FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

苦しまない練習

  

以前、友人から、若いお坊さんが仏道についてわかりやすく書いている本があると教えてもらい、その時はそのままになっていたのですが、3月の震災の後、派遣先の人間関係でちょっとあって、心がざわついている時に、ちょうど同じお坊さんの新刊が出版されることになり、さらに出版を記念して講演会も開かれるということで行ってきました。

その時の著書が 『苦しまない練習』。キャッチコピーの 「不機嫌な心の静め方」 にもひかれるものがありました。

結論からいうと、とても面白かったし参考になりました。普段は、こういう哲学的(!?)な本はあまり好んでは読まないのですが、たま~に心が欲する時期があります。20代後半にも同じような時期がありましたが、たぶん今がそういう時のような気がします。

本書で印象に残っているのは、人間が苦しむのは過去や未来のことを考えるから。今、この瞬間に集中していれば、悩んだり不安になったりすることはない、という助言。わかっちゃいるけど、ついつい過去にやらかした失敗を思い出しては悔い、確証のない将来のことを考えては不安になってしまうのですよね…。

他にも“苦しまない”ためのヒントが、わかりやすく丁寧に綴られていて、読んでいるうちに心が少し穏やかになったような気がします(実践するのはなかなか難しいのですが(^^;)。

著者の若いお坊さんというのは 小池龍之介さんとおっしゃって、とーっても穏やかな話し方をされます。極端にいうとオクレさんに近いものがある…(笑)。講演会で冒頭の自己紹介をされたときは、(大変失礼ながら)この人、大丈夫かいな?と思ってしまった(^^;。でも気づくと話に聞き入っていて、アレ(話し方)が戦略だとしたらすごいけど、友人と話した結果、おそらくあれは“素”なんだろうという結論に達しました(笑)。

講演会では質問コーナーというのもあって、「怒りたくないのに、すぐに怒ってしまって、後で後悔する。怒らないようにするにはどうしたらいいですか」という質問に、小池さんはこのように答えられました。

「怒ってしまった時に、“また怒ってしまった。自分はダメな奴だ”と自分を評価するのではなく(それだと、怒ってる自分に、また怒ってることになるので、二重で怒ってることになる)、“怒ってるんだね。苦しんでるんだね”と、自分を慈しむ気持ちで抱きしめるように受け止めてあげましょう…云々」

ちょうど派遣先の人間関係で苦しんでるときだったので(今も進行中(^^;)、これを聞いてずいぶん気が楽になりました。まさしく“またイライラしてる。あたしってダメな奴…”と思ってる最中でしたから。

なんだか堅苦しい内容になってしまいましたが、ご興味のあるかたは、小池さんのHP(家出空間)をご覧くださいませ。住職ご自身が描かれた四コマ漫画なども紹介されてます(ちなみにわたしは第六百四十二回 『君は人の目』 を読んで、かなり影響を受けました)。

 家出空間
 
小池さんのその他の著書
『考えない練習』 (『苦しまない練習』 同様、イライラや不安をなくすためのヒントが綴られています)
『煩悩リセット稽古帖』 (家出空間で紹介された四コマ漫画をまとめた本)
『貧乏入門』 (断捨離に通じるものがあるかも)
他、多数。

苦しまない練習
(↑)講演会でサイン会があり、その時にもらった小池さんのサイン。
“不苦”と書いてあります。最初“不若”かと思った(^^;


スポンサーサイト



COMMENT

●んー(-_-)

思わず大きくうなずいてしまったさ(__)

高校生生活を始めて2ヶ月の我が娘にさっそく 伝えだけど…というのも最近、何もかもにぐずぐずしている自分にイライラしているから。
疲れのせいもあるんだろうけど…(^_^)

しかし…オクレさん似とは( ´∀`)/~~懐かしいなぁ…( ̄▽ ̄)b

●>ほしゆきさま

高校生というと多感な時期ですからね…
楽しいときもあれば、イライラもする…
自分も感情の起伏が激しかったような記憶があります。

わたしもこの歳になって久しぶりに人間関係に悩まされておりますが、
小池さんの本を読んで、かなり心のざわつきが解消されました。

娘さんのイライラが少しでも治まりますように。
みんなで穏やかな気持ちになれるといいですね^^

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード