FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

シンデレラ白夜行

昨夜は久しぶりに完徹しました。お盆前の特典映像以来、字幕のほうの仕事が途絶えていて、精神的情緒的にかなり不安定になっていたところ、月曜の夕方、約3週間ぶりに依頼のお電話があったのです。納期は今朝の9時。内容は某音楽番組のアーティストのインタビューで2~3分が3本だったんですけど、火曜は派遣の仕事があったし、正味作業できる時間は月曜の夜と昨夜しかなく、しかも英語が好きなわりに洋楽にあまり興味がないからミュージシャンの言葉に馴染みがなく、ただでさえ手が遅いのに、さらに時間がかかってしまいました。それでもどうにか納期には間に合ったのでやれやれです。その後、録画しておいたゲゲゲを見て、2時間ほど仮眠をとり、妹と電話でトーマの心臓の話をして、朝食兼昼食をとって、洗濯とかその他諸々の用事をすませ、今ブログを更新してます。

近ごろ、この猛暑で精神的肉体的に弱っているせいか、体力気力ともにこの不安定さと、仕事のきつさのわりに低い報酬に耐えるのがつらくなってきて、派遣の仕事を週5日に増やしてもらおうかなぁという誘惑に駆られています。先日そのことを派遣先の同僚に話したら、(字幕の仕事)まだはじまったばかりでしょーとカツを入れられてしまいました。あぁダメだダメだ。ガンバレ、わたし

気弱になってるときは、どうやらTVより読書のほうがあってるみたいで、先日、東野圭吾さんの 『黒笑小説』 を読みました。『毒笑小説』 『怪笑小説』 に続くブラックユーモア・シリーズ第3弾です。前にも書きましたが、東野さんの作品は長編の本格派ミステリーはもちろんですが、こういった息抜き系(!?)の短編集がけっこう好きです(笑)。今回の 『黒笑小説』 の中ではとくに 「シンデレラ白夜行」 がツボでした。お察しのようにシンデレラのパロディーで、『白夜行』 要素が組み込まれているというもの。『白夜行』 を読んでから、読まれることをお薦めします。

さて、ここのところ東野作品が続いていたので、そろそろ伊坂孝太郎さんを読んでみようかなぁ~

    


スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード