FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

あの頃ぼくらはアホでした

-1.0 kg。
やりましたっ! ついに連休前の体重に戻りました~
ていうか、連休前の体重からさらにマイナス1 kg!
起床直後の空腹時体重とはいえ -1 kgなら、おそらく戻っているでしょう。
これでなんとか無事 スリーメン の開幕を迎えられそうです(なんのこっちゃ)

体重の話はこれくらいにして本題に入ります。

東野圭吾さんのエッセイ 『あの頃ぼくらはアホでした』 を読みました。小学生時代から大学を卒業して就職するまでが綴られたものなのですが、想像していたご本人像と全然違っていてびっくりでした。東野さんの小説を読むと、たいてい作家紹介の欄に 「大学の電気工学科卒業後、エンジニアとして勤務しながら執筆活動を――云々」 というようなことが書かれていて、『ガリレオ』 なんかの科学に裏づけされたトリックなどから、てっきり優秀な理系学生だったものと思っていたのです。

ところが実際は予備校では82人中常に80番台を争っていたとか、試験のときは試験勉強よりもむしろいかにカンニングを上手くやるかに力を注いでいたとか、さらには自分のことを似非(えせ)理系人間とまで称してらして、なんだか親しみを覚えてしまいました(笑)

それと小学校時代は熱烈な怪獣ファンだったそうで、ゴジラからウルトラマンセブンに登場する怪獣に至るまで事細かに記されていて、怪獣にあまり詳しくないわたしでも当時の様子が思わず目に浮かぶようでした。ちなみに怪獣への情熱は現在も存続中のようです(笑)

このほかにも、東野さんが書かれる小説から勝手に想像していた鋭利なイメージとはまったく違った、意外な一面がたくさん綴られていてとても面白かったです。

東野さんといえば、今夜は 『新参者』 がありますね。最初は原作の加賀恭一郎と阿部ちゃんのイメージがちょっと違って(なんかTRICKを見てるみたいだった)違和感があったけど、原作とは別物として見ればだんだん面白くなってきました。それに向井くん演じる、被害者のミステリアスな息子の謎も徐々に明らかにされてきて、今後の展開が楽しみです。ゲゲゲとはまた違った向井くんの顔を堪能したいと思いまーす



スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード