FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

フィギュア女子シングル

まだ目が腫れてます。

鼻も真っ赤です。

いや~ これ以上ないドラマを見せてもらいました。

“感動” という言葉じゃ足りないくらい。



実は今回 “結果を知らないまま家に帰る”計画は半分失敗に終わりました。斜め向かいの席の男子社員が遅めのランチ休憩から帰ってくるなり、

  「キム・ヨナだった。真央ちゃん、失敗しちゃ――」

あわてて耳を塞ぐも時すでに遅し。幸い、3位は誰かわからなかったけど、コレだけ聞けばどっちが金を獲ったかはわかる。。。オイオイと思ったけど、彼に責任はないわけで。先週同様、親しい同僚たちには(結果を耳に入れないでと)念を押しておいたんだけど、全社員にお願いするわけにはいかないからしようがない。

でも不思議なもので、いざ観るという段になると 「いやいやまだわからないかも」 と、この期に及んで一縷の望みを捨てられず、録画しておいたフリー(昼間の生放送のやつ)観始めました。

まず 鈴木選手ウエスト・サイド・ストーリー は、今までのなかで最高の出来だったのではないかと思うほどすばらしかった なんといっても、滑るのが楽しくてしょうがないといった鈴木選手の姿に心をうたれました。大病から復活し、オリンピック初出場で見事8位入賞! ほんとにほんとに感動しました。

安藤選手 も残念ながらメダル獲得にはいたらなかったけど、トリノのときのような、やり残した感はないんじゃないかなと思います。もちろん本人はそれでも悔しい思いをされてるだろうけど、今日のフリーはほぼパーフェクトだったし今シーズン最高の演技だったのではないかと思います。

キム・ヨナ選手。いや~やっぱりスゴイ! これまで気持ちをあまり表に出すことがなかった彼女だけに、滑り終えたあとの涙にはよけいに感動しました。それにしてもあの驚異的な点数! しかもオリンピックという大舞台で! スゴイ選手です。

浅田選手。演技直後のインタビュー、見ていられませんでした。途中思わぬミスがあったけど、それ以外は トリプルアクセル も成功したし(しかも 2回 とも!)、ほぼ完ぺきな演技で、観てる側としてはもうじゅうぶんというくらいすばらしい出来だったと思うんだけど、この4年間金メダルのために頑張ってきた真央ちゃんとしては、悔しさでいっぱいなのでしょうね。でも表彰台から降りたあと、日の丸をまとってリンクを周ってるとき、やっと少し笑顔が見れたのでよかったです。本当にお疲れ様でした。

ロシェット選手。ショート同様、思わず涙がこぼれました。堂々の3位、銅メダル。心からおめでとうございますと言いたいです。

ラストの 長洲未来選手。あっぱれでした。プログラム的には鈴木選手のウエストサイド~に匹敵するくらい好きでした。すてきなカルメンでした♪

びっくりするのが、キム・ヨナ選手にしても浅田選手にしても長洲選手にしてもまだ十代 すごいですね。あんな若い(幼いといってもいいくらい!?)人たちがあれだけ頑張ってるんだから、わたしも頑張らないと、と思いました。なにを細かいことでグチグチ悩んでるんだと渇を入れられた気分です。

それにしても日本人選手、お見事です!!! 男子女子合わせて6人出場して(6人も出場するだけでもスゴイことなのに)、全員8位以内入賞! こんなちっちゃな国なのに

選手のみなさんには、心から おめでとう、そして感動を ありがとう と言いたいです。

残すところ明後日(日本時間28日)のエキシビションのみ。どうやら出られるのは「5位以上の選手+開催国の選手」みたい。ということはジョニーは出られないのね 残念。エキシビションは大好きだけど、これで楽しみ半減。でも高橋選手、浅田選手、安藤選手は出ますからね。いずれにせよ絶対観ます

でもですよ、、、男子5位はパトリック・チャン、カナダの選手だから、おまけして6位のジョニーも出るってことにならないかしらン? 隣国の選手だし、なんといっても人気のある選手ですからっ! 期待しすぎない程度に、一縷の望みにかけたいと思います!

さて、明日は(今日は)トーマ初日、日曜日はエキシビション。しかも、トライアルも課題も締切りもないという、なんという幸福  しばしの幸せをじっくり堪能したいと思いまーす。

【順位表】 フィギュア女子シングル
エキシビション放送予定

スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード