FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっしょい

  もっしょい

昨日は、友人が出演している朗読の舞台に行ってきました♪
友人は、主に児童向けの作品を上演している 「劇団仲間」 というところに所属しているのですが、今回はその劇団の女優陣を中心にしたスペシャルユニットによる、不思議な話を語りや朗読で上演していく “「面妖(もっしょい)」 かたり” の第1回公演でした。

会場は、中野にある同劇団のアトリエ。

アトリエ公演というのは初めてだったのですが、小ぢんまりとした空間に、長椅子と座布団、照明は床の所々に立てられた竹筒のなかの蝋燭という独特な雰囲気が、不気味な民話の世界を盛り立てていました。

なかでも 「蛞蝓(なめくじ)」 という、自分ん家の蔵に大量発生したナメクジを塩で退治し、そのあとに残った粘液(ねば)が体について、最後はとうとうクラゲになってしまった男の話は、かなり気持ち悪かったです(^^;)

友人が朗読したのは 「夫婦喧嘩」 という、文字通り、死んでからも友人の家に現れては喧嘩を続ける夫婦の話。登場人物が2人いて語り分けするのが大変だったみたいだけど、久しぶりに友人の勇姿が観られて嬉しかったです。にっこり

今回上演されたのは 「蛞蝓」 「夫婦喧嘩」 を含め全部で7作品だったのですが、いずれもブラックユーモア的で、聴き終わったあとは背中になんともいえない不気味な感覚が走りましたね(^^;

ちなみに、「もっしょい」 とは 「不思議な」 という意味だそうです。

原作の 『能登怪異譚』 には、全部で9編収録されています。

  


              

  『リカ』 情報!
 演出家‐もとひろさん からの情報です!
 坂井&金髪ファンのかたは、センターよりやや下手側の席がお薦めだそーですヨ~!
 “よーく顔が見えます” とのこと!

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。