FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

Studio Life じゃじゃ馬ならし Hopeチーム

じゃじゃ馬ならし

東京公演千秋楽を観てきました。さすがは千秋楽ということもあって盛り上がりましたね~ “人生は演技”というテーマにはあいかわらず共感できなかったものの(^^; 今回はお芝居としてもかなり楽しめました

とくに青木くんのキャタリーナがめりはりがあって、女性の二面性のようなものがよりわかりやすくてよかったです。Wishチームのときは、あれほどじゃじゃ馬だったキャタリーナが急に従順になってしまうところがやや唐突に感じましたが、Hopeチームではその辺のキャタリーナの心の動きもうまく伝わってきて違和感を覚えませんでした。ラストの 「それで(夫が)満足するなら」 と言うときの声のトーンや表情もすごくよかった。

人それぞれ好みはあると思いますが、キャタリーナ&ペトルーチオのコンビも、個人的にはHopeチームのほうが好きだったかな~。どうやらわたしの中では、松本くんとヨシキさんはラブラブな純愛カップルというイメージがあるようで、今回のようなひとひねりもふたひねるもあるようなカップルには曽世さんや青木くんのほうが合うのかもしれません。キャタリーナが夫に対して怒りをぶちまけるシーンで 「“ファラウェイ※”ってなんなのよっ!」 と叫ぶところ、かなりツボでした(笑)

(※ファラウェイ(Far away.):曽世さん扮するペトルーチオが、連発する言葉。『夏夜』でいう「Get down.」みたいなもの。これ以外にも 「ジョインナス(Join us.)」 を連発していた。)

笑ったといえば、劇中、トラーニオ(山さきさん)がルーセンショー(大ちゃん)にアドリブで話しかけるシーンで、山さきさんが、

「残念なお知らせです。BDカードの数、フレッシュの織田に負けてしまいました」

とおっしゃったのもかなりウケました(笑) フレッシュの織田くん、召使い役で出演してるんだけど、たしかにオールキャストで歌って踊るシーン、かなり可愛いかった 千秋楽のあいさつでもセッキーが 「BDカード、織田に負けないようにガンバリマス」 と言っていたから、織田くん担当急増はまんざらウソでもなさそうです(笑)

それから千秋楽のあいさつで倉本さんが 「ぼくが芝居を始めたのは30年前で、その頃にはまだ生まれてなかった劇団員もいる。そんな彼らと、まさかスカートをはいて一緒に踊れるとは…」 とおっしゃっていたのが印象的でした。

先日はややテンション低めでしたが、こうして千秋楽を迎えると、やっぱりライフの芝居は好きだわ~と思ってしまいます(^^; さて、そんなわけで次回はいよいよ3年ぶりの 『WHITE』。そしてなんと11月には 『ドラキュラ』再演! 久々にキャスト発表を見て体が震えました~ 演目が発表されたときには、また再演か、といまいち盛り上がりきれませんでしたが、キャストを見てがぜん楽しみになってきた!

ドラキュラキャストのことを書き出すと長くなりそうなので、今日はこのへんで失礼させていただきます(^^;

それと、ありがたいことにまたまた字幕のお仕事をいただきました! 前回演出(校正)のお仕事をさせていただいていると書きましたが、同じシリーズのコメディで、今度は校正ではなく翻訳です。というわけで、またしばらくの間、更新をお休みさせていただこうと思います。次回更新は月曜日以降の予定です。どうぞよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード