FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

マージナル 閉幕

昨日、マージナル 大千秋楽 uterusチーム都市編を観てきました☆

1ヶ月前、初日wombチーム砂漠編を観たときにはストーリーについていけず、なんとなく置いていかれた感があったのですが、その後、都市編を観て、さらにuterusチームを観て、原作を読み・・・と、今ではすっかりマージナルの世界にハマってしまっています。

あれから何人かに、“原作読まずに観劇した” と話したら、決まって “チャレンジャーだね” という答えが返ってきた・・・。観方は人それぞれで、原作を先に読んで(あるいはもともと原作のファンで)それがどんなふうに舞台化されたか観てみたいと言う方も多いと思うのですが、わたしは、前にも書いたかもしれませんが、できれば先入観のないできるだけ真っ白な状態で舞台を観たいという思いがあり、いくらチャレンジャーと呼ばれようとも、“原作は観劇後” のパターンはたぶんこれからも変わらないだろうなぁ~

とにかく知れば知るほど壮大なストーリー。頭のなかや胸のなかではいろんな思いが渦巻いていますが千秋楽終わったばかりで、ミカシュンじゃないけど、ちょっと放心状態・・・(千秋楽のカテコでミカシュンがそう言っていた) ただでさえまとめるのが苦手なのに、今はそれに輪をかけてまとまりません・・・ご容赦ください。

いつまでも余韻に浸っていたい気分ですが、実は納期が迫っていて残念ながらそういうわけにもいかず・・・。というわけで、マージナルのことを考えるのは夜お布団に入るまでおあずけにして、これからお仕事モードに切り替えます。

マージナル開幕したころはまだ暑かったのに、この週末でいっきに秋めいてきました。
体調くずさないよう気をつけないと。

劇団員のみなさま、すてきな舞台をありがとうございました!
次回、銀河劇場での公演も楽しみにしております!
長きにわたる公演、ほんとうにお疲れ様でした!

p.s.
千秋楽公演では終演後、芽が出るしおりの代わりにat homeさんのクリアファイル(大ちゃんとマツシンくんが載ってるやつ)が配られていて、ついに、おがっちからもらえた 超幸せ~

スポンサーサイト

COMMENT

●私も観ました!

ふうさまも昨日紀伊国屋ホールのどこかにいらしたのですねv-237確かに壮大なお話で、23年くらい前でしたか、発表時は全くよそ事の話のように思っていましたが、2008年になればじわじわと肌身に迫るように感じました。初日には萩尾先生もいらしていて、大ファンの私は失礼もかえりみず話しかけてしまいましたv-10ではふうさま、お仕事がんばってくださいね!

●>新米ライファーさま

おぉ~っ、新米ライファーさまも楽日いらっしゃいましたか!
おっしゃるとおり、あの作品が20年も前に描かれたなんて
萩尾先生の頭のなかはいったいどうなっているのでしょうね~
ただただ感服するばかりです。
そしてあの作品を砂漠編と都市編に分けて舞台化してしまう
倉田さんも流石です。
今回は物販もなかなか凝っていて、開演前終演後もいろいろと楽しめて、ほんとうに素敵な時間を過ごさせていただけました♪

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●千秋楽!

お久しぶりです☆
千秋楽観劇(って、今さらですが)お疲れさまでした~。私も行きたかったです。すごく盛り上がったようですね(^^)
そして緒方くんからついにクリアファイルGET☆おめでとうございます! お目当ての方から頂けると嬉しいですよね。私も緒方くんから頂いたしおり大切にしています♪

●>tamayuraさま

試験終わられたようですね! 本当にお疲れ様でした!!!
これからは待ちに待った観劇三昧の日々といったところでしょうか?(笑)
がんばった自分にご褒美いっぱいあげてくださいね~^^
わたしも今は最後の追い込み中ですが、終わったらお芝居映画三昧したいと思います♪

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード