FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

Distravo 2nd Project 朗読劇

 distravo.jpg

昨日は、『リカ』の演出家-もとひろさんご出演の朗読劇『君と僕のシンクロニシティ』を観にいってきました。

出演者は-もとひろさんを含め全員で8名。ストーリーテラーがひとりいて、順に物語を紹介していくというスタイル(世にも奇妙な物語みたいな感じだけど、ヒッチコック劇場もちょっと思い出した)。-もとひろさんはそのストーリーテラー(案内人)役。『リカ』公演中に初めてお会いしたとき、ブログとのギャップに驚き(←-もとひろさん、すみません(^^;)、そして今回、役者という新たなお顔を拝見して、やっぱり役者さんてすごいなぁと思った次第です。だっていろんなお顔を持ってらっしゃるんだもの。次回はどんなお顔を拝見できるか楽しみです^^

物語は「ノアとカカの物語」「還り唄」「三董捕物絵巻」の3つ。脚本はそれぞれ別の方なんだけど、皆さん今回の出演者の方々です。以前にもちょこっと書きましたが、その昔、小説家になりたいと思った時期があり、いちおう書き始めてはみたものの3行で断念してしまったという苦い思い出があるわたしとしては、こうやってゼロから何かを創り上げられるかたを心から尊敬します。今の仕事も、別の方が書かれたものを訳すという作業を通じて、自分が物語を執筆しているような疑似感覚を味わえるところが気に入っているのかもしれません。

「ノアとカカの物語」は、母親に虐待されているノアという名の子供と、カカと名づけられたクマのぬいぐるみの物語。『LILIES』の作者Bouchardさんの戯曲『the Tale of Teeka』をちょっと思い出しました(こちらもやはり親から虐待を受けているモーリスという少年と、彼の唯一の友である雁の雛ティーカとの物語)。

「還り唄」は、早くに夫と死別したヤエという女性の物語。死別した夫が現れて、ヤエにそっと語りかけるというもの。

「三董捕物絵巻」は、先の2つとはがらりと雰囲気が異なり、ある名刀とその持ち主である少年を巡っての痛快娯楽ミステリーといった感じ。登場人物も魅力的でテンポもあって、とっても面白かったです。

開演前には“ラジオ番組”を模して、幼児虐待を専門とする有名教授(-もとひろさん)のインタビューが流れるなど演出もなかなか凝っていて、1時間ちょっとという短い時間ではありましたが、濃密な内容でとっても楽しむことができました。にっこり

-もとひろさんを始め出演者の皆さま、ありがとうございました。


              

先日、北海道の妹からお米(おぼろづき)が送られてきました。
実家の父からわたしが生活に困窮していると聞いたらしい、、、(^^;
ほかにも誕生石付きのストラップや、ラムネ味&スポーツドリンク味のキットカットも送ってくれました。

妹よ、感謝しまーす!!!(←マルヴォーリオ風に)
あ、それから十二夜大阪公演千秋楽おめでとうございました~♪♪♪


 おぼろづき 北海道ストラップ

スポンサーサイト



COMMENT

●ありがとうございました

昨日はご来場本当にありがとうございました。
しかも、ブログにまで書いていただきいやはや…^^;
若人の中でがんばってたでしょ?(笑
朝まで居眠りしながら打ち上げしてまいりました。
3日連荘の飲み会はさすがにきつかったです。

あ。チーズケーキメチッチャクッチャうまかったです!
ありがとうございました^^

●>-もとひろさま

早速コメントいただきありがとうございます♪
こちらこそ素敵な舞台をありがとうございました^^
昨夜は(今朝は!?)んまいお酒が飲めたようですネ(笑)
いやいや、-もとひろさんもまだまだ若いですヨ~
(↑実は自分に言い聞かせている、、、(^^;)

今後のますますのご活躍を楽しみにしております!!

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード