ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンブリッジ・スパイ

4月から通い始めたスクールも先月でとりあえず一段落しまして、今は10月から始まる次のクラスに備えて自主学習といったところです。怠けないように気をつけねば。

実は最終テストなるものもあって、そちらはすでに提出済みで来週の個人面談で添削されたものを返していただく予定です。合格・不合格があるわけではなく、いちおう全員進級できるのですが、それでもドキドキです。

それともう1つ。最終テストの一環で、「半年先までの、英語力および日本語力向上の目標、そのための方法と計画を具体的に記せ」というのがありまして、英語力のほうは、NHK「ニュースで英会話」を見て時事用語・表現を強化する、という目標を立て、日本語力のほうは悩んだ末、目標を「アウトプット力をつける」、その方法として「映画や舞台の感想を200~400文字でまとめる(週1回)」としたのです。

それで、どうせならブログでUPしていこうと思い、今週から週一で映画や舞台の感想を書いていくことにしました(挫折しないようにガンバラネバ)。…というわけで、1回目は、映画でも舞台でもないのですが、最近ハマっている英国ドラマについて書こうと思います。

タイトルは「ケンブリッジ・スパイ~英国を裏切った美しき男たち」。イギリスで2003年に放送された作品です。番組サイトやドラマのオープニングで「英国史上最も悪名高き~」とされていますが、ドラマ内ではそれほどスパイ行為そのものが描かれているわけではなく、どちらかというとスパイとしての苦しみや心の葛藤に重点が置かれていて、個人的には「悪名高い」とは感じませんでした。

結果的には母国を裏切る形になってしまたったものの、元はファシズムやナチスに対抗し、貧者や弱者を救うために共産主義に傾倒していったことを考えると、“背信者”とひと言で片づけるには気の毒な気がして。スパイであることを隠すために心から憎むファシズムを支持する態度をとったり、好きな人にウソをついたりしなければならなかった彼らの心情を思うと、むしろ切なくなってしまいました。ドラマなので美化されている部分もあるでしょうが…。9月14日(月)~再放送されますのでご興味のある方はぜひ!

番組HP http://mystery.co.jp/program/cambridge_spy/index_s01.html
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。