FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

雷神不動北山櫻

新橋演舞場で上演中の 通し狂言 『雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)』 を観てきました~!

雷神不動北山櫻
 まずはひとこと、

 お・も・し・ろ・かった~~~





生粋の古典歌舞伎ファンの方はどう感じられるかわかりませんが、わたしのようなビギナー(ミーハーとも言う!?)歌舞伎ファンにとっては、わかりやすくて、とってもおもしろかった^^

今回、座頭である海老蔵さんは

  鳴神上人 (なるかみしょうにん)
  粂寺弾正 (くめでらだんじょう)
  早雲王子 (はやくものおうじ)
  安部清行 (あべのきよゆき)
  不動明王 (ふどうみょうおう)

の計五役を勤めておられるわけですが、とはいっても、最後の不動明王はラスト2分少々登場するだけ。それでも話題の “ワイヤーなし” の宙吊りには 「おっ、宙吊りだ~」 とそれなりに感動いたしました。

粂寺弾正は、昨年お正月に 『毛抜』 で拝見したのですが、今回、さらにパワーアップしていて、とってもおもしろかった~ 思わず大笑い~

そしてこの五役のなかでいちばんツボにはまったのが、安部清行。原作では “食” に拘っているという設定らしいのですが(なにか好物があるらしい)、今回は、観客にわかりやすいようにと、無類の “女好き” という設定にアレンジ。齢(よわい)百歳を越えながら、容姿はいまだ若々しい陰陽師。

派手な立回りを見せたりする、他の荒々しい役どころとはがらりと変わって 「麻呂(まろ)はの~」 なんて、なよなよした弱っちい語り口調で、女人のあとばかり追っかけている清行が、もう可笑しいのなんのって~

今回は、随所にいろいろな趣向が凝らしてあって、最初に海老蔵さん自らが芝居のあらすじを紹介する 「口上」 があったり、役者が客席のあいだを歩いたりと、海老蔵さんの今回の芝居にかける意気込みが、ひしひしと感じられました。

公演詳細はこちら。→ 歌舞伎美人 初春花形歌舞伎

To be continued...


ブログランキングに参加してます! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT

●私もいきました!

いえいえ、筋金入りの歌舞伎ファンでもやっぱり感動ものですよv-10団十郎の襲名披露の口上でかーいらしく座っていらした新ちゃまv-205が本当に大きくなったなあとオバサンな感想を持ちました。「不動」の場は凄すぎる!でもイリュージョンも取り入れて消化していく歌舞伎はたくましーv-91先日観た「ジンギスカン」、笠原さまがおひげと辮髪なしだったのでほっとしました。やーっぱりどう見たって似合わないし、猿之助先生の美意識ならおやめになるのが当然でしょう。(内緒ですがイープラスではハーフプライスになってました)ではごめんくださいませv-237

●>新米ライファーさま

新米ライファーさんもご覧になったのですね! ほんとに、すばらしい舞台でした!
わたしの生(ナマ)海老蔵さん初見は2004年の「十六夜清心」だったのですよ。それまではもっぱら澤寫屋専門だったもので。。。で、2006年の「海神別荘」の公子でヤラれちゃいました~v-10 “かーいらしく座っていらした新ちゃま” TVでは何度か拝見しましたが、わたしも生で観たかったですぅ~
ジンギスカンもご覧になったとか! 行ければ得チケで、なんて考えておりましたが、ハーフプライスでさえ手が出ないという、なんとも心もとないお財布事情でして、泣く泣く断念いたしました。猿之助さんワールドは、3月のヤマトタケルまでおあずけです。。。
そろそろ舞台での笠原さんも拝見したいのですが。。。今年はライフに帰って来てくださいませんかね~

●海老さま猿さま

そうですねー、笠原お兄様もそろそろ「実家」にお戻りいただきたいですよねー。私、猿之助さんが副学長をしていらした京都造形大の通信教育部に在籍していた時に猿之助先生のお講義を聴きました。と言うわけで針小棒大、こじつけですが猿之助先生は「恩師」と思っています。(レポート評価は何と石川耕士先生)演出だけとはいえお元気になられて本当に嬉しいです。3月の演舞場行きますよーー!!ではごめんくさいませ。

●>新米ライファーさま

おぉ~っ! 京都造形大に在籍されていたとはっ! すごいっ!v-405
わたしも受講したいと思ったことがあったのですヨ!
澤寫屋のかたがたが時々講師をなさっていると伺ったことがあります。
猿之助さんの講義、石川先生の評価とは、なんとも贅沢なっ! すごすぎですっ!
ところで新米ライファーさんは扉座の横内さんをご存知ですか?
新三国志の作家さんです。横内さんのブログで時々、猿之助さんのことを書かれているのですよ! 来年か再来年にはスーパー歌舞伎新作上演されるかもしれませんね~ 楽しみです!
横内さんブログ→http://www.tobiraza.co.jp/blog/

●お名前だけなら存じています

猿之助先生はマイクも不要な力強いお講義でしたし、石川先生はレポートにA評価をくださり、めでたく卒業できました。在学中は観劇の時間がとれなくて辛かったですが、今や心おきなくシアターゴーアーv-238復帰です。横内様はお名前だけ存じ上げていましたので、ブログをこれから拝見してみますね。いつもありがとうございます。ではまた、ごめんください。

●>新米ライファーさま

A評価でご卒業とは、すばらしい~v-20
夏夜の最優先のお知らせも届きましたし、三月にはヤマトタケルもありますし
素敵なラインアップが目白押し♪
今年も、お互いに観劇ライフを楽しみましょうね~v-290

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード