ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰日向に咲く

「いいじゃないか、少しくらい! ずっとひとりだったんだぞ!」

08-02-20_陰日向に咲く
 予告で聞いた岡田准一くんの台詞が
 とても印象的だったこの映画――
 先週ようやく観てきました。
 でもって、感想は

 ・・・

よかったんですよ、よかったんですけどね


・・・。


どうも予告を見てからちょっと間があきすぎたようで、知らぬまに自分のなかで勝手にイメージが膨らみすぎていたみたい――かといって、どんなイメージかと問われても、自分でもよくわからないのですが――それで、たぶん・・・そのイメージと実際に観た感じとにちょっとギャップがあったのでしょう、思っていたほど感情移入できなかった・・・。

映画自体は、それぞれに不器用な登場人物が “自分はひとりだ” と思いながら生きているんだけど、最後にはそんな “ひとりだ” と思っていた登場人物たちがなんとなくそれぞれにつながっていて “ひとりじゃないよ” と、そっとささやいてくれる、そんな作品でした。終盤の宮崎あおいちゃんの台詞

「明日はきっと晴れるよ」

心がほっとする、とてもすてきな言葉なんだけど・・・。いかんせん、どうもいまひとつ作品に入り込めなかったもので・・・。

映画にせよ舞台にせよ、いつもできるだけ先入観を持たずに白紙の状態で観にいくようにしているんだけど、映画の場合はとくに予告というものがあって、TVでもしょっちゅう流れてるし、知らぬまに先入観が生まれてしまう・・・。

というわけで、今回はそういう事情もありますが、星三つ くらいです。ちと厳しいような気もしないではないですが・・・。よかったんですよ、よかったんですけどね・・・もうひとつ胸にぐっとくるものがなかったかな・・・

でもというか、だからというか 『陰日向に咲く』 小説は読みたいなと思いました。正直なところ、劇団ひとりさんの芸風はどちらかというと苦手なのですが^^; でも、この小説は面白そう。いずれ読んでみたいと思います。

それからコミック版も出ているみたい。Amazonのレビューを読むと賛否両論あるみたいですが、いちおうご参考まで。


        


映画「陰日向に咲く」公式サイトhttp://www.kage-hinata.jp/index.html

    *  *  *  *  *  

おまけ 週末のTV
 ☆ 今夜(3/1) 夜7:00 ~ 『脳内エステ IQサプリ』 (ハチクロの真山こと向井理くん出演予定)
 ☆ 明日(3/2) 朝9:55 ~ 『いつみても波瀾万丈』 (ゲスト: 歌舞伎役者 市川春猿さん)

TVは極力見ないって、いったいあの言葉は何処へ・・・^^;


ブログランキングに参加してます! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT

●陰日向に咲く

ふうさま、お久しぶりです。この本はぜひ読んでください!映画は観ていませんが、原作には泣けました。できれば画像なしの、文字だけの世界の方が味わいがあるかもしれないと思います。でも詳しくは内緒ですv-8

●>新米ライファーさま

こんにちは。お久しぶりです^^
そうですか、小説よかったですか。
(映画は)全体的には好きだったのですが、どうもなにかひとつ物足りなくて・・・
それで小説ならもっと緻密に描かれているんじゃないかなと思い
読んでみたいなぁと思ったのですよ。
カリフォルニア物語が終わったら読んでみようかなv-290

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。