FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

SENSE AND SENSIBILITY

  

昨日は意外と早く仕事が終わったので、久しぶりにDVDを観ました。
19世紀初頭のイングランドを舞台にした 『いつか晴れた日に』
いちおう “恋愛ドラマ” ということにはなってるけど、当時の上流階級の世情なんかもよくわかって、とても楽しめました!(

自分の気持ちに正直に感情のまま生きる次女とは対照的な長女の姿が、ちょっと自分と重なるところがあって、ラストは思わず涙しました。

原題は 『SENSE AND SENSIBILITY』 といって、日本では 『分別と多感』 というタイトルでTV放送もされたみたいです(詳しくは、コチラ)。

TV版は3話構成になっていて、実はたまたま1話と2話だけ観る機会があって、ラストがどうしても気になり(だいたい予想はつきましたが(笑)、そこへ行き着くプロセスが観たかった)TUTAYAへ行ったところ、TV版はなかったけど映画版があったので、それを借りたという次第です。個人的にはTV版のほうが好きだったので、いつか3話も観てみたいなぁと思いました。LaLa TVさんよろしくお願いします(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード