FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

Nutcracker

くるみ割り今日はちょいとお知らせ&宣伝です^^

以前、派遣先で 『くるみ割り人形(Nutcracker)』 のあらすじを訳したと書いたのですが(過去記事はこちら)、実はそのあらすじというのはDVDに付いているブックレットに掲載されているもので、そのDVDが12月5日に発売されました!

TCHAIKOVSKY:NUTCRACKER


そしてなんと、ご担当の社員のかたが、ご好意であらすじの最後に訳者としてわたしの名前* を載せてくださったのです 2週間という短い派遣期間だったにもかかわらず貴重な経験をさせていただいた上に、よい記念となりました^^

  *  *  *  *  *

DVD 商品詳細
チャイコフスキー バレエ 《くるみ割り人形》
出演: マリインスキー劇場バレエ団
指揮: ワレリー・ゲルギエフ
販売元: ユニバーサルミュージック

内容:
2006年12月にマリインスキー劇場バレエ団&管弦楽団が、サンクトペテルブルグにあるホーム劇場で行った公演の模様を収録。マーシャ役に若きプリマ、イリーナ・ゴールプが起用され、雪片のダンス、ねずみたちとの戦い、お菓子の国への危険な旅などカラフルな世界が描かれている。

  *  *  *  *  *

以前の記事で 「最後がちょっと怖いかも」 と書いたのですが、さーっと観る分には全然怖くないです(笑) Amazon の商品説明欄にも 「夢とファンタジーがあふれる」 と記されているし、衣装もセットもとっても華やか。でもいろいろと深く観ていくと、その裏ではソ連時代の独裁者による恐怖政治を風刺しているという、なかなか興味深い作品です。

実を言うとそれまで 『くるみ割り人形』 というお話をちゃんと読んだこともなければバレエも観たことがありませんでした。でもこのお仕事のおかげでDVDを観させていただいたり、今まで耳にしたことはあったけれどなにの曲か知らなかったのが、実はくるみ割り人形の曲だったということがわかったりして、とても面白かったし勉強にもなりました。それにいつかはやってみたい戯曲翻訳にもちょっと似ているところがあったし、また機会があればこんな仕事もしてみたいなぁと思いました^^


くるみ割り人形より こんぺい糖の精の踊り
   グラスハーモニカ** の音色でお楽しみください♪




 *なんと実名です。
**ガラスを、濡れた指などで擦って音を出す楽器。ガラスのコップなどを並べただけのものから、機構的に組み立てられたもの、また鍵盤(けんばん)で操作するようなものまである。1760年ごろ、イギリスでB.フランクリンが発明。


ブログランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

COMMENT

●グラスハーモニカ

クリスマス近くなると「くるみ割り人形」が思い出されますね。
TVでしか見たことないですがバレエやミュージカルや、オペレッタ、小さいころは絵本で親しんだ作品です。
でも私もなぜか怖かったり哀しかったりという感情のほうが残っているんですよ。何故なんでしょうか・・・
グラスハーモニカ!!!音は聞いていたんですけどはじめて本物の姿を知りました
~ありがとうございます。

●>ミモザ☆さま

>怖かったり哀しかったり
やはりそれだけ奥が深い=名作っていうことなんでしょうねv-20
バレエやミュージカルetc...それに子供から大人まで楽しめる作品ですものね~
グラスハーモニカ、幻想的で素敵な音色ですよね♪
わたしもこのタイプのものは初めて見ましたv-405
でもすごく高度な技術が要りそう。。。^^;

●おめでとうございます♪

ブログ復活&お名前掲載、おめでとうございますv-290
マリインスキーといえばロシアで1,2を争う超・有名バレエ団!!
そのDVDのブックレットの翻訳をされたなんてすごいですv-424
DVD欲しくなっちゃいました。

しかしバレエ作品の中に風刺を取り入れているとは…ある意味すごいですね(^^;)

●>tamayuraさま

ありがとうございます!
>風刺
それだけロシアにとって独裁政治っていうのが根深い問題なのかもしれませんね。。。 アドルフを観たら、またいろいろと考えさせられそうです。。。
tamayuraさん、芸術の冬、満喫なさってるようですね~♪♪♪
でもいろいろとご多忙のご様子、どうかお体ご自愛くださいませネv

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード