ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Grand Life レポ その四

今回のFCイベント、残念ながら来られなかった劇団員のかたが数名いらっしゃいました。楢原さん、前田さんは急遽欠席、フレッシュの谷屋くんはお仕事で欠席。及ちゃん、佐野さん、ジーコ(小林くん)、姜くんも欠席でしたが、かの4名はビデオメッセージが紹介されました。(楢原さんと前田さんは急だったので、ビデオメッセージも用意できなかったとのこと)

及ちゃんはイー魔女の楽屋から、佐野さんとジーコくんはどちらかのアパート?(か、それらしきどこかの一室)で互いの胸に猪木チョップをくらわしながらのメッセージ、姜くんはどこかの建物(劇場?)の前から:

姜くん 「…今日はそちらに行けなくて残念ですが、これからも日進月歩でがんばりますので、よろしくお願いします…(中略)…」 (最後に某韓流スターの物まねで) 「あなたのことが、しゅきだから~!」

MC林さん 「(姜くんの) “日進月歩” の使い方、なんか違和感を覚えるんだけど…」

*日進月歩:日に月に間断なく急速に進歩すること。→ やっぱり、使い方ちょっと間違ってたみたいだね、姜くん

  * * * * *

『孤児のミューズたち』 思い出の写真コーナー

メンバー:
大ちゃん、倉本徹さん、楢原さん(写真のみ)、林さん、オノケン、飛さん

各々が昔の思い出の写真を持ち寄り、当時のエピソードを語ってくださいました。



  * * * * *

・大ちゃん : 小学校入学式の写真
近ごろ劇団内で、大ちゃん整形説の噂が流布しているらしく、林さんが 「…うーん、やっぱり、大(だい)は整形してるよね」

大ちゃん 「してませんてばっ!」
曽世さん、林さん 「でも…目が…。前に見せてもらった写真も昔はひとえだったし、今より小さかった気がする…。なのにどうして今はくっきり二重なの!?」
大ちゃん 「これは、前に怪我をしたことがあって、以来、こうなったんですっ!」
飛さん  「今は、アイプチしてるんだよね~
曽世さん 「(客席に向かって)みなさん、岩崎大整形説を広めてくださ~い」

くずおれる大ちゃん

大ちゃんは、いつものごとく先輩陣にいたぶられておりました。

・徹さん : 1歳になるかならないかのころの写真
自宅のこたつ前で撮影した白黒写真。こたつの上には、なにやら懐かしい感じの箸立てが。今と比べるとかなりふっくらしている赤ちゃん徹さん。右手を高々と掲げている。

林さん、曽世さん 「徹さん、この頃から手を広げるクセがあったんですねぇ~」
徹さん  「そうみたいだね。この写真、うちの息子とそっくりなんだよね~」

・楢原さん :10年くらい前の写真?
今とほとんど変わりなし。皆さん口を揃えて 「全然変わってないねぇ~」 ここで、飛さんがミューズ稽古場でのエピソードを紹介してくださいました。楢原さんとダブルのもうひとりのカトリーヌ、岳大さんは 「ハエのたかる女」、楢原カトリーヌは 「カビの生えた女」 と呼ばれていたらしい。

とある日の稽古中、台詞を言う岳大さんカトリーヌの頭の上でハエがたかっていて、飛さんを始めみんな大笑い。以来、岳大さんカトリーヌは 「ハエのたかる女」、で、なぜか楢原さんカトリーヌは 「カビの生えた女」 と呼ばれるようになった。

・林さん : 1~2歳のころの写真
細身の黒縁めがねをかけた男の人の膝の上で抱かれている林さん。てっきりお父さんかと思いきや、近所のおじさんだかお兄さんとのこと。そこで、しばし林さんのお父さんの話題になりました。林さんが数年前ロンドン留学するとき、お父さんにせつせつと数時間かけて留学の理由を説明したにもかかわらず、留学して1年が過ぎたころ、お父さんたらお母さんに 「ところで勇輔、ロンドンになにしに行っとるんや?」 と訊いたらしい。林さん 「あんだけ説明したのにぃ~」

順番でいくと次はオノケンなのですが、先に飛さんをご紹介。

・飛さん : 1歳くらいの写真
ほっぺが赤くて、とってもキュート。客席からは 「かわい~~~!」 との声が。でも当時は貧乏で、家の外にお風呂とトイレがあったんだって(北海道なのに)。で、隣にはヤ○ザさんが住んでいたらしい。

・オノケン : “1989年5月4日” という日付入りの写真
18年前の写真にもかかわらず、今とほとんど変わらない。上体を倒しお尻をぴょこんと突き出して(ちょうど体を「く」の字に曲げた感じ)で、右手の人差し指でこめかみあたりを指してポーズをとっている。目は白目を向いている。客席、爆笑。

オノケン 「ちょっと説明させてください。実はこれ子どもの日の前日の写真で、かなり舞い上がってたんですねぇ~。で、姉に写真を撮ってくれと頼んだんですけど、ほんとは、この辺に(写真右下あたりを指して)かぶとが置いてあって、それと一緒に撮ってくれと言ったんですが、見事にそれを外して撮ってくれまして…」

曽世さん 「そっかー、ほんとはここに、なんでこんなポーズとってるか、わかる理由が写ってるはずだったんだ~。これじゃ、なんで舞い上がってる全然わかんないよね~」

最後に、オノケンが写真と同じポーズをとってくれました

『孤児のミューズ』 コーナーはここまで。

さて、昨日の 「借り物決闘」 の景品の答えですが、「決闘」 にちなんだ品物ということで、ケットウ → けっとうち → 血糖値が上がるもの → チョコレート

でした~。どこのメーカーか忘れたけど、たしか林さんのお気に入りの、とかっておっしゃってた気がします。

To be continued …
(ここまでお付き合いいただきありがとうございます。いちおう次回で完結する予定。でも、もしかしたらまだ続くかも。。。お楽しみに


blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

COMMENT

●ありがとう~^^

PCの前でへらへら、時には思わず声を立てて笑っちゃったり
しながら読ませていただいてますよ~。
小さい時のい話っていいですね。
林パパと二人のカトリーヌの名前に拍手!

●いつもありがとうございます^^

>ミモザ☆さま
林パパは、劇団内でもかなり話題の人らしいです。
とくに石飛さんが、めっちゃウケておられました(笑)

●楽しみにしています!

つい数日前の記憶ながらすっかり忘れ去っていて(^^;)私も思い出しながら楽しく拝見していますv-25
それと、姜くんのあの台詞は韓国俳優さんのモノマネだったんですね!
私てっきり「101回目のプロポーズ」の武田鉄矢だと思っておりました(古くてすみません・爆)。
役者さんの少年時代の写真もかわいらしかったですね。
高根さんの少年時代のお写真とか、見てみたいです(笑)

●ありがとうございます^^

>tamayuraさま
わたしもそろそろ記憶が怪しくなってきて、一部妄想が入ってきてるかもしれないので(笑)、修正補足etcありましたらがんがんご指摘いただけると嬉しいです(笑)
>韓国俳優さんのモノマネ
あ、どうだろう??? そう言われると自信ないかも、です^^; わたしは勝手になんかのCMで韓流スターが言ってる台詞だと思ってました^^;
高根さんの少年時代。うんうん、見たい見たいv-10v-10v-10

●同感!

“怖いもの見たさ”で、私も見たいっ!(コラッ!)
でも、きっと研一少年は可愛かったと思う・・と言うか、思いたいv

楽しいイベントレポありがとうございます♪
役者の皆さんの顔が目に浮かぶようで、すっごく楽しいです!
次回で完結などといわず・・・・
永遠に続けていってくださぁ~い♪

●研一少年♪

>miyukiさま
まさか今のままっちゅうことはないやろうと思うし!? きっと可愛かったって…
ていうか、わたしも思いたいv (爆)
できればわたしもこのままずっと続けたい(笑)
けど、だんだん「事実」と「妄想」の境界線がぐちゃぐちゃになってきそう~(爆)

●今のまま・・って(爆)

clubLIFEに入りたての頃に頂いた会報に・・・
幼かりし日の研一少年が載ってましたv
ええ、可愛かったです♪

事実が、だんだん妄想へ・・
スッゴク解るような気がします(笑)
なんとか頑張ってくださいませ♪

●研一少年♪ そのニ

>miyukiさま
だんだん、研一少年で妄想が広がってきました~ ヤバイです(笑)
今からレポ続きUPさせていただくんですけど、やっぱり終わらんかったぁ~
ていうか、無理やり引き延ばしてるっていう言い方もできますが^^;
今日の記事も楽しんでいただけると幸いですv-290
よろしくお願いします。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。