FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

奇跡のシンフォニー

死の泉&パサジェルカ 神戸公演大千秋楽おめでとうございます!
劇団員のかたがたはその日のうちにバラシを終え、すでに帰京されたご様子。
本当にお疲れ様でした!
でも今日もまだ片づけとかがあるようで、がんばってくださーい!

おがっちもお疲れ様でした!
神戸公演も裏方でがんばっていたようですね。
そして、夜は堀川くんと一緒に、篠田さんに お好み焼き 明石焼き屋さんにつれていってもらったとか。よかったね、おがっち。

というわけで、昨日は神戸で大千秋楽公演が行われているさなか、わたくしは大掃除に追われておりました。まだちょこっと残っているところもありますが、おおかた片づき、昨夜は久しぶりにすっきりした部屋で、M-1 を見ておりました。グランプリは結成8年目の NON STYLE というコンビ。わたしは初めて見たのですが、ストリート漫才で鍛えたというだけあって、つかみもテンポもよく面白かったですね~ ストラップがばねになっていて、携帯を放り投げてもまた戻ってくるというネタ、思わずガハハと笑ってしまった

大笑いしたあとはそのまま日曜洋画劇場を見てもよかったのですが、なんとなくダイハードという気分ではなかったので、先日レンタルしてきた 『奇跡のシンフォニー』 を見ました。劇場公開中に見たいと思っていたのですが見逃してしまっていたものですから。

ストーリーはもう少し複雑なのかなと思っていたら、宣伝などから想像していた範囲内のわりとシンプルなものでした。それよりも登場人物の心理描写や音楽により重点が置かれているという感じ。とにかくですね、メインの3人、孤児のエヴァン(フレディ・ハイモア)、母親のライラ(ケリー・ラッセル)、父親のルイス(ジョナサン・リース=マイヤーズ)がみんなそれぞれピュアで、ものすごーく一途なのですよ。ただただ愛する人に会いたい、その一心。そんな彼らの気持ちが丁寧に繊細に描かれていて、観ている側もいつのまにか彼らの再会を願わずにはいられなくなる、そんな作品でした。ルイスとエヴァンが互いを父子と知らずに初めて出逢うシーンは感動ものです。

親子3人の演技もさることながら、脇をかためる名優たちの演技も光ってましたね。エヴァンを優しく見守る児童福祉局の職員リチャード(テレンス・ハワード)、なにやら怪しい感じのする男ウィザード(ロビン・ウィリアムズ)、どちらもハマり役でした。

それからタイトル。原題は 『August Rush(オーガスト・ラッシュ)』 といって、これはエヴァンが音楽活動をする際の芸名なのですが、ここから 『奇跡のシンフォニー』 という邦題をつけた人、すごいです! 翻訳者の端くれとして、尊敬せずにはいられません。作中、エヴァンが両親への想いをこめて作る 『August’s Rhapsody(オーガスト・ラプソディー)』 という楽曲があるので、『奇跡のラプソディー』 としそうなところだけど、映画全体を表現するにはやはり 『奇跡のシンフォニー』 のほうがあっています。響きもきれいですしね

音楽も素敵だし、心が洗われる一作です。お薦めですよ!



スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード