FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

パサジェルカ トークショー

これも今さらですが、先週の パサジェルカ Siegfriedチーム終演後にトークショーがあったので、その模様を書きとめておきたいと思います♪

こちらも先日書いた死の泉でのトークショーと同様 「舞台の中心で愛の詩を叫ぶ」 と題して、選ばれた5名の役者のかたがそれぞれ “愛の詩” を詠んでくださいました。

司会は篠田さん、アシスタントがセッキーで、篠田さん、ちょっとぐだぐだだったけど、あいかわらずの好青年でした^^

愛の詩、トップバッターは船戸さん。
小田和正さんの 「ラブ・ストーリーは突然に」 を詠んでくださいました。
詩の最後はおなじみ、

   「あの日 あの時 あの場所で
    君に会えなかったら 僕らは いつまでも 見知らぬ二人のまま」

の部分のラストの “まま” に節をつけて♪

二番手は舟見くん。真っ白なワンピースをまとった大人のマルタ姿で登場。
舟見くん 「せっかくこの恰好をしているので、特別ヴァージョンということで――」 と、いつもは囚人服姿で詠んでいる劇中の 『エリカの詩』 を詠んでくださいました。ちなみにこのエリカの詩、パンフレットに掲載されています!

そして三番手、ついに高根氏のご登場!
ぐだぐだな感じでなにやら質問しようとする篠田さんに、足蹴りをくらわすふりをする高根さん。詩の題名を明かさず前置きもないまま、さっそく朗読開始。

   「ここにふたりいるだけで 足りないものは何もない――」

とここまで聞いて、うむ?これどこかで聞いたことある、と思っていたら

   「アヒルンルン アヒルンルン」

だって! さらに――

   「ぼくたちは一生いっしょさ クウェ、クウェ、クウェ」

アヒルンルン、クウェ、クウェ、クウェって、高根さんっ!
言うまでもなく客席爆笑の渦でした。

このあと倉本さんが川崎なんとかさんというかたの 「名前のうた(だったかな?)」、ラストは藤原さんが宮沢賢治さん(だったと思う)の詩を詠んでくださったのですが、わたしの頭のなかはすでに 「アヒルンルン ひよこ」 でいっぱいだったので、あまり覚えていない・・・^^;

今回久々にトークのある回を観劇し、死の泉では深山さんの 「いつでも会える」、パサジェルカでは高根氏の 「アヒルのワルツ」 が聞けて、とても嬉しかったデス にっこり

さて、今回の公演も今夜をいれて残すところあと5ステージ。そしてこのあとは神戸公演。
劇団員の皆さま、大千秋楽までがんばってください!!!

スポンサーサイト



COMMENT

●待ち遠しいっ!!

ふうさん、こんにちは♪
トークショーのレポ、ありがとうございます!
楽しい様子がビシバシ伝わってきました。
両演目とも私にとっては初見なので
ふうさんのレポを拝見して予習(笑)してます。
(いや、原作を読めよ・・って話ですが)
神戸、帰ったらご報告にきますね~v

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●Re: 待ち遠しいっ!!

miyukiさん、コメントありがとうございます!
> (いや、原作を読めよ・・って話ですが)
わたしはお芝居を観てから原作を読んだので、舞台の情景を思い出しながら読了することができましたが、あのボリューム&内容からして原作を先に読み始めていたら途中でギブアップしてたかもしれないです^^; でも読んでから観たほうがきっとわかりやすいんだろうなぁ・・・ ニワトリが先かタマゴが先かって感じ!? 先に読むべきか読まざるべきか、それが問題だ~ 
> 神戸、帰ったらご報告にきますね~v
お待ちしております!!!

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード