FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

Show Time in the Afternoon 2

有難いことに、先日今年に入って3冊目のリーディングのお仕事をいただき、今日は続いて4冊目のお仕事をいただきました! でもって通信講座の課題提出期限が来週にせまっており、なかなかイベントの余韻に浸るまもなく、もくもくとPCに向かっております。でも、このご時世、仕事があるのは有難いことだし、当分は医薬と文芸、両方やっていくと決めたのは自分だから、必死に食らいつく気持ちでがんばろうと思います。

とまあ、今日も前置きはこれくらいにして、イベント後半戦に突入しまーす!
ただ、記憶がさらに薄れてきているので、かなり抜けがあったり脚色が入ってたりしますがご容赦くださいマセ。

   *   *   *   *   *

えーっと前回は、山崎さんの「ノーズっ!」まででしたよね。

そのあとは、ふたたび篠田隊長率いる丸仁運輸のみなさんのご登場。どうやら河内のおじさまからのプレゼント というのは “幸せになれるイス” とかで、運送屋さんたちが、なにやら木製の脚立のような形をしたイスを運んできて、客席後方の下手、中央、上手の各場所に設置していかれました。

それぞれのイスに薫子さま、華子さま、蕾子さまが座られると、笑えば幸せになれるというコンセプトのもと、いよいよ L-1グランプリ の開幕
司会はもちろん我らが曽世さん! 挑戦者は下記の方々。
  

 Entry No.1 クーラーズ(舟見くん&小林さんのJr.3コンビ)
 Entry No.2 チキンハーツ(セッキー&仲原くんの若手コンビ)
 Entry No.3 アルゼンチンタンゴ(お馴染み甲斐さん&高根氏のやくざとチンピラコンビ)
 Entry No.4 アミーゴス+1(藤原さん&倉本さん+末松さんのベテラントリオ)
 Entry No.5 ブラックキャッツ(深山さん&奥田くんの本格派コンビ)




Entry No.1 クーラーズ
舟見くんはデイジーの衣裳、小林くんはモジモジ君もどきのゴールドの全身タイツ姿。小林くんがなにか言うたびに、舟見くんが 「Yes, we can!」 と答えるいうもの。ボケもツッコミもなく、なんだかよくわからない、ビミョーなネタでした。でも、舟見くんのブログ によると、クーラーズワールド全開とのことなので、本人たちにとってはまさに狙い通りの空気だったのかも(笑) ネタづくりには鶴田氏も加わっておられたそうで、Jr.3、ほんと仲イイですよね~


Entry No.2 チキンハーツ
若手らしく爽やかで、長さもちょうどよくて、個人的にはかなり好きでした^^ 仲原くんが夏夜の曽世さんライサンダーのパクリで 「Get down!」 を披露すると、そのあとはふたりで 「イエス!フォーリンラブ!」 ほかにも面白いネタをいろいろと披露してくれて、結構笑ってたんだけど、スミマセン、どんな内容か忘れてしまいました^^;
それから今回のためにオリジナルのTシャツを作られたそうで、おふたりとも “小心者” とプリントされたお揃いのTシャツを着ておられました。下のほうにはちゃんと “チキンハーツ” と入っているところがなかなかニクい。さすがはセッキー、芸が細かい。チキンハーツのTシャツは今後ネットで売るとか売らないとか。。。仲原くんのブログ にTシャツを着たふたりの写真がUPされてまーす!


Entry No.3 アルゼンチンタンゴ
たしか、最初にそう言われたような気がするのですよ。コンビ名、アルゼンチンタンゴって。でもそのあとずっと、司会の曽世さんが “やくざとチンピラ” と呼んでいたので、なんだかそっちがコンビ名みたいになっていた。。。

   高根氏 「アニキ、俺、アナウンサーになりたいんッスよ」
   甲斐さん「アナウンサーになってなにすんねん?」
   高根氏 「インタビューっていうのを、したいんッスよ」

というわけで、甲斐さんがスキージャンプのジャンパーに、高根氏はアナウンサーというよりはレポーターに扮して、インタビューを開始。ところがどういうわけか、甲斐さんがスタート切ってジャンプしても、高根氏はぴったり横についてきて、飛んでる最中も「今の心境は?」とかって質問するというネタ。最後、無事着地したところで、甲斐さんひと言 「おまえ、俺より飛んどるやんけ!」 チャンチャン♪

  高根氏 「やっぱり、アナウンサーやめますわ。俺、声優になります」
  甲斐さん「声優って、おまえ、なんの声優やるつもりやねん?」
  高根氏 「あんぱんマン」

  高根氏 「(声優になったつもりで)誰がバタ子さんを殺したんだ!?」
  甲斐さん「アホかぁ! バタ子さん殺してもぉてどうすんねん?」

とまあ、こんなやり取りがありまして、最後は高根氏の 「あんパンチ 」 でおひらきとなりました。
甲斐さんブログ にやくざとチンピラのツーショットが掲載されています^^


Entry No.4 アミーゴス+1
これはね、なんかよくわかんなかったです。曽世さんは、“お笑いへの新たなアプローチ” と称しておられましたが。。。 末松さんが真ん中で、ひとりでずーっと喋っておられるあいだ、藤原さんと倉本さんがその前で、全然関係ないことを話しておられた。どこかで誰かがツッこむかと思いきや、結局最後までその調子。終わったとたん、すかさず蕾子さまの鋭いつっこみ。「今のはいったいなんだったんですか? 途中で何人かトイレに行かれましたけど。。。」 会場大ウケ


Entry No.5 ブラックキャッツ
アミーゴス+1でかなり会場の空気が冷え込んでいたのですが、ラストはいよいよ本命のご登場! 楢原さんの休団でやむなくミルキーウェイが活動休止となってしまったので、申込むときハガキに「楢原さんの代わりに誰かと一緒に、深山さんにミルキーウェイをやって欲しい」というリクエストを書いておいたのですよ。その願いが、少年エーリヒ&フランツコンビという形で実現して、めちゃくちゃ嬉しかったです。ネタは、バレンタインにちなんだもの。まずは、深山さんが女の子役に扮して、誰かにチョコを渡しに行こうとするところを、奥田くんが、深山ヒロタ子(深山さんの女の子役のときの名前)ちゃんに催眠術をかけて、そのチョコを自分のところに持ってきてもらおうとするというストーリー。

  ヒロタ子 「さて、山本先輩にチョコ渡しにいこっと」
  奥田くん 「(五円玉を取り出して)あなたはだんだん眠くな~る」
  ヒロタ子  うとうとし始める。
  奥田くん  一緒にうとうとし始める。
  ヒロタ子 「ふたりともかかってどうすんじゃい!」 チャンチャン♪

ちなみに奥田くんが女の子役のときの名前は、キャサリン・セタ・ジョン子でした(笑)


さあて、すべての挑戦者がネタを披露し終わったところで、グランプリの発表!
客席の拍手の結果グランプリ は、やくざとチンピラ、じゃなくって、アルゼンチンタンゴのおふたりに決定!!! おめでとうございまーす

個人的にはブラックキャッツやチキンハーツも好きだったんですけれどね~

とまあ、こんな感じで第一回L-1グランプリも無事終了。次回はいつになるんでしょうね~。ミルキーウェイ、やくざとチンピラ同様、ブラックキャッツとチキンハーツには、これからもぜひ続けていって欲しいです!

以上、Show Time in the Afternoon のレポでした。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Image034.jpg今回のために調達したハートのネックレス。アクセサリーを買うのなんて何年ぶりだろう。どうも首周りだけが敏感肌で金属製のネックレスをするとすぐに赤くなってしまう(指輪は平気なのに)。冬はまだましなんだけど、夏は汗をかくからもうてきめん。だからコレも最初に見たとき可愛いなぁと思ったんだけど、たぶん駄目だろうとあきらめかけていたら、販売員のお姉さんがコレは医療器具にも使われているステンレスでできているのでアレルギーのかたでも大丈夫ですよって。それを聞いて即決。普段はネックレスどころかアクセサリー自体めったに買わないから、なんだか嬉しくなっちゃいました。これでもわたし、やっぱいちおう女だったんだ^^;

スポンサーサイト



COMMENT

●レポありがとうございます!

私も「ミルキーウエイがいいのですが・・」と書いておきました。もう少し音響効果がしっかりしてくれればなあとは思いました。
お仕事を続けていけば必ず坂道を通ります。かくいう私も会社員ではありますが、色々ありましたです。時々は立ち止まっても、あきらめずに進んでくださいませ!
ちなみに私はハートの形のレースのついたシュシュでシニョンにかぶせました。

●いつもいつも有難うございます!

ふうさん、お仕事のほうもお忙しいのにイベントのレポ、ありがとうございます!!
おかげで、私もすっかり行った気になって楽しむ事が出来ましたv
ハートのネックレスもとっても素敵ですよ。
このネックレスを見るたびに、楽しかった一時を思い出すのもいいですよね♪

●ご来場&コメントありがとうございます^^

>新米ライファーさま
そうですよね~やはりミルキーウェイ見たかったですよネ~^^
でも、それまで2本出ていたスタンドマイクを1本にされたところは、さすがは本格派でしたよね! やっぱり漫才はふつうマイク1本ですもんv-219
新米ライファーさんはお着物だったのですよね? 髪にはハートのレースのシュシュv-345 ステキですね!
温かい励ましのお言葉もありがとうございます!
立ち止まったり後退したりしてばかりですが^^;、とにかくあきらめずに少しずつでもいいから前へ進んでいきたいと思います!

>miyukiさま
こちらこそ、いつも拙い文章をお読みいただきありがとうございます! 今回わたしはお昼だけだったのですが、夜はSMAPだったそうですヨ♪ よく断らなかったですよね~意外と彼、そういうの好きなんですかね~(笑)
いや~ネックレスはね、なんか素直に嬉しいデスv-398 ほんと普段はアクセサリーとはほとんど縁のない人ですから^^; これからも大切にしたいと思いますv-343

●ありがとうございました

L-1グランプリには5組も登場されていたんですねー。
知らないうちにお笑いコンビがそんなに誕生していたとはv-405
T氏のグランプリおめでとうございますv-314

それとブログのリンクも貼って下さっていたので、やっと写真見られました。
甲斐さんのブログにどこから飛べばいいのやら・・とすっかり迷子になっておりまして(^^;)
いつの間にか舟見さんもブログお引越しされていたのですね。

翻訳もがんばってください!

●>tamayuraさま

そうなんですヨ~ アミーゴス+1がトリかと思ったときは、ちょっと引きましたけど^^; 最後に本格派が観られてよかったですv-410
>どこから飛べばいいのやら・・
わかります^^; 最近いろんな人がブログ始められたり引越しされたりして、わたしもぐちゃぐちゃになっていたので、このあいだお気に入りを整理して登録しなおしたんですよv-218

ありがとうございます! 仕事のほうもガンバリます!

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード