FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スコッティ♪

今日は久しぶりに1日オフvv 午前中は歯医者さんに行ってきました。実は2週間ほど前に詰めているところがとれてしまいまして…。今日は2回目だったので、それほど緊張しませんでしたが、先週の初診のときは緊張したなぁ~ 何しろ歯医者さんなんて十数年ぶり…。絶対に虫歯ができてるだろうし、当然ながらこっち(東京)に来てからは初なので、初の歯医者さん。怖い先生だったらどうしよう…とかね、幾つになっても歯医者さんは苦手だわ(^^;

そんなわけで行くまではドキドキだったわけですが、ふたを開けてみたら、先生も怖くなく、今後の治療予定も的確に説明してくださって、そして何より虫歯がなかったー!! ほぼ100%覚悟してたので、思わず心のなかでガッツポーズでした(笑)

さて、歯医者さんの話はこれくらいにして、実は今ハマってるもの、というかハマってる人がいます。昨秋にもこのブログに書いたのですが、その時はまだ“気になる人”でした(過去記事はコチラ) そう、海外ドラマ『ブラザーズ&シスターズ』の“スコッティ”です^^ その後放送されたファイナルシーズンを制覇し、ますます好きになったわけですけども、なんと1ヵ月ほど前からシーズン1からの連続放送が始まり、ずっと録画してたのを先週あたりから一挙見しだして、ますます深みにハマっております(笑)

シーズン1と2はゲスト出演なので登場シーンはそれほど多くないのですが、シーズン1の第2、3話あたりの出会いのエピソードもなかなかよかったし、シーズン2の第3話、通しでは第26話(だったと思う。間違ってたらゴメンなさい)で再登場してからは、ほぼ毎回出番があって、スコッティが登場するたび頬が緩みっぱなし(^^;

月曜日に放送された第29話での、ケヴィンの元カレにヤキモチを焼くところはもうサイコーに可愛かった~ “今、一番会いたい人は?”と聞かれたら“スコッティとケヴィン”と答えそうなくらいハマってます(笑)

このスコッティですが、実は実生活でもゲイなのですよね。このドラマのシーズン2あたりの時にカミングアウトされたそうです。フィギュアスケートのジョニー・ウィア(今年1月に同姓婚)といい、スコッティといい、好きになる人はなぜかゲイが多い…。普通の男性より優しそうだからかなぁなどと分析してみる今日この頃。

ところで、前回書きませんでしたが、『天守物語』のラストで桃六が、図書さまや富姫たちに「休め」と声をかけるシーン。公演期間中は本当にドタバタで睡眠時間もあまり取れなかったから、あの倉本さん桃六の「休め」という言葉には、思わずホロリとしてしまいました。貧乏性のせいか、常に仕事を失う不安感があるからか、仕事をもらえるときはついつい詰め込みすぎて、気がつくといつも時間に追われる生活を送ってるような気がします。だからか、あの桃六の「休め」という言葉を聞いて、あぁ休んでもいいんだぁと思ったら、なんだか気持ちがとても楽になりました。

…というわけで、今日は用事を済ませたら、今朝放送された『ブラザーズ&シスターズ』第31話を見ようと思いまーす
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード