FC2ブログ

ふうの翻訳劇場

~ 芝居好きの駆け出し翻訳家ふうの日記 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傾城反魂香

今日は文化の日。早いもので11月に入って、もう3日も経ってしまったのですね。先月は WHITE で盛り上がりすぎて、一本、観劇記を書きそびれてしまったので、今さらですが書き留めておきたいと思います。


三越歌舞伎三越歌舞伎
傾城反魂香 (けいせいはんごんこう)

作: 近松門左衛門
補綴・演出: 石川耕士
脚本・演出: 市川猿之助 

出演:
浮世又平    市川右近
女房おとく    市川笑三郎
狩野雅楽之助 市川段治郎
土佐将監     市川寿猿
土佐修理之助 市川弘太郎
銀杏の前    市川春猿
不破入道道犬  市川猿弥
狩野四郎二郎元信 市川笑也


序幕  近江国高嶋館の場・館外竹薮の場
二幕目 土佐将監閑居の場


感想は 「続きを読む」 からどうぞ。


Blogランキング参加中です! クリックお願いしま~す♪
人気ブログランキングへ





感想

ここ数カ月は歌舞伎だけでなく舞踊劇や現代劇と個々の活動が多かった澤寫屋の面々が久しぶりに集結し、とても見ごたえある舞台を披露してくださいました。しかも三越劇場という小さな小屋で役者との距離も近く、熱気や意気込みを肌で感じることができました。

お目当ての段治郎丈は、久しぶりに、これぞ段ちゃん!というお役で、序幕第二場 「館外竹薮の場」 では、ばっちり立ち回りを見せていただき、大満足。笑也さんは、9月の 愛、時をこえて に続いて再び立役。肩を掻っ切って自分の血でふすまに虎の絵を描くシーンは圧巻でした。(実際には、血を吹きかける(ふりをする)と、ふすまに虎の絵が浮き上がってくるという仕掛け。そして、その後、そのふすまら虎が飛び出してくる。虎は中に黒子さんが二人入って演じていて、それはそれは巨大な虎でした(笑)) 笑也さんは 『愛、時をこえて』 の細川忠興もよかったけど、今回の元信も凛々しくて素敵でした。お姫様(銀杏の前)役の春猿さんともお似合いで、コミカルな掛け合いもありとっても面白かった。笑也さんというとやはり女形のイメージがあるので、今回、春猿さんとのツーショットは新鮮でした。

通常はこの序幕がなくて、二幕目の 「土佐将監閑居の場」 だけが独立して上演されることが多いらしいのですが、猿之助さんがかつて復活上演された際に、この序幕を脚本にまとめ演出されたそうです。

二幕目 「土佐将監閑居の場」 の右近さんと笑三郎さんとの夫婦役も息がぴったりで、見ていてとても微笑ましかった。右近さんはどちらかというと強い武将というイメージがあるのですが、この又平というのは言葉が不自由な絵描きの役。いつもより台詞が少なくて、かえって難しかったのではないかと思うのですが、さすがは右近さん、いつものようにおびただしい汗をかきながら体全体で表現された純情で朴訥とした又平に心をうたれました。そんな夫を支える優しくて気丈な女房おとくを演じられたのが笑三郎さん。最近ではお姫様役から老け役までそれぞれの年代の女形を見事に演じられる笑三郎さん。言葉が不自由な夫がもどかしくついペラペラとまくし立てたり、夫を優しくいたわったりと、人情味溢れるおとくを見事に演じられ、右近さんとふたりで仲むつまじい夫婦を演じておられました。

猿弥さんの悪役もどんどん板についてきて、ほんとうに憎らしくなってくるのですが、ご本人の人柄がにじみ出るのか、どこかお茶目で100%憎みきれないところがあるのですよね。若手の弘太郎くんもめきめき腕を上げてきて、今回の修理之助も貫禄が出てきてました。右近さんに憧れて歌舞伎の世界へ入ったとのことで、兄弟子又平との掛け合いは、観ているほうも思わず感慨深いものがありました。パンフレットによると、写真撮影で修理之助の衣装を着た時はうれしくって、国立劇場で化粧をして、その顔のまま車を運転して撮影スタジオへ行ったらしい。助手席にはなんと、同じく化粧をした段治郎丈。すごいツーショットだ。見てみたかったなぁ~(笑)

十二月は歌舞伎座で再び澤寫屋が集合するし、来年はついにスーパー歌舞伎が復活するみたいだし(なんと3年ぶり!)、今後も澤寫屋から目が離せませぬ!

笑也さんと笑三郎さんがご自身のblogで三越歌舞伎のことを書かれています。なんと笑也さんは公演中、三越の店内を散策されただけでなく、社員食堂にまで出没されていたとか。三越の店員さんが、うらやましぃ~(笑)

笑三郎さんblog笑三郎だより
笑也さんblog市川笑也のひとりごと(10月12日の記事では、元信&虎のツーショット写真がUPされてま~す)


スポンサーサイト

COMMENT

●お疲れさまでした^^

お仕事UPお疲れさまでしたね。
それでも新しいことにも巡り会ったり世界が広がるのは素敵なことですね。
いま、美しくて勢いのある役者さん達の舞台・・・みにいきたいですけれど
地方にいるとなかなかそれも叶いません。
こうしてふうさまのご感想などで楽しませていただくのがうれしいです。
笑也さんたちのblogにいってみました。とても誠実で芸に対する姿勢や
人へのやさしさを感じてすてきだなと・・・

●歌舞伎

しばらく歌舞伎を観ていないので、レポ拝見して歌舞伎の舞台が懐かしくなりましたv-34 ありがとうございます。
笑也さんの立役と春猿さんのツーショット・・・私の中ではどちらも女形のイメージのままなのですが(^^;)きっと美しいんでしょうねー。
女形の役者さんの立役は独特の華があるので好きです(^^)

ところで、スーパー歌舞伎復活するんですね!! なんだか本当に久しぶりな気がしてうれしかったです。

●コメントありがとうございますv

>ミモザ☆さま
ありがとうございます! 久々の外での仕事、大変でしたが、とても新鮮で本当に良い経験をさせていただきました。
お目当ての段治郎丈は、FC限定サイトにご本人のメッセージコーナーがあるのですが、公演の初日と千秋楽に毎回お決まりのメッセージがUPされるだけで、ちょっと物足りないのです^^; きっと笑也さんや笑三郎さんのほうが忙しいのに、まめにblogが更新されていて、最近ではそちらの方が楽しみになりつつあります^^;

>tamayuraさま
バレエと歌舞伎の両立は大変ですよね~^^;
そうなのですよ、近ごろ女形は笑三郎さんや春猿さんに任せて、立役が多い笑也さん。立役も素敵ですけど、もともと笑也さんのお姫様で歌舞伎にハマッた者としては複雑な心境です^^; スーパー歌舞伎で笑也さんの女形が観られるのを楽しみにしたいと思いま~すe-68

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

翻訳作品 放送情報

幻の西部劇シリーズ
『マーベリック』
出演:
ジェームズ・ガーナー
ジャック・ケリー
土曜夜11時~ 衛星劇場にて
絶賛放送中!
番組HPは、コチラ

最近のコメント
最近の記事
過去の記事
カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク
ブログ内検索

プロフィール

ふう

Author:ふう
(B型、みずがめ座、木星人+)
芝居好きの駆け出し翻訳家。
派遣社員として製薬会社で翻訳業務に従事するかたわら,2010年春より在宅で字幕翻訳の仕事をさせていただいております。いつか自分の訳した戯曲が舞台化され,それを観る日を夢見つつ,日々翻訳修行に励んでいます。

※当ブログについて:
当初は芝居と翻訳について半々の割合で書くつもりでしたが,今ではほとんど観劇日記と化しています。“翻訳”等のキーワードでアクセスしてくださったかたには申し訳ありません! でもたまに仕事や翻訳についても語っているので、もしよかったらまたお越しくださいね。

カテゴリー
お薦め!


『リカ』
~ DVD 発売中!~
ウエストエンドスタジオプロデュース
2009年8月上演舞台
原作:五十嵐貴久(幻冬舎文庫)
脚本・演出:-もとひろ
◇問合せ:Westend Studio
演出家-もとひろさんのblog
DVD予告編
公演詳細





美・チャンス(『WHITE』)収録


Studio Life 『ドラキュラ』
劇中曲収録


Studio Life 『トーマの心臓』
劇中曲(アヴェ・マリア他)収録


















月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。