FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

阿片と拳銃

 08-08-07_阿片と拳銃

セッキー客演中の 劇団M.O.P. 『阿片と拳銃』 を観てきました♪
M.O.P.の舞台をナマで観るのは実に5年ぶり。
2003年に、今では閉館となった大阪は近鉄小劇場で観た
『オールディーズ・バット・ゴールディーズ(キムラ緑子さん&山内圭哉さん主演)』 以来。
その間、TVでは何作か観ていましたがナマのM.O.P.は本当に久しぶり。

で、どうだったかと申しますと・・・

さすがは実力のある劇団。ストーリーもさることながら、主演のキムラ緑子さん、三上市朗さん、小市慢太郎さん始め、脇を固める役者陣の技量といったら――こんなことを言ったらライファーの方々は気分を悪くされるかもしれませんが――申し訳ないけれど、Studio Life は及びもつかない・・・。既に地方公演で何本も上演してきたということもあるのかもしれませんが、芝居全体の完成度もとても高かったです。

ストーリーはすでに観劇されたライフ劇団員さんたちのブログでも少し紹介されていますが、当パン(当日パンフレット)に書かれていた劇団主宰&作・演出のマキノノゾミ氏のお言葉を借りれば “しみじみとした愛” の物語。


以下、ネタばれありです。

物語は、

・1979年(昭和54年) 浜松のとある老人ホーム
・1939年(昭和14年) 上海
・1959年(昭和34年) 京都の映画撮影所

と、三つの時代と場所を行ったり来たりしながら進むので最初はちょっとややこしい気もしましたが、最後にはちゃんと一本につながって、これまたしみじみとしたよいエンディングなのですよ。

それから主役の緑子さん、三上さん、小市さん演じる3人の男女が始めて出会うのが昭和6年で、日本で始めてトーキー映画が上映された年。3人は当時、同じ映画館で同じ回の 『巴里の屋根の下』 を観ていて、その曲が芝居のひとつのテーマソングになっていて芝居の要所要所で流れるのですね。それがまた舞台にあっていて、なんともいい。

セッキーはと申しますと、チケット情報局 でも本人が言っていたように、緑子さんと三上さんの息子役。これがどうしてなかなか、立派に堂々と演じていて、周囲の観客席にいたであろう多くのM.O.P.ファンの方々に

  「どんなもんです、彼が Studio Life の関戸博一くんっていうんですよ!」

とふれて回りたいくらい誇らしい気分になりました^^
ことによるとセッキー、Studio Life よりM.O.P.のほうがしっくりおさまってるんじゃないかと思うくらい、芝居に溶け込んでいました。

カーテンコールでは全出演者が登場し、緑子さんの(いつから始まったのか)

  「M.O.P.恒例の “意味なく○○やっちゃいます” のコーナー!」

の号令で、やってくれましたヨ~♪ 5年前、近鉄小劇場へ観にいったときは、たしかこんなコーナーなかったはず。ここでもまた劇団員の皆さんや、セッキーを始め客演役者の方々の芸達者ぶりを拝見(拝聴?!)し、とっても楽しませていただきました^^

わたしのつたない文章では芝居のよさを上手くお伝えすることができなくてもどかしいですが、とにかく本当に素敵なお芝居です。迷ってらっしゃる方には是非是非ご覧になっていただきたいです! 観客の反応は上々らしいのですが、あいにく残席がかなりあるようで、終演後セッキーもロビーに出てリピート観劇の受付をしていました。(余談ですが、この日はオノケンが観にきてました^^)

eプラスで得チケが出ています(¥5500 → ¥4000)
>> eプラス得チケ

ファイナルカウントダウンが始まった今、M.O.P.の公演も今公演を入れて残すところあと3公演。是非是非お見逃しなく!!!

今回久しぶりにM.O.P.の舞台を観て、残りの2回も絶対観にいこうと心に決めました。
またセッキーが客演してくれるといいなぁ~ 扉座の岡森さんなんて今公演で10年目ということらしいし、片岡さんも昨年に引き続き2年目のご出演ということですから、セッキーがまた出てくれる可能性も大!

マキノさん、どうかよろしくお願いします!!!


劇中曲 『巴里の屋根の下』
先日、TAMAGOYAKIの劇中曲 『故郷を離るる歌』 を教えていただいたブログ
「二木紘三のうた物語」で紹介されていました。
>> http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/09/post_8d45.html


YouTube 『巴里の屋根の下』
  


劇団M.O.P.観劇記録
・劇場にて
  『オールディーズ・バット・ゴールディーズ』 2003年7月 大阪近鉄小劇場
・TVにて
  『最初の嘘と最後の秘密』 1999年公演
  『エンジェルズ・アイズ』 2007年公演

※過去公演あらすじ等は劇団M.O.P.公式サイトをご参照ください。
>> http://www.g-mop.com/


p.s.
紀伊国屋にはすでにマージナル(8/28開幕)のポスターが、
そして地下鉄の駅にはラストゲーム(8/23公開)のポスターが貼られていました♪
08-08-07_マージナル  08-08-07_ラストゲーム
スポンサーサイト



COMMENT

●M.O.P

M.O.Pおもしろかったんですね~i-179 関戸くんも良かったそうでe-231観劇お疲れ様でした。
私もM.O.Pは行きたい行きたいと思いながら一度も見ないままだったので、ラスト2公演は絶対行こうと思っています。

●>tamayuraさま

コメントいっぱいありがとうございます!!!
M.O.P. 本当によかったです!
とくに緑子さんと三上さんは大好きで、その息子役にセッキーが抜擢されるなんて、なんだか我が事のように嬉しくなります。緑子さんや三上さんは今後も他の舞台で拝見できるとは思いますが、M.O.P.の舞台で観られなくなるのはやっぱり淋しいです。わたしもラスト2公演は絶対行こうと思います!

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相模川から旧陸軍拳銃=アユ釣りの男性見つける-神奈川

 神奈川県厚木市の相模川の川底から先月、旧日本陸軍の軍用拳銃1丁が見つかっていたことが12日、分かった。拳銃の状態から、水に漬かってから数日とみられ、県警相模原署が、川の中に放置された経緯などを調べている。 調べでは、先月23日午前11時ごろ、同市上依知の相
翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード