FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

Show Time in the Afternoon

今日は某翻訳学校のオープンスクールで開催されていた無料講座と体験授業を受けてきました。案内が来たのは1ヵ月ほど前で、イベントの次の日だし、ゆっくり余韻に浸りたいし、どうしようかなぁと迷ったのですが、やっぱりせっかくの機会だしと思い直し申し込んでおいたのです。ひとつは医薬翻訳基礎講座の体験授業、もうひとつは「脳の働きと、脳に作用する薬について」の講義で、後者はわたしにはちょっと高度すぎるかなと心配していたのですが、内容が入門者向けだったのでけっこう面白かったです。とはいえ、やはり専門的なことはあまり理解できなかったのですが^^;、講師の工藤先生というかたがとても楽しいかたで、ときどき冗談を交えたりしながらお話してくださったので、1時間飽きることなく、あっというまに過ぎてしまいました。この工藤先生というは、東京薬科大学の名誉教授だそうで、NHKのサイエンスZEROという番組にも出演されたことがあるそうです。機会があれば、ぜひまた先生の講義を受けてみたいと思いました。

さ、前置きが長くなりましたが、そうです、イベントです。忘れる前に、ちゃんと記録しておかねば。

   *   *   *   *   *

昨日も書きましたが、そうなんです、のっけから、いきなり薫子さまのご登場だったのです。それまで明るかった場内の照明が徐々に落とされ会場がざわつき始めると、月光(だったかな?)のBGMとともに客席から登場された薫子さまにスポットライトがパーン!ですよ。これで盛り上がらないわけがない 最後に拝見したのは2004年の九段下でのイベントですから、前の髪型がどんなだったか覚えていないのですが、今回はブロンドのくるっくるの縦ロールっぽい感じで、ドレスも華やかなピンク(だったと思う。。。だめだ、すでに記憶が薄れてきている)、まぁとにかく華やかなドレス姿で客席から登場すると、まっすぐステージへは向かわず、そのまま客席内を歩き回りながら、皆さまへ再会のご挨拶。いやぁ、ほんとに豪華でした。

その後は続いて蕾子さま(林さん)と華子さま(石飛さん)のご登場。石飛さんは客演の都合があるからか顎鬚を生やされたまま、華子さまは新井薬師歌劇団に入団して男役をされているという設定でした。ドレス姿が見られなかったのがちょっと残念。
篠田さんのブログ に、笠原さんと石飛さんの写真がUPされてました♪)

今回は河内のおじさまから宅急便でプレゼント が送られてくるという設定で、届くのが待ちきれない三姉妹は宅急便のオフィスまで直接引き取りに行こうとするんだけど、実は宅急便のオフィスがどこにあるかわからず、あちこち探し回りながら全然違うところへ行ってしまうというストーリー―


まずステージに現れたのは、ヒース(大ちゃん)とスウェナ(及ちゃん)。しばらくのあいだ 『カリフォルニア物語』 の台詞をやりとりしたあとは、大ちゃんからのお悩み相談。現在、フルーツバスケット稽古中の大ちゃんは、若い共演者の子たちの言葉が理解できず困っているらしい。とある日、稽古場へ行くと、その若い共演者の子のひとりが大ちゃんの着ているジャケットを見て、ひとこと。

  「ヤバっ、ゲキアツっすよ!」

これは喜んでいいのか、どうなのか? いったいゲキアツってなんなんだ?
大ちゃんも及ちゃんもふたりして頭をかかえておられました。

そんなこんなしているうちに、てっきりここが宅急便のオフィスだと思ってやって来た蕾子さまと華子さまがご登場。

大ちゃんヒース、華子さまを見たとたん「お、お父さん。。。」と言い残し、逃げるようにスウェナとともに立ち去る。カリフォルニア~では石飛さん、ヒースのお父さん役でしたからね~ 石飛さん「最近、お父さんの役とかが多いのよね~」と複雑な心境のご様子でした(笑)

ふたたび運送屋さんのオフィスを探しに行く姉妹――

次に登場したのは、篠田さん率いる“丸仁運輸”の運送屋さんたち。篠田さんが舞台から「番号!」と号令をかけると、客席最後方で一列に整列した原田くん、大沼くん、冨士くん、神野くん、石井くん、堀川くん、政宗くん(順不同)が順番に大きな声で「イチッ」「ニッ!」「サ~ンッ!」・・・

どういう順番だったか覚えていないのですが、冨士くんが三番目だったのだけは確か。「サ~ンッ!」とナベアツ風に言っていたのを覚えているので(笑)

点呼が終わると、運送屋さんたちはそれぞれ手に持っていた色とりどりのハート形 の風船を、お客さんに配っておられました。無事仕事を終えられた丸仁運輸のみなさんは、篠田隊長の掛け声とともに、肘を直角に曲げ左向け左をして、足を揃えて駆け足ではけていかれました。はけていくときは(登場のときもですが)、アメリカの軍隊が訓練で走りながらよく歌っている歌があるじゃないですか(愛と青春の旅立ちでも出てきた、あれです。例えが古っ)、あの曲に合わせて

  篠田さん「河内、もうすぐ還暦だ~♪」
  みんな 「なんでもかんでもうんそうや~♪」

と声をそろえて元気よく歌っていかれました。

ん~、だんだん記憶があやしくなってきたゾ。。。

次がブリギッテ(吉田くん)、モニカ(青木くん)、マルガレーテ(三上くん)だったかな。パウラ(牧島さん)も登場して、『死の泉』 のパロディが披露され、そのあと、Wキラ(マツシン&アラケン)の登場だったかしら? もしかしたらその逆かも。Wキラでは、ゴー博士(山崎さん)も登場。しばらくは 『マージナル』 だったはずなのに、いつのまにかWキラはキラの衣裳のままロミオとジュリエットに、ゴー博士はロレンス神父となり、『ロミジュリ』 の結婚式のシーンに 最後は、山崎さんが 『夏夜』 のボトムの「ノーズっ!」でしめてくださいました。

いちおうこれで前半戦終了かな~ あとのほうはかなりはしょっちゃいましたけど、また思い出したら次回追加・修正したいと思います。

後半戦はいよいよ L-1グランプリ です!

To be continued...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今度の金曜日(あ、13日の金曜日だ。。。)、昨年11月に新国立劇場中劇場で上演された『山の巨人たち』が放送されますね。『歌のおにいさん』とかぶってるから録画しなきゃ(笑)

  『山の巨人たち』 2月13日(金) 22:30 - 0:45 NHK教育

スポンサーサイト

COMMENT

●わー(^^)

昼の部のレポ楽しみにしていました! ありがとうございますv-411
綾小路三姉妹は相変わらず楽しそうですねv-290
夜の部はある意味カラオケ大会のような感じだったので(^^;)
昼の部の催し物見たかったな~と思いました。
前半戦に登場されていない方々がL-1でご活躍なのかしら?
楽しみにしていまーす♪

それと今後の上演予定もありがとうございます!
さすがふうさん、記憶力が違いますねv-418
舞台の上演数が少なそうでしたが、次回は緒方くんも出演されるといいですね。私も出てほしいです。

●レポありがとうございます!

ふうさま、おがっちがお休みで残念でしたねv-12
私にとっては最後の綾小路三姉妹、見納めかあと思うと万感胸に迫りまする。そういえば、吉田ブリギッテの爆弾発言「おなかにいるのは山本芳樹の子供よーー!!」には場内爆笑でした。このとき山本氏はまだ会場には到着していなかったけれどいたらどんなことになっていたのやら・・。
今年は公演がフルバとLILIIESと秋の新作と冬の新人公演と4回あるけれど、結構少ないように感じてしまいます。
でもきっとあっと言う間に一年経ってしまうのでしょうね。

>tamayuraさま
ハイ、綾小路三姉妹はパワー炸裂してましたv-411
夜はT氏や深山さんたちがSMAPを歌われたそうでv-264
しかもT氏がリードボーカルだったんですってv-405
いや~ある意味カレンダーガールと同じくらいビックリです(笑)
観たかった(聴きたかった)ナ~♪
L-1グランプリは、これからUPさせていただきま~す^^
上演予定は、しっかりメモったのですよe-508
代表が話されだしたとたん、これはムリ、絶対覚えきれんと思ったので(笑)
緒方くんのビロドー、わたくしまだあきらめておりませんe-442
早く元気な姿を拝見したいですe-349

>新米ライファーさま
ほんと、いきなりテンション、ドーンと下がりましたよe-259
でもそのあと薫子さまのご登場で、いっきにガーンと上がりましたけどね^^;
そうそう、そういえば、ブリギッテ、大胆な発言してましたよね~
吉田くんが言うと、ほんとに聞こえるからコワイ(笑)
1年で4回なら普通の劇団なら多すぎるくらいですよね~
ただ近ごろキャストが偏ってきているような気がするから、いろーんな人に出ていただきたいです!
お願い、おがっちを出して!(←心の叫び)

●お疲れさまでした~

イベントのレポ私も楽しみに待っておりましたよ~。
いつもながら本当に楽しそうな様子ですね。
一度はお会いしたかった綾小路三姉妹、これが最後とか・・・
残念です。
商業的に傾きつつあるように思っていましたが
「LILIES」や倉田オリジナルの上演があるようで
ちょっと安心したというか・・・Lifeらしさを失わないでほしいので。
ありがとうございました。

●>ミモザ☆さま

いつも拙いレポを読んでいただきありがとうございます。
綾小路三姉妹、どこかでぜひまた復活して欲しいですね!
公演中のアンケートとかに書いてリクエストしたら実現するかも!?(笑)
わたしもライフのファンになったのは遅いほうで、かなり人気が出てきてからですが、それでも近年の成長ぶりというか、手の広げよう!?には少々複雑な気持ちになるときがあります。劇団が大きくなるのは嬉しいことなんだけど、ミモザ☆さんがおっしゃるように、わたしも、いつまでもLifeらしさを失わないでいてほしいです。v-22

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード