FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BANANA FISH

天王洲アイルの銀河劇場では今週末まで、吉田秋生さんの原作コミック 『カリフォルニア物語』 が上演されています。吉田秋生さんの作品はあの涼しげなタッチが好きなのですが、やはり代表作といえばこれ、『BANANA FISH』 ですよね♪

   

      [↑文庫版 ]

以前勤務していた会社の読書好きの女の子が貸してくれて、読み始めてすぐにのめりこみ、全19巻(文庫版は11巻)をいっきに読了したのですが、実はひとつだけ悔まれることが・・・。というのは、3巻か4巻あたり(もう少し後だったかも)の「あとがき」を読んでいたら、なんとそこに結末が書かれていた うーん この作品を読まれたかたはご存知のことと思いますが、結末にはある重大な展開が待ち受けており(主人公にある重大なことが起こる!)、わたしはそれを3巻か4巻あたりで知ってしまったのですよ(泣)。

もうなんかね、エーって感じでした。うっそー、そんなーってね。まだ読まれていないかたのために、どんな結末だったかについてはあえて触れませんが、最後までそれを知らずに読むのと、知ってしまってから読み進むのとでは、ずいぶん楽しみがかわってしまいます。

あとがきを書いたかたがどなたかは忘れましたが、書かれたかたにしろ、編集者のかたにしろ、できればもう少し読者に配慮してほしかった・・・。「ネタばれあり」って、どこかに書いておくとかね。(以来、あとがきを読むときは十分気をつけるようになりました^^;)

でもそれ以外は120%超の満足度で、とっても楽しめましたけどね。にっこり

今回、カリフォルニア物語が舞台化されるということで、まだ読んでいないカリフォルニア物語は舞台を観るまで楽しみにとっておくとして、久しぶりに BANANA FISH を読んでみたいナ~と思いちょっと調べていたところ、なんと BANANA FISH 英語版が出ていた!

Viz Communications という出版社から2種類のヴァージョンが刊行されているそうで、最初に刊行されたほうは洋書に合わせて「左→右開き」になっているようです。その後、Graphic Novels版というのが刊行され、こちらのほうがお値段も安く日本語原版に合わせて「右→左開き」になっているとか。漫画の場合はイラストがありますからね、「右→左開き」と「左→右開き」とではずいぶん印象が変わることでしょう。(そのあたりについては、こちらのブログで丁寧に解説してくださっています。>> 多読でめざそうバイリンガル♪


        

  [ 左側が「左→右開き版」、右側が「Graphic Novels版」 ]


BANANA FISH も読みたいけど、陰日向に咲くも読みたい・・・
うーっ、読みたい本がどんどんたまってく~
昨年からずっと放置されている京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)」は
いったいいつになったら読めることやら・・・

ちなみに今は、ヒストリカルロマンス
舞踏会の夜に魅せられ―華麗なるマロリー一族 (ヴィレッジブックス) を読んでます


※次の更新は、8日(土)を予定しております。


ブログランキングに参加してます! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT

●同じ同じ♪

吉田秋生さんの作品、私も好きです、あの飄々とした感じが好みで・・・
また読んでみようかな。
で、「陰魔羅鬼の疵」・・・、未だ読み始めて“も”いません(汗)
まぁ、手に取った動機はふうさんと同じでしょうが(爆)
こうなったら、ふうさんよりも先に読んでやるぅ!!!!!!
何故だか変な対抗意識持ってますね、アタシv
いつか(笑)読み終えたら、またお話しましょうね。

●>miyukiさま

「おんもらき~」は、わたしもまだ読み始めてもいません^^;
いちおう買って棚においてあるだけ・・・
京極さんのは読むとき覚悟がいりますよね(笑)
なんかものすっごい脳を使う気がする・・・長いし。
“彼” そういうのが好きですよね?!

●バナナ・マロリー(?)

『BANANA FISH』 、わたしも大好きです! 全巻持ってます♪ 
……んが、「あとがき」のことはまったく覚えておりませんe-263 (あとで見てみようっと)

それに「マロリーシリーズ」! これも好きです♪
最新作の『誘惑は海原を越えて』が、本棚で待機中です。購入したのは去年なんですけどね……v-356
わたしは那波かおりさんの翻訳が大好きで、「那波氏訳書」のコレクターと化しておりますv-402
『テメレア戦記』も早く読みたいのですが、今は『心は揺れて』を読書中(現在地:P28)ですe-266
ハーレクインにしては、ミステリ色の濃い始まりで、わくわくしておりますv-343
まあ、ハーレクインを読み始めたのはごく最近なんですが……v-355

また何かおもしろい本があったら教えてください☆彡

●>一恵さま

一恵さんは那波かおりさんのファンでいらっしゃったのですね! わたしは翻訳学校の基礎科で半年、那波先生に師事したにもかかわらず、先生の訳書はたぶんこのマロリーが初めてです^^; 先生の訳書を読みながら、改めて先生の安定した訳とそのレベルの高さをまざまざと思い知らされております。先生の作品では、まだ刊行される前に課題で少しやった『1/4のオレンジ5切れ』がなかなか面白かったので、是非読んでみたいと思っています。『心は揺れて』もお読みいただきありがとうございます! 那波先生の訳に比べたらまだまだ至らぬところが多々ありますが、ストーリーは面白いのでお楽しみいただければと思います^^; 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。v-436

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。