FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨークの騎士

ニューヨークの騎士
 ニューヨークの騎士 (ハーレクイン・スポットライト・プラス 9)

 著者: マリー・フェラレーラ
 訳者: 小林りりこ
 定価: 720円(税込)
 ISBN: 978-4-596-33609-5


ハーレクイン・スポットライト・プラスより 『ニューヨークの騎士』 が刊行されました。本書は、1月に刊行された 『ボディガードは眠らない』(右のプロフィール欄下をご参照ください) の続編で、同書のヒロイン、サーシャの妹ナターリャが今回ヒロインとして登場します。前著に引き続き今回もサスペンスの要素がふんだんに盛り込まれていて、なかなかおもしろいです。実を言うとまだ始めのほうしか読んでいないのですが、冒頭からかなり気になる展開になっています。尚、店頭販売は3月末ごろまでです。

  *  *  *  *  *

ストーリー

見つけたのは幼なじみの変わりはてた姿。
これはいったい、どういうこと?

ブーツ。クランシーのお気に入りの白いブーツだ。ナターリャは幼なじみのブーツの足先を目にして駆け寄った。その日、ふたりで訪れるはずだったアートギャラリーの駐車場で、電話中に不意に連絡を絶った友人を、彼女はやっと見つけた。何か事件に巻き込まれたのではと不安でならなかった。これも、警察署で携帯電話の電源を追跡してもらったおかげだわ。ナターリャのそばには、刑事のマイクが付き添ってくれていた。彼は事情を聞いて、勇敢な騎士のように快く協力を買って出てくれた。ハンサムなプレイボーイ風で、なれなれしいのが少し気になるけれど。そんな思いも束の間、見つけたはずの友人は車の陰に倒れ込んでいた。青白い顔で身動きもせず、息をしている気配はまったくなかった……。

1月刊行の「ボディガードは眠らない」(HTP-2)に続き、プラスキ家の五人姉妹の物語の二作目をお届けします。一作目に登場した長女サーシャとトニーがついにゴールイン! ふたりの結婚式の様子が本作でお楽しみいただけます。お見逃しなく。
                                 ( ハーレクインHP より抜粋 )


桜 ブログランキングに参加してます! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT

●まさにタイムリー?

じつは今、『ボディガードは眠らない』を読んでいる真っ最中(現在地P.152)で、

>一作目に登場した長女サーシャとトニーがついにゴールイン! ふたりの結婚式の様子が本作でお楽しみいただけます

これには思わず笑ってしまいました。
まあ、ロマンス小説ですし、ハーレクインですし(笑)、ハッピーエンドになるのはわかっておりましたが。
そうですか! 結婚式を挙げるのですね v-259

●申し訳ございません

せっかく拙ブログにコメントいただいたのに、FC2に問題がありv-412
投稿記事自体が削除状態になっております……。
ですから、わたしのレスも消えてしまいました。

今FC2のほうへ記事&コメントの復旧が可能かどうか問い合わせ中です。
もし復旧できなかったら……ごめんなさい v-406

●>一恵さま

『ボディガード~』 お読みいただきありがとうございます!
そして、結末ばらしちゃってすみません^^;
ハーレクインはラストはハッピーエンドと決まっているらしいので
それまでのプロセスをお楽しみいただければと思います^^;

それからミステリアスな “記事消失事件” ですが、わたしのカキコミはさておき、投稿記事自体が消えるというのは、せっかく書かれた記事なのに悔まれますよね~ あ、でも、(消える前に)一恵さんのレスは拝見させていただきましたよ! 会社の休憩時間にちらっと拝見し、ちゃんと読ませていただきました! ありがとうございました^^

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。