FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

決闘~サーブルチーム~ 感想

セッキーよかったぁ~! 『決闘 Dreaming and Duelling』 Sabre(サーブル)チーム、いい意味で意表を突かれました!

先日、Fleuretチームの感想で、男の子同士の 「友情以上恋愛未満」 感が若干物足りなかったと書きましたが、そういう意味では今夜のSabreチーム、このライフ特有の中性的な感覚はほとんどなかったのですが、でも、よかった。うむ、正統派できたなっていう印象を受けました。(観劇後感としては、WHITEに似てるかも)

セッキーは初主役だし、セッキーとミカシュンががっつり絡むのはたぶん初めてだし、そこへ先輩の青木くんに後輩の仲原くんと、いったいこのチームはどうなるんだ?と、セッキー自身もチケット情報局で未知数いっぱいと言っていましたが、かえってそれが功を奏した気がする。先入観なく観ることができたので。

なんといっても、セッキーがよかった! アラケンとはまったく違ったジョエル像に仕上がってたけど、一生懸命ひたむきに、まっすぐに取り組んでる姿に心をうたれ、思わず目頭が熱くなることもしばしば。ジョエルがおどけるところも、とてもほほえましくて、観客の笑いを誘ってました。

そして、ミカシュン。わたしの中では 『ドラキュラ』 のミナに次ぐ、もしくは匹敵する好演ぶりだった。外国人ちっくな身振り手振りが若干気になったけど、でもサーブルチームでは唯一いい感じで中性感があったし、男の子らしいセッキージョエルとはいい組み合わせだったと思う。うん、セッキーとミカシュン、Niceカップルでした♪

それからルィーズ役の青木くん。観る前は、若手に混じって浮いてしまうんじゃないかと心配してたのですが、全然気にならなかった。むしろ、しっかり者で、ちょっとおませな、三人の男の子より少し大人びた感じの女の子という感じがうまく出てて、4人の中にぴったりおさまってました。1年ぶりのライフの舞台ということもあってか、とっても楽しそうに生き生き演じていたのが印象的でした。

そして、スケリー役の 「ちゅう」 こと仲原くん。ロミジュリのパリスからは一変して、髪形もとさかみたくつんつんに立てて、元気いっぱいで茶目っ気のあるスケリーでした。いやぁ、それにしてものびのびやってました。先輩たちに物怖じせず自由に堂々と。スケリーはルィーズとのからみが結構多くて、観る前は青木くんと並んだらどうなるんだろうと多少不安もありましたが、ちゃんと同級生に見えました。ちゅう君、顔が小さいせいか、実はもっと背がちっちゃいというイメージがあったので、青木くんと並んだら違和感を覚えるかと思ったのですが、意外と背が高くて、全然平気でした。実際、ミカシュンより背が高かった(ような気がする、たぶん)。

総体的には、Fleuretチームとはまた違った感じでバランスもよく、既に2公演を終え今夜が3回目の公演ということもあってか、とてもいい感じで仕上がってました。初日のFleuretでは、それほど涙腺が緩むことはなかったのですが、今夜は何度かウルウルきました。とくに、セッキーのひたむきな演技に。公演数を重ねさらに進化しているであろうFleuretチームをもう1回観て見比べたいところだけど、残念ながら時間的金銭的に無理だろうな…。

今夜は終演後トークショーがありました。トークの内容は 「追記を表示」 からご覧下さい。

blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気blogランキングへ



トークショー

ちゅう:
今回の公演の前に参加したワークショップで(フランス人の?)講師のかたに教わった 「喜びをもって演技をする」 「役にしばられない」 という二つのことを念頭に役作りに取り組んだとのこと。とくに、役にしばられない、に関しては、とにかく自由にやろうと思ってやってたら、周りから 「フリーダム」と呼ばれたらしい(笑)。

青木くん:
台本を読んだときのルィーズの自分なりの印象が、篠原涼子だったらしく、ハケンの品格やあねごのイメージで稽古に入ったら、倉田さんに 「ルィーズは30代の女性じゃないのよ」 とダメだしを受けたそう(笑)。それで、篠原涼子のイメージは残しつつ、徐々に若返らせ最終的に15歳の女の子に仕上げたとのこと。

ミカシュン:
台本を深く読み込みすぎたのと、20代という実年齢もあって、15歳の少年を演じるにあたり余計なものがついてしまって、それを削ぎ落としていくのが大へんだった。ロッカーのシーンでは、倉田さんに 「ゴルフ場じゃないんだから」 と突っ込まれた(笑)。とにかくできるだけ 「ピュア」 になれるように努めた。

セッキー:
今回役作りをするにあたり、自分が高校生の頃のことを思い出そうと、実家に連絡して、当時つけていた日記を、絶対に中を見ないでと言って、送ってもらったそう。そしたら、当時結構いろんなことを考えていて、詩まで書いてたりしてたらしい。自分は間違ってなくて、社会が間違ってるんだけど、いずれ自分はそんな社会に染まっていくんだろう…とか、そんなようなことを。

藤原さん:
ソープ先生は女なんだけど、なかなか女に見えないので、メイクさんが 「大阪のおばちゃん」 のイメージで仕上げてくれたらしい(笑)。劇団のなかで倉田さんのイメージでは、藤原さんは、お父さんというよりお母ちゃんという感じなんだって。

以上、実際の言葉とは違うところもありますが、だいたいこんなことを話してくださいました。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード