たされました(笑)

せっかく盛り上がったので、お店のかたもOKしてくださり、あともう1曲ということになり、おがっちが再び(遠慮しながら)“乾杯”を提案。今度は、みんなも同意して「おお、“乾杯”でいいじゃねぇか」ということになり、その時、一瞬浮かんだおがっちの笑顔がなんともいえませんでした。“乾杯”が歌いたかったんだね、おがっち。

いざ始まってみると、どこか長渕の物マネが入ってなくもないような歌いっぷりで、おがっちがあまりにも気持ちよさそうに歌ってるものだから、冨士くんと鈴木くんは後ろで目配せして、しばらく黙ってることに。サビの“乾杯~♪”からふたりも加わり、“乾杯”って何番まであるか知らないんだけど、おそらくフルコーラス歌いきったんじゃないかな。あまり聴いたことのない歌詞もでてきたから(笑)

ラストは“君に幸せあれ~♪”(…だったと思う)でおがっちがためるためる。再び長渕に戻って完全熱唱。歌い終わったあとの、あのご満悦の表情が忘れられません(笑)

ギターが落ちたり、おがっちが音をはずしたり…といくつかハプニングもありましたが、そういうのも全部ひっくるめて本当に楽しいライブでした。

お店のかたもとても優しかった。開演前、軽く何かを食べておこうと“ぶつ切り野菜サラダ”を注文。セロリが苦手と言ったら、「セロリ抜きにしますよ~」と言って快くセロリ抜きのサラダを作ってくださいました。帰る間際に再びお礼を言ったら、笑顔で「お安いご用ですよ」って。

お店の皆さま、役者の皆さま、本当にありがとうございました!!!

あれ以来、頭の中でずっとこの曲(↓)が流れてます(笑)



さくら。



今朝は珍しく少し余裕があったので、

通勤途中にちらっとお花見

すっかり春ですね~


翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。