FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

飛行機雲

今日は新宿の全労済ホール/スペース・ゼロで『飛行機雲~DJから特攻隊へ愛を込めて~』というお芝居を観てきました。予想はしていましたが、ズバリ号泣でした。目も鼻もグシュグシュ。だめなんですよね、特攻隊と聞くだけでうるうるしてしまいます。

舞台は昭和20年8月、太平洋戦争末期の特攻基地。ある日、ラジオから2007年の未来からの放送が流れてきて、その内容から特攻隊員はもうすぐ日本が戦争に負けることを知る。それでも特攻命令が下り、隊員達はそれぞれの思いを胸に秘めて空へ散っていく…。

わたしのつたない日本語では、うまく伝えられないのがもどかしいです。

この作品、2000年から毎年上演されていて、わたしはたまたま2002年に観てるんですよね。そのときは「シアターモリエール」というキャパ180席くらいの小さな劇場で、今回のスペース・ゼロはたぶん400席近くはあるし、舞台も大きいし、歌やらダンスもあって、かなりパワーアップしてました。それでも伝えようとしてるメッセージは一貫してます。戦争のない平和な世界を!

今井雅之さん作の「THE WINDS OF GOD」と、ある種ちょっと似てるかも。それから、映画では昨秋に公開された歌舞伎俳優、市川海老蔵さん初主演の『出口のない海』(原作:横山秀夫)も、似てるといえば似てるかも。でも、出口のない海は空ではなく海の特攻隊、人間魚雷「回天」の話です。

今夜のような作品を観ると、いろいろと考えてしまいます。なんだかんだ言っても、やっぱり今の日本は平和だと思います。平和ボケしないよう、感謝の心と謙虚な気持ちを忘れず、日々を大切に生きていこうと思います。

なんだか、今夜はちょっと哲学っぽくなってしまいました…
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード