FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

2009年 各賞発表!

今年も残すところあと3日。皆さま、如何お過ごしでしょうか?
わたしは29日が派遣先の仕事納めで、終わったらその足で新幹線に乗り帰郷の途につく予定です。
なのでPCからの更新は、今年はこれが最後となります。
というわけで、今年も独断と偏見で勝手に選ばせていただいた各賞を発表させていただきまーす♪


  作品賞 『天守物語』 『蛮幽鬼』

  殿堂入り 『海神別荘』

  殊勲賞 『リカ』

  主演/助演女優賞 該当者なし

  助演男優賞 奥田努さん(Studio Life 所属)

  ふうの劇場賞 緒方和也さん(Studio Life 所属)

  特別賞 リーディングドラマ 『もしもキミが。』

  フィルム賞 『RENT』

  チラシデザイン賞 『石川五右衛門』


『天守物語』 『蛮幽鬼』
もうコレは文句なし。断トツのトップ2です。久しぶりに観劇後放心状態になりました。とくに天守物語にいたっては、その後も数日間 “魂を歌舞伎座に置いてきてしまった”(=心ここにあらず)状態が続きましたから。

『海神別荘』
3年前に初めて観たときノックアウトをくらい、今回の再演で完全に魂を抜かれてしまいました。というわけで堂々の殿堂入り!

『リカ』
当初は久々におがっちが観られるということで楽しみにしていた舞台ですが、いざ観てみたら作品全体がハイクオリティーでとても見応えのある舞台でした。めちゃくちゃ怖かったけど、、、(^^;

主演/助演女優賞
候補としてはフルバのミカシュン(本田透)や十二夜のマツシン(ヴァイオラ)が挙がってたんだけど、惜しくも賞受賞にはあと一歩いたらず(上から目線ですみません(^^;)

奥田努さん
今年久しぶりに 『LILIES』 を観て思ったのが、やっぱり奥田くんのビロドー少年は好きだなぁということ。通常はシモンとヴァリエに目がいくのに、奥田くんがビロドーをされてるときは、なぜかビロドーに感情移入してしまうのですよね。わたしの中ではベスト・オブ・ビロドーです! 『十二夜』 のセバスチャンもよかったし、来年のサイフリート(トーマの心臓)が今からとても楽しみです。

緒方和也さん
『リカ』 の坂井、『サンクトペテルブルグより西へ』 の片倉健史、『PANSY MAZE』 のズバリゴンと、今年後半はおがっち一色な感じでしたにっこり なかでもズバリゴンは、三角くん(WHITE)に匹敵するくらい大好きな役で、作品(PANSY MAZE)自体は身につまされる、ちょっと心が痛くなる舞台だったのですが、それだけに余計にズバリゴンが愛おしく感じられました。来年以降の活躍がますます楽しみです。リーベ(トーマの心臓)に会うのが待ち遠しい~

リーディングドラマ 『もしもキミが。』
こちらは結局感想をUPすることができなかったのですが、今年大活躍の 向井理くん が主演された朗読劇。原作は、凛さんの同名小説(ゴマブックス刊)。ストーリ自体は、映画 『恋空』 (三浦春馬くん、新垣結衣ちゃん主演)とよく似てたんだけど、ナマの舞台だったということと、向井くんのあのステキなバリトンの声がとっても役にあっていて、思わず涙してしまいました。テーマソングの Maybe Someday(JYONGRI) もすごくよかった♪

『RENT』
今年がブロードウェイファイナルツアーということで舞台を観にいってきましたが、どちらかというとむしろその後DVDで観た映画版のほうにハマってしまいました。現在AmazonでDVD 990円で販売中。目下、購入するかどうか悩み中です。

『石川五右衛門』
こちらも上演中、しつこく書いてまいりましたが、海老蔵丈扮する五右衛門のこのチラシ、めちゃくちゃ好きです。海神別荘の公子と並ぶ大好きなメイク&衣装です!

   *     *     *     *     *

振り返ってみると、今年も翻訳&観劇漬けの幸せな1年でした。相変わらず懐は寂しいですが。そんなことを言いつつ、これだけ芝居を観にいってりゃ世話ないですわな(^^; 悔まれるのは、実家の愛犬シロの最期を見とれなかったこと 9月に帰省したとき、いちおうお参りはすませたけど、お正月も帰ったら供養代わりに両親とシロの思い出話でもしたいと思います。

というわけで、今年のPCからの更新はこれが最後となります。今年もいろいろとお世話になり、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。皆さま、良いお年を!

このあとはしばらく携帯から更新させていただきまーす。


 〈追記〉
萩尾望都原画展b最終日の前日、仕事帰りに1時間ほどでしたが 『萩尾望都原画展』 に行ってきました。時間が限られていたので、前半の原画はそこそこにまず舞台化コーナーへ。案内係は青木くんでした。トーマの心臓の舞台セットのミニチュアや小道具、マージナルやメッシュの衣装などが展示されていて、とても懐かしかったです。過去の舞台の映像も流れていて、ちょっとだけ見るつもりが結局用意されていたパイプ椅子に座り込んで見入ってしまい、気づいたら閉場10分前。駆け足でしたが、どうにかトーマの心臓、ポーの一族、メッシュの原画だけ鑑賞することができました。トーマの心臓コーナーに展示されていた、萩尾先生がドイツで購入されたというオスカー、ユーリ、エーリク(に似た)人形がとても可愛かったです。物販で記念にメッシュのクリアファイルだけ購入しました(実はクリアファイルコレクターなもので(^^;)。あぁもっとゆっくり見たかったなぁ~

スポンサーサイト

COMMENT

●ウムウム♪

とてもふうさまと嗜好が似ていて納得の各賞で~す。
泉鏡花作品が二つも入っていたり、『リカ』も入れていただいて嬉しいです。
とくに奥田さんのビロドーは私も大好きな役柄でして、
そこから期待の役者さんランキングトップになったので。
今年は『リカ』で、初めてしっかり緒方さんの芝居を拝見。
実力と引力を感じましたよ。
たくさんの作品に出会われるふうさまが羨ましい限りですが
ご感想とおして追体験しておりますのでこれからもどうぞ宜しくお願いします。
良いお年を!

●ああ~(T_T)

ふうさまも今日が仕事納めだったのですね。今年1年、本当にお疲れさまでした!
そしてそして「天守物語」と「海神別荘」、やっぱり行けばよかったと激しく後悔(T_T)
50本も観劇しておいて何ですが(苦笑)結局歌舞伎座には1回しか行けなかったので余計に心残りです…。
緒方くんと奥田くん、来年も活躍してほしいですね!
そして向井くんは私も結構好きです。イイ声ですよね~♪

ご実家では羽を伸ばしていらしてくださいね。
どうぞよいお年をー!

●お世話になりました!

>ミモザ☆さま
共感していただけてよかったです^^
玉三郎さん&海老蔵丈の泉鏡花はほんとに美しくて浮世を忘れます。
今後もずーっと上演し続けて欲しい作品です!
ミモザ☆さんも奥田くんのビロドーお好きでしたか~
来年のT氏とのサイフリート競演が楽しみですネ♪
『リカ』ではずっと観たかった山さきさん&おがっちの文学座コンビが観られて、
とっても嬉しかったです。
DVDで繰り返し観られるのがありがたいですネ~
来年もステキな舞台との出会いがありますように^^
ミモザ☆さんもどうぞよいお年を!

>tamayuraさま
無事実家に到着しました~
tamayuraさんも1年間お疲れ様でした!
大丈夫! 「天守物語」と「海神別荘」は必ずまた再演ありますよ。絶対!
ていうか絶対やって欲しぃです!
ほんと今年後半はおがっちずくしで幸せでした^^
向井くん、イイですよね~
そっかー、tamayuraさん声フェチでしたものね(笑)
来年のNHK朝ドラが楽しみです♪
tamayuraさんもどうぞよいお年を!

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード